売上を上げる集客ホームページ制作なら神奈川県藤沢市のソニド-SONIDO-

【今だけ無料】お金をかけずに理想のお客を引き寄せるホームページの秘訣

Googleで検索上位を狙うには?仕組みとポイントをホームページ集客のプロが伝授します

 
  2019/02/23
SONIDO 須山
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
SONIDO 須山
コンテンツマーケティング・集客ネタ・マーケティングネタなど不定期ですが更新しています! 楽しんで仕事ができる!全てはテストというマインド!をモットーに日々精進しております!!
詳しいプロフィールはこちら

ホームページやブログを使った集客を考えると、必ず悩むのが「検索上位」への表示です。

 

特にインターネット検索大手「Google」で、検索結果1ページ目への表示はアクセス数を左右します。

 

1ページ目に表示されるのと、2ページ目以降に表示されるのでは、まったく状況が変わってきます。

 

ですから、1ページ目へ表示させるために「SEO対策」が必要だと言われるのですが、やみくもに「SEO対策」をやっても成果は感じられません。

 

そこで今回は、コンテンツマーケティングを活用し、ホームページ集客のお手伝いをしているSONIDOが、検索上位を狙う意味や上位になるポイントなどを紹介します。

1: 検索上位の意味と目指す理由

検索上位の意味と目指す理由

日本のインターネット検索サービスを使うと、検索結果を導き出しているのは9割「Google」です。

そして、検索結果を見てみると最初のページに表示される内容と、10ページ目に表示される内容があります。

 

あなたも経験があると思いますが、自分が何かを知りたいと思ってキーワードを入力し検索をした結果、最初にクリックする確率が高いのは何ページ目でしょうか?

 

10ページ目から見ていく人は、ほとんどいないでしょう。

2ページ目から見ていく人も、あまりいないと思います。

 

多くの人は、1ページ目から、それも一番目に表示されているところをクリックして内容を見ていきます。

 

おわかりの通り、検索結果の1ページ目、それも一番目に表示されることは、あなたのホームページやブログへの訪問者数を左右します。

 

検索結果の上位になればなるほど、訪問者数が増加する傾向にあり、多くの人の目に触れることで「問い合わせ」も増えることが期待できます。

 

ここで考えていただきたいのですが、検索結果が上位になる意味はどんなことでしょうか?

 

その意味は、ただ訪問者数が増えるだけではありません。

 

もっと重要な意味があります。それは、

 

「検索結果の順位は、あなたのコンテンツの価値に比例する」

 

ということです。

 

現在のGoogleは、コンテンツの内容まで含めて、総合的に検索結果を評価しようとしています。

ということは、検索結果の順位が上位になるほど、

 

あなたの提供しているコンテンツの価値が高い

 

そんな風に評価されていると言えます。

 

訪問者が満足できないようなコンテンツは、一時的に検索上位になっても、そのうち見かけなくなります。

 

継続して検索結果の上位に表示されるということは、それだけ「価値ある情報」だという意味も含まれているのです。

 

 

このように、たかが検索結果なのですが、そこには

  • 情報価値の判断基準
  • 訪問者数を左右する

 

という意味と理由があることを忘れないようにしてください。

 

2: 検索上位の仕組みと上位になるポイント

検索上位の仕組みと上位になるポイント

それでは検索上位を決める順位の仕組みと、上位になるポイントをお話します。

 

2.1: 仕組み

まず、検索に最も使われているのは「Google」です。

 

日本では「Yahoo」もありますが、Yahooの検索はGoogleの検索機能を使っています。

だから、Googleの検索結果も、Yahooの検索結果も「ほとんど同じ」なのです。

 

ですから僕たちが知っておくべきは「Google」についての仕組みとなります。

 

Googleの検索順位を決める仕組みの全容は、Googleから発表されていません。

 

ただ過去にGoogleが公式発表したことを紹介しますと

 

  • 200以上の要素によって順位を決めている
  • コンテンツの内容を重視している
  • 外部からのリンク数も重視している

 

というのは明確になっています。

 

そして、忘れてはいけない発表がコレです。

 

『Google社員でも順位の決め方はわからない』

 

さて、いかがでしょうか?

この一言を聞くと驚きますよね?

 

Googleの社員が「わからない」と言っています。

ということは、誰もわからないのです。

 

当然ですが、僕もわかりません。

 

「こうかな?」という予想は経験からできますが、「これだ」ということはわかりません。

 

にも関わらず

 

「このSEO対策なら絶対に上位に表示されます!」

 

と明言している会社がたくさんあります。

 

どこまで信じるかは、あなた次第です。

でも「絶対」ということを、僕は言い切れません。

 

だって、Googleの人が「わからない」のなら、いったい誰がわかるのでしょうか?

 

2.2: ポイント

でも、ちょっと待ってください。

絶対ではありませんが、僕たちにも検索上位にできるポイントがあります。

(1)以下の2つを読む。

 

Googleウェブマスター向けガイドライン

Google検索エンジン最適化スターターガイド(PDF)

 

この2つには

  • SEOの基礎
  • コンテンツの最適化
  • モバイルSEO
  • 検索品質評価のガイドライン
  • 良質なサイトを作るアドバイス

 

このようなことが載っています。

 

この2つは「ちょっと難しそう」とか「めんどう・・・」と思っても、無視してはいけません。

 

この内容を知らないということは、恋人の好みを知らないまま、デートに誘うのと同じです。

 

一度目はガマンしてくれるかもしれません。

二度目もガマンしてくれるかもしれません。

 

でも、三度目は、、、ありませんよね。

 

相手に好かれたいのなら、相手の好みを知る努力をしましょう。

(2)文字数も注意しましょう。

だからと言って、無理に文字数だけを増やしているコンテンツや記事も見かけますが、そういうものはそのうち淘汰されていきます。

 

あくまでも自然に「役立つコンテンツ」を意識して書くと、読者が満足するボリュームに到達します。

目安としては、1コンテンツ「2,000文字」と言われていますが、このあたりは今後変化するでしょう。

 

GoogleのAI投入によって、文字数よりも内容重視なれば状況が変わってくるはずです。

 

ですから「文字数」にとらわれるより、役立つ良質なコンテンツを発信するという方にフォーカスしてください。

そうすることで、自然と必要な文字数になります。

(3)被リンク数も、まだまだ重要です。

これは意識して増やせるものではありません。

読者が「役に立ったから紹介したい」と思ってくれてはじめて成立します。

 

ということは「役立つコンテンツ」が必要だということですね。

(4)キーワードを忘れていけません。

ポイントは「検索されている」キーワードを使うことです。

これ、忘れがちな人が多いです。

 

チラシとは違って、コンテンツは見つけてもらわないといけません。

ということは、読者目線に立ち、

 

「何というキーワードを入力するだろう」

 

を考え、見つけることが必要です。

 

そのとき役立つのが、Googleの提供する「キーワードプランナー」です。

このツールを活用することで、実際に使われているキーワードを見つけることができます。

 

キーワードプランナーについての記事は

ホームページ制作のプロが薦めたくなる「seo キーワード」の選び方

を参考にしてください。

(5)内部リンクは評価されます。

 特に読者が読み進めやすいように、次の記事へナビゲーションしている内部リンクは評価されやすいです。

「Googleのクローラーが回遊しやすいように内部リンクをしましょう」

 

ということを聞きますが、Googleのシステムは「自然なもの」が好きですから、クローラーよりもリアルな読者が喜んでくれる内部リンクこそ、Googleでどのような変更があっても安心できるものだと思います。

 

3: 検索上位に必須なSEO対策メリットデメリット

SEO対策のメリットとデメリット

検索上位にする方法として、すでに必須となっているのがSEO対策です。

 

今やSEO対策を正しくおこなっていないコンテンツやブログ記事は、いくら内容が良くても目に留めてもらうことができません。

 

これは見方によっては大変残念な事実です。

検索上位にある内容よりも数段すばらしいものであっても、このような残念な状態になってしまうんです。

 

そんな検索上位に欠かせないSEO対策のメリットとデメリットをお伝えします。

 

3.1: SEO対策のメリット

(1)広告費がゼロ円で対策できる

検索することで広告を表示する「リスティング広告」というものがあります。

 

これは「広告」ですから、毎月お金を払う必要があります。

お金を払わなければ広告は表示されませんから、リスティング広告だけで集客している場合、広告費の予算=集客数となります。

 

これはこれで良いのですが、いつまでも広告費が必要になるのは、どこの会社も負担です。

 

そこでSEO対策のメリットが出てきます。

 

SEO対策は専門の会社へ依頼しない限り、自分で行う上では無料です。

誰かにお金を払う必要はありませんし、お金を払わないと対策できないものでもありません。

 

もし、あなたのホームページのコンテンツが検索結果の1位や2位に表示されたとすると、お金を払って広告を出していることは無駄に思えてくるでしょう。

 

SEO対策を正しく行うメリットは、広告費という費用負担がなくなるということです。

(2)瞬間最大風速のような集客から脱却できる

広告を出すと、広告の寿命がある間は集客も簡単に行えます。

右肩上がりで、どんどんホームページへ流入してきます。

 

でも、少し広告費を落とすと、広告の表示回数が減って集客も減少します。

これは、お金というパワーで瞬間最大風速を出しているということです。

 

対してSEO対策を行ったコンテンツが検索上位に表示されると、簡単に順位を落とすとはありません。

 

中期的にも長期的にも、少しの順位を前後することはありますが、大幅に下落して集客できなくなるという可能性は低いです。

 

例えば、SONIDOのコンテンツの中でも、比較的集客の要になっているキーワードは、前後こそすれ、だいたい同じくらいの順位に定着しています。

それも、かれこれ2年は定着しています。

 

仮に、このポジションを確保するために、毎月広告費を出していたとすると、、、いくらになるんだろう、そんなことを思います。

(3)検索している人は成約しやすい

検索するという行為は、何かの悩みを解決したいという衝動から始まっています。

 

ですから、ウィンドウショッピングしている人とは違い、何かの目的を持って来店した人と同じなので、成約していただける確率がグンとアップします。

 

当然、訪問したけれど欲しい結果がなければそこで終わりですが、そこに自分の悩みを解決できるものがあれば、どんな人も迷わず購入することでしょう。

 

3.2: SEO対策のデメリット

続いてSEO対策のデメリットを見ておきましょう。

(1)即効性がないと言ってもいい

場合によっては、コンテンツをアップすると問い合わせがすぐにあるということもゼロではありません。

 

これはSONIDOのお客様でも、そういう方がいらっしゃるのでわかります。

しかし、大半の場合、すぐに問い合わせはありません。

 

というよりも、検索されたとき、上位に入ってこないのでホームページへ訪問されることがありません。

 

ですから、SEO対策によって成果を手に入れたいのなら、半年くらいのタイムラグは理解しておいてもらいたいところです。

(2)Googleによって下落する

過去にもありましたが、Googleが検索結果を導き出す仕組みをアップデートすると、いくらは影響を受けてしまいます。

 

この影響、良い方に働くと一気に上位へ行きますのでラッキーです。

しかし反対もあります。検索上位にあったものが一晩で圏外へ。

 

そんなことも現実にあります。

 

こういったことに巻き込まれないためには、どのようなアップデートが行われて弾き飛ばされないような、正しいSEO対策をしておくことが重要となります。

 

一時的な順位を目指してブラックなSEO対策をしていると、一気に弾き飛ばされてしまうことになりかねません。

(3)キーワードによっては全然上がらない

これには理由がいろいろあります。

 

同じキーワードで検索上位を狙っている競合が強すぎるということがあります。

 

また、そもそも選んだキーワードが検索されていないということもあります。

 

さらに、キーワードは良いけれど、キーワードを入力した人の意図と違う内容になっていれば、これも上がってくることがありません。

 

SEO対策は「必ず上がるもの」ではありません。

 

4: 検索上位でやってはいけないこと

検索上位でやってはいけないこと

さて、ここでは短期間で検索上位にもっていきたい感情を抑えられなくても、決してやってはいけないことをお話します。

(1)被リンクを買うな

「今さら、そんなことやっているの?」

と思いますが、今でも「SEO対策」と言ってやっているところもあります。

 

「○○万円で、3ヶ月で上位を絶対狙います!」

「契約してもらうと、SEOに有利なリンクを提供します!」

 

この記事をお読みのあなたなら「そんなアホな」と思われるでしょう。

でも実際にあるので、お友達からこんな話を聞いたら助けてあげてくださいね。

(2)無闇やたらと被リンクしてもらわない

被リンクは重要ですが、あなたのホームページやブログと

  • 無関係なサイト
  • 怪しいサイト
  • 内容が無い、評価の低いサイト

 

このようなところから、1万リンク、2万リンクもらっても意味がありません。

反対にあなたのホームページやブログの評価を下げることにもなりますから、本当に自然な形での被リンクの獲得が必要です。

(3)長期間の放置

最初は定期的にコンテンツを作っていたけれど・・・。

 

今は全く更新していない。

前に投稿したのは、、、3週間以上前?

 

毎日でなくても構いませんが、1週間に1つは更新しましょう。

経験から言うと、更新頻度は検索順位に影響するようです。

 

新しい情報を提供することが、Googleの評価につながっているのかもしれません。

(4)サテライトサイト

少し手の込んだ方法として存在するのが「サテライトサイト」の活用です。

 

サテライトサイトとは、あなたのホームページのメインテーマから少しだけズレた内容でホームページやブログを複数作ります。

 

そして、複数作ったサテライトサイトへは、ゴミみたいな量だけに特化したコンテンツを投稿します。だいたい1サイト20~30くらいでしょうか。

 

そして、サテライトサイトから、メインサイトの特定の記事に向けてリンクを張ります(被リンクとなります)。

 

この結果、多くの被リンクを獲得しているコンテンツの評価が高くなり、検索上位に上がりやすいという理論です。

 

 

この方法、現在はグレーゾーンです。

一部のSEO対策会社では、自前で各ジャンルのサテライトサイトを所有し、お客様のサイトのページにリンクを張るということを行っています。

 

しかし、Googleは近い将来、絶対に見破ることでしょう。

そうなると、サテライトサイトを使ってSEO対策していたところは、軒並み下落するはず。

 

こんな方法に手を出さない方が、中長期的に考えるといいですね。

 

5: 検索上位を狙う方法

検索上位を狙う方法

最後に検索上位を狙う方法を紹介します。

(1)HTMLやCSSの構文を正しくする

これは非常に判断しにくい部分だと思います。

 

ウェブデザイナーやエンジニアの経験がないと判断できません。

また、時代の流れで進化しますから、常に最適な情報を追い続けることも大変です。

 

このような理由もあって、SONIDOでは「WordPress」に代表される「CMS」というシステムを使うことで、正しい構文をクライアント様に提供することにしています。

 

もし、あなたの会社のホームページやブログが「フルオーダー」で作成されたものや、反対に格安で作られたものなら、、、

そして、検索順位がいつまでも上位にならないのなら。

 

一度専門家に「HTMLとCSS」の構文が、Googleのガイドラインに沿っているか調査してもらうのも良いでしょう。

 

CMSである「WordPress」については

ワードプレスとは何??ブログ?ホームページ?初心者に向けて解説します!

をご覧ください。

(2)検索上位にしたいキーワードがブレない

あれもこれも情報発信したくなります。

 

でも最初は、ホームページやブログのテーマに沿ったキーワードを重点的に使ったコンテンツ作成に集中しましょう。

 

これはテーマに沿ったキーワードが使われた記事が多いほど、訪問者は「専門的」だと評価するからです。

 

そして内容の濃いところだと思うでしょう。

 

同じように、Googleも評価してくれるはずです。

だってGoogleは自然な訪問者視点を重視していますからね。

(3)コンテンツにフォーカスする

ここまでお読みのあなたは、すでにご存じのことでしょう。

「良質なコンテンツ」こそ、現在のGoogle検索で有利になります。

 

とはいえ、まだまだGoogleも評価しきれていない部分もあります。

 

Googleも「WELQ」問題が起こってから、コンテンツの内容にかなりフォーカスしていますが、それでも未だに売り込み広告ばかりのサイトが上位にいることもあります。

他のサイトから引用ばかりした「まとめ」記事のようなサイトが上位にくることもあります。

 

でも、こういうサイトは淘汰されていくでしょう。

Googleは今年から、検索結果の評価に対するアップデートの回数を増やしています。

 

従来のように細かな発表をせず、知らない間に評価基準が最適化されています。

 

ということは、良質なコンテンツでなければ、ある日突然、検索結果の10ページ目になっていた、ということもあるでしょう。

 

昨日まではアクセスがあったのに、今日はゼロ、なんてこともあるでしょう。

 

こんなことにならないためには、

安定してホームページやブログからアクセスを集めたいなら、

Googleのガイドラインを理解し、読者の役に立つ「良質なコンテンツ」を作るしかありません。

 

間違っても「1文字0.3円とか0.5円」でライターさんを募集して、量だけのコンテンツを量産しないでください。

 

一時的には検索上位になるかもしれませんが、長い目で見れば苦しくなります。

外部のライターさんに依頼するなら、専門的な知識やリサーチ力の高い人を選びましょう。

 

6: まとめ

Googleでの検索上位は、ホームページやブログでの集客に必要なことです。

 

特にインターネットで広告を出さないのなら、検索上位は必須です。

 

そして検索上位を狙うためには、Googleのガイドラインに沿った方法で、良質なコンテンツを作ることが近道だと経験からお伝えできます。

 

何はともあれ、今回の記事で紹介しました「Googleのガイドライン」に目を通してください。

 

インターネットでは、

  • Googleに評価されること
  • 訪問者に評価されること
  • お客様に評価されること

この3つを成立させることが不可欠です。

 

ガイドラインに沿えば、誰にでもできます。

不確かな情報に振り回されず、信頼できる情報を元に、あなたのホームページやブログで検索上位を狙ってください。

 

そして、安定した集客資産を育てていってください。

 

追伸:

Googleが提供してくれている、この情報もおすすめです。

SEO が必要なケース

 

 

集客力が10倍アップするホームぺージ
「ホームぺージを作ったのに集客につながらない」
と嘆いているあなたへ

このレポートでは、ホームぺージから成果を出すための原動力となった「ホームページ集客成功の最大の秘訣」について公開しています。例えば、、、

●なぜ、62.1%のホームページは集客できないのか?(これを知ると、ホームページはもちろん、ビジネスモデルの根本的な部分から考え直したくなるでしょう)
●ストップ!これを知る前に業者にホームページの制作を依頼してはいけません(制作業者が集客できるホームページが作れない最大の理由)
●独立しても仕事がなかった私が人生のどん底で見つけた、インターネットを使って集客を成功させるための”最大の秘訣”(これを知っただけでも、あなたのホームページ対する考え方は180度変わってしまうでしょう)
●「買ってください」とお願いするのはもうたくさん?だったら、この方法を使ってください。売り手と買い手の立場を逆転させる”ちょっとずる賢い方法”
●売れるホームページとトップセールスマンの”意外な共通点”。プラス、あなたのホームページを嫌われるセールスマンから売れるセールスマンにするために必ず知っておくべきこと…

などなど、36ページにわたって解説しています。

今なら、このレポートを読んでくれた人限定で「シークレット・プレゼント」をご用意しています。プレゼントの内容は読んでからのお楽しみですが、商品の割引とかクーポンとか、そういったオファーではありません。完全無料のプレゼントです。

きっと喜んでいただけると思いますが、実はかなり労力がかかる代物なので(笑)、正直に言って、いつまで続けられるかわかりません、、、

この記事を書いている人 - WRITER -
SONIDO 須山
コンテンツマーケティング・集客ネタ・マーケティングネタなど不定期ですが更新しています! 楽しんで仕事ができる!全てはテストというマインド!をモットーに日々精進しております!!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「ホームページ集客成功の最大の秘訣」のレポートを
無料でプレゼント

集客力が10倍アップした!
ホームぺージ集客成功の7ステップ

あなたはホームページ集客でこんな間違いをしていませんか?
今すぐダウンロード
close-link

検索上位で集客力が
10倍UP!

ホームページ集客
「成功の7ステップ」を
プレゼント!

あなたはホームページ集客で
こんな間違いをしていませんか?
無料でダウンロード
Terms and Conditions apply
close-link
Click Me