売上を上げる集客ホームページ制作なら神奈川県藤沢市のソニド-SONIDO-

【今だけ無料】お金をかけずに理想のお客を引き寄せるホームページの秘訣

企業のホームページの目的は?代表的な7つから選んでみよう!

 
SONIDO 須山
WRITER
 
企業のホームページの目的は?代表的な7つから選んでみよう!

この記事を書いている人 - WRITER -
SONIDO 須山
コンテンツマーケティング・集客ネタ・マーケティングネタなど不定期ですが更新しています! 楽しんで仕事ができる!全てはテストというマインド!をモットーに日々精進しております!!
詳しいプロフィールはこちら

 

企業がホームページを作るには何らかの理由があるはずです。

しかし、残念なことに年号が変わる時代になっても、

 

  • なんとなく
  • 他社が持っているから
  • あれば何かが変わる

 

そんなイメージだけで時間と費用をつぎ込んでホームページを作ろうとされるところがあります。

 

これでは大変無駄な労力を使っていることになります。もったいないですね。

 

そこでせっかく企業がホームページを持つのなら、これからお伝えする代表的な7つから、あなたのビジネスに必要な目的を見つけてもらうのが良いでしょう。

 

1: 企業ホームページの現状

はじめに、企業ホームページの現状を紹介します。

 

1990年代、パソコンとインターネットが普及した年代なら、半数以上の企業はホームページを持っていませんでした。

 

研究や新しいもの好きな人以外は、まだまだ関心の低いアイテムであってことは確かです。

 

その後、1995年を過ぎる頃から、企業にとってホームページを持つことがステータスへと変化しました。

 

「○○さんところ、ホームページあるらしい」

 

これだけで、時代を一歩も二歩も先に進んでいる印象があり、商工会などの集まりでは自慢出来る時代でした。

 

その後、2000年頃からインターネットを使う通信速度もアップ。家庭にもインターネットが入り込むようになり、ホームページのポジションにも変化が訪れます。

 

これまでは単に紙で提供していた会社案内と同じ内容をホームページで公開するだけで良かったのが、ホームページを見に来る人に合わせた内容を用意する必要が出てきたのです。

 

また、消費者の生活を便利にするようなサービス

 

  • 時刻表
  • 価格の比較
  • 就職活動

 

このような、代表的な情報がホームページで提供されていきました。

 

その後、ご存じのようにGoogleで検索し、欲しい情報を見つけて手に入れることが簡単に出来るようになったことで、企業のホームページは消費者の問題解決ツールという一面を持つようになったのです。

 

その結果、従来なら自分の気分でホームページの内容を更新したり、変更したりするだけで良かったことが、いまでは集客ツールとして活用するように進化したことで、ホームページは会社案内の役割だけでは済まされない時代になってきています

 

2: 企業ホームページは当たり前

このような理由から僕たちがわかることは、企業ホームページは会社案内として持っているだけではなく、消費者の問題を解決できる場所になっているということです。

 

あなたも経験があると思います。

テレビやラジオ、雑誌や街の中で見た広告。

 

こういった興味を引かれる情報を目にした後、あたり前のようにスマホを取り出し、ネットで検索してホームページの情報を見ていることでしょう。

 

この消費者行動こそ、いまの時代の企業がホームページを当たり前に持つ意味なのです。

 

もし、気になる情報があったとしても、スマホから検索して見つからなければ、消費者との関係性はそこで終わりです。

 

すぐに別の興味へ移ってしまい、二度とあなたのことを思い出すことはないでしょう。

 

また、別のシーンを例にするなら、ホテルバイヤー向けの展示会などに出店しているとき、あなたの会社のホームページが無かった、または情報が古いままだった場合、バイヤーはあなたとの取引を躊躇することは間違いありません。

 

この理由は、バイヤーが紹介する「お客様」へ、信頼を感じられる提供元企業のホームページを紹介できないからです。

 

このように、企業のホームページは会社案内だけの役割を持つことが「当たり前」になっているのです。

 

3: 企業ホームページの目的とは?

新しくこれから制作しよう。

古くなってきたからリニューアルしよう。

 

そんなことを考えておられるのなら、当たり前になっているホームページには「目的」が必要だということを覚えておいてください。

 

そうしないと、いくら費用や時間を使ってホームページを手に入れたとしても、あなたが思い描く結果を感じることはできません。

 

では、目的とはどのようなことでしょうか。

 

  • 流行っているデザインのホームページを作る
  • 合と同じものを作る
  • 何か作ると変わるだろうから何でもOK

 

こういったことは目的にはなりません。

 

目的とは企業がホームページを通して、将来的に利益を生み出すことです。

 

デザインや色、どのような情報を発信するのかは、目的が決まらないと明確にはなりません。

 

ですから、もしあなたがこれから作ろうとされているホームページの目的が決まっていないのなら、次に紹介する9つの代表的な目的を参考にされることをおすすめします。

 

4: あなたのホームページの目的は

それでは代表的な9つの目的を見ていきましょう。

 

この中から1つを選んでも良いですし、2つ3つを組み合わせてみても構いません。

 

必要なのは、曖昧な状態でホームページを作り、情報を発信するのではなく、目的を定めて運用することです。

 

4.1: 問い合わせ

ホームページを作る理由でもっとも多いのが「問い合わせ」をいただくためでしょう。

 

ホームページで発信する情報に触れてもらい、信頼関係を築きながら商品やサービスへ興味を持ってもらい、メールや電話で問い合わせしてもらう。

 

これは次のステップである「セールス」へつなげる大切な方法でもあります。

 

特に高額商品やサービス、BtoB案件の場合ですと、1度だけの出会いで仕事が決まることはありません。

 

何度かやりとりすることが必要ですから、そのためのきっかけとして「問い合わせ」を目的にすることになります。

 

4.2: 資料請求

問い合わせよりも、少しだけハードルを下げたのが「資料請求」を目的にすることです。

 

住宅販売やリフォームなどでは昔から行われている方法です。

役立つ資料を請求してもらうことで、見込み客の情報を手に入れ、そこから何度もコミュニケーションを行うことで成約へ進んでもらうことができます。

 

この方法をホームページで行うと、24時間365日、休むことなくホームページはあなたに変わって資料請求の受付を行ってくれます。

 

提供する資料を郵送ではなく、ホームページから提供するのなら、配送料や印刷代も必要ありません。

 

じっくり関係性を深め、何度もやりとりする仕事向きな目的です。

 

4.3: 商品やサービスの紹介

会社案内から一歩抜け出すためには、商品やサービスをホームページで紹介することを目的にしても良いでしょう。

 

見た人を迷わせないような

 

  • 説明
  • 仕様
  • 価格

 

  • どこで手に入るのか
  • どのようなメリットがあるのか
  • 使うシーン

 

こういった情報を紹介で提供すると、迷うことも減りますし、具体的に使っているところをイメージできるので、あなたが考える次の行動を起こしてもらいやすくなります。

 

4.4: サンプル提供

物販系に最適な目的です。

 

特にサプリメントや美容関係の商品なら、まずは使って良さをわかってもらうことが先決です。

 

そこで「サンプル提供」を目的にしても良いでしょう。

 

サンプル提供を目的にすると、申し込んで来られた方の個人情報が手に入ります。

 

ということは、サンプル提供後に、こちらから申込者へアクションを掛けることができるんですね。

 

  • 効果はいかがでしたか?
  • お体の状態はいかがですか?
  • お誕生日プレゼントをご用意しました!

 

理由は何でも構いません。少しでも興味を持ってくださった方へアクションを起こせるということは、新しい顧客を獲得するとき大変楽な状態を生み出すことにつながります。

 

4.5: ファンを獲得するための情報紹介

ホームページの情報は、GoogleやYahoo!から検索されることから始まります。

 

そこで、検索している人が欲しいと感じてる情報を、ホームページから紹介することを目的にしましょう。

 

この方法はコンテンツマーケティング」「オウンドメディアと呼ばれる手法です。

 

役立つ情報を社内や外部の協力で作成し、ホームページを通して公開すると、相手は勝手に探して見てくれるようになります。

 

最初に探した情報以外にも、役立つ情報が次々に用意されていると、読み手はあなたのファンになるでしょう。

 

ファンを獲得すると、あなたは無理なセールスをする必要がなくなります。また、執拗な値引きを要求されることも減っていきます。

 

4.6: メールアドレスやLINEの獲得

目的の中で簡単そうで、簡単ではないのがメールアドレスやLINEのIDを獲得することです。

 

まず、今の消費者はメールをあまり見ません。

知り合いからのメール以外は迷惑フォルダに入ります。迷惑フォルダから逃れてもスルーされるか削除されるのがオチです。

 

余程、あなたのホームページに興味を持った人でないと、メールアドレスを教えてはくれませんし、仮に教えてくれても「使えないアドレス」がたまり続けることにもなります。

 

では、メール以外には何かないのかというと、生活の連絡手段として使われているLINEなら、つながれる可能性がアップします。

 

しかし、ここでも問題があります。それはLINEのIDを獲得するのは簡単ではないということ。

 

会員制ビジネスなら、会員登録の条件に「LINEのID登録」を義務づければ何とかなりますが、そうでないと簡単には登録してもらえません。

 

そこで、メールアドレスやLINEの獲得を目的とする場合には、

 

  • 資料請求
  • サンプル提供

 

この2つのうち、どちらかを最低でも組み合わせることが大切です。

 

4.7: リクルート対策

ホームページの目的として最近流行っているのが、リクルート対策です。

 

求人難という背景もあると思いますが、一番の理由はミスマッチングを少なくするため、自社の情報を提供することで価値観の近い人に応募してもらうおうとしています。

 

製造業や配送業の方は、リクルート対策をホームページの目的にされると、新しい人材の獲得が実現するかもしれません。

 

5: 企業ホームページ成功への近道

 

目的が決まると、次の行動はホームページを成功へ導く制作会社を選ぶことです。

 

ここの選定を間違えると、成功への道が遠のきます。

 

そこで制作会社を選ぶときのポイントをお伝えしておきます。

(1)目的を理解できる

ホームページ制作会社の大半は「デザイン」に力を入れています。

でも、ホームページに必要なことはデザインではなく、あなたが決めた目的を実現すること。

 

まずは制作会社の担当者が、あなたの目的を理解できていることが重要です。

(2)あなたの時間を無駄にされない

ホームページを作るときには、

 

  • 全体の枠組
  • 文章(原稿)
  • 画像

 

最低でもこういった素材が必要になります。

これらの素材をすべてあなたが仕事の合間に揃えるのなら、けっこう大変ではありませんか?

 

あなたの力を借りることは必要ですが、制作会社の方がメインで進めてくれると素晴らしいです。

(3)業務が分かっている

ホームページ制作は、新しい仕事です。

20年経過していない仕事です。

そのため、少し出来れば誰でも「プロ」という顔ができます。

 

しかし、業務の経験や社会人としての経験がないと、経営のことや消費者の心理などはわかりません。

 

制作会社の担当者は、これまでどのような仕事の経験があるのか。

どういったことが得意なのかを知っておきましょう。

 

6: まとめ

企業がホームページを作るためには「目的」を明確にしておくことが大切です。

 

目的が曖昧なまま制作すると、見た目はカッコよくても、あなたが手に入れたいと考えていた状態には近づけません。

 

ぜひ、今回ご紹介しました7つの代表的な目的を参考にして、あなたがオームページを持つ目的をはっきりさせてください。

 

「目的が多すぎて決まらない。」

「自分のところにはどれが適しているのかわからない。」

 

そんな場合は、SONIDOの無料相談からお問い合わせください。

無理な営業は一切なしで、あなたのお悩みに対して丁寧にアドバイスさせて頂きます。

 

集客力が10倍アップするホームぺージ
「ホームぺージを作ったのに集客につながらない」
と嘆いているあなたへ

このレポートでは、ホームぺージから成果を出すための原動力となった「ホームページ集客成功の最大の秘訣」について公開しています。例えば、、、

●なぜ、62.1%のホームページは集客できないのか?(これを知ると、ホームページはもちろん、ビジネスモデルの根本的な部分から考え直したくなるでしょう)
●ストップ!これを知る前に業者にホームページの制作を依頼してはいけません(制作業者が集客できるホームページが作れない最大の理由)
●独立しても仕事がなかった私が人生のどん底で見つけた、インターネットを使って集客を成功させるための”最大の秘訣”(これを知っただけでも、あなたのホームページ対する考え方は180度変わってしまうでしょう)
●「買ってください」とお願いするのはもうたくさん?だったら、この方法を使ってください。売り手と買い手の立場を逆転させる”ちょっとずる賢い方法”
●売れるホームページとトップセールスマンの”意外な共通点”。プラス、あなたのホームページを嫌われるセールスマンから売れるセールスマンにするために必ず知っておくべきこと…

などなど、36ページにわたって解説しています。

今なら、このレポートを読んでくれた人限定で「シークレット・プレゼント」をご用意しています。プレゼントの内容は読んでからのお楽しみですが、商品の割引とかクーポンとか、そういったオファーではありません。完全無料のプレゼントです。

きっと喜んでいただけると思いますが、実はかなり労力がかかる代物なので(笑)、正直に言って、いつまで続けられるかわかりません、、、

この記事を書いている人 - WRITER -
SONIDO 須山
コンテンツマーケティング・集客ネタ・マーケティングネタなど不定期ですが更新しています! 楽しんで仕事ができる!全てはテストというマインド!をモットーに日々精進しております!!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「ホームページ集客成功の最大の秘訣」のレポートを
無料でプレゼント

集客力が10倍アップした!
ホームぺージ集客成功の7ステップ

あなたはホームページ集客でこんな間違いをしていませんか?
今すぐダウンロード
close-link