fbpx

売上を上げる集客ホームページ制作なら神奈川県藤沢市のソニド-SONIDO-

【今だけ無料】理想のお客さんをグイグイ引き寄せるホームページの秘訣

企業ホームページの依頼で気になる費用相場と業者選定のポイント

 
WRITER
 

この記事を書いている人 - WRITER -
コンテンツマーケティング・集客ネタ・マーケティングネタなど不定期ですが更新しています! 楽しんで仕事ができる!全てはテストというマインド!をモットーに日々精進しております!!
詳しいプロフィールはこちら

企業ホームページの依頼が全国的に増えています。

 

デジタル化という言葉に反応された結果だと考えていますが、こういう状況になると「間違った」「効果の無い」「意味の無い」ホームページを、焦った企業様が費用を払って持ってしまうことも良くある話です。

 

すでに依頼してしまった企業様は仕方が無いとして、これから依頼しようと検討されている企業担当者様には、ここからお話する内容を参考にしてもらいたいと思います。

 

ホームページ制作を生業としているSONIDOが言うのも何ですが、ホームページって費用相場や業者選定のポイントがわかっていないと、「高いお金を払っただけ」で終わってしまいがちです。

 

1: 企業ホームページの依頼を費用ゼロ円で実現することは可能?

はじめに、企業ホームページの導入を検討されている方が気になるのは、

 

「制作をゼロ円で済ますことはできないのか」

 

という話ではないでしょうか。この件からお話していきたいと思います。

(1)企業ホームページはゼロ円で依頼できるのか?

企業ホームページの制作をゼロ円で依頼できるのかどうかというと、「できないことはない」が答えになります。

 

例えば次のような条件が揃えばゼロ円で手に入れることも可能です。

 

  • 友人や知人に無料で作ってくれる人を見つけて交渉する
  • JindoやWix、アメブロなどの無料サービスを使う
  • 画像は自分たちで撮影するか無料画像を利用する
  • ホームページの文章を自分たちで書く

 

4つの条件を揃えることができれば、ゼロ円で企業ホームページを持つことができます。

 

ただし、上の4つの条件を満たして制作されたホームページは、企業のホームページとして信頼度が少し低くなります。その理由について、(2)(3)(4)で紹介します。

(2)企業ホームページの制作費用とは

もっともわかりやすいのがホームページのドメイン名です。SONIDOの場合ですと

 

sonido.jp

 

この部分です。特に気にならない企業様なら問題ありませんが、一般的な企業ホームページであれば、自社の名前がドメイン名になっているはず。

 

また、自社の名前のドメイン名でないホームページは、バイヤーさんや消費者、取引を考えている担当者からすると、信頼度が低く感じられ商談まで進みづらい原因になってしまうケースもあります。

 

そのため、企業ホームページの制作費用としては、次の2つの費用は必須だと考えておくのがおすすめです。

 

  • ドメイン名取得費用
  • ホームページを置くサーバー利用費用

 

2つ合わせて年間15000円くらいからスタートできます。

 

これくらいは企業の必要経費ですから、予算組みしておきたいところです。もし、この予算が企業として「もったいないから出せない」「高いから無理!」「お金掛かるの?インターネットってタダなんじゃないの?考えられない!」ということなら、企業ホームページを持つことは諦められるのが良いとSONIDOは考えています。

(3)ゼロ円で実現するリスクを理解しよう

他にも、次のようなリスクがありますので、十分に検討する必要があります。

 

[1]ホームページの更新が難しい

友人や知人に無料でお願いすると、後からホームページの更新を頼みづらくなります。

あなたは「ホームページなんて作ったらいいだけでしょ」と考えているかもしれません。しかし、実際のところホームページは作った時がスタート。

作って公開した後は、マメな更新ができないと誰の目にも止まらないホームページに育ってしまいます。

 

[2]人間関係のトラブルに発展

友人や知人にも仕事や生活があります。最初はあなたのことを思って無料で作ってくれたかもしれませんが、何度も変更や修正や問い合わせが続くと、

「そこまで相手をするとは言ってないですけど!」

というように、トラブルのタネになる可能性もあります。

 

[3]自分で作って「無料」で完成したというのは本当?

「自分で作ったから無料で出来た!」このように考えている人がいます。確かに費用を払うという部分では「無料」です。しかし、自分で作った時間はどうでしょうか?

その時間を本業に費やせば、今以上に良い取引や収益が生まれたかもしれません。

実のところ、「自分で作る=無料」というのは、制作費について見ているだけです。誰もが取り戻せない「時間」は使っています。これは「取り戻しやすいお金」とは別のものを支出しているだけなのです。

(4)「安く」を意識しすぎるとホームページを持つ意味がなくなる

「ゼロ円が難しいのはわかった。じゃあ、激安ならどうだろう」

 

ホームページ制作で激安をウリにされているところもあります。偶然、あなたの事業と激安ホームページのテイストや内容が一致すれば、これはラッキー以外の何者でもありません。

 

でも、現実的にはどうかというと、激安には理由が常にあるものです。例えば、

 

  • 決まったテンプレートに画像だけ入れ替えてそれっぽくしている
  • 内容の文章は「あなた任せ」で終わっている
  • 画像も「あなた任せ」で終わっている

 

実際の制作作業としては、あなたから提出されたホームページの文章や画像を、決まった場所へポチポチとはめ込んでいるだけということもあります。

 

いかがでしょうか。あなた事業のテイストに合っていないホームページ。あなたのサービスを適切に説明できていないホームページ。こういったものが売上や集客を生み出すと考えられるでしょうか。

 

こういった理由が見えているにも関わらず、あなたが「激安でも十分に手応えが出るだろう」と考えておられるのなら、激安ホームページ制作を依頼してください。

 

2: 最低限必要になる目的別費用相場

企業ホームページは目的によって費用相場が変わってきます。

(1)事業規模

事業規模が個人事業主や小規模事業者であれば、30万円~50万円が相場です。

中規模事業者であれば、70万円~200万円。大企業なら500万円前後が相場です。

 

事業規模によって発信するべき情報量が増えてくるため、比例して費用も高くなっていきます。

(2)ゴール

「知ってもらいたい」というだけなら、30万円くらいで十分です。しかし、

 

  • 集客したい
  • 売上を上げたい

 

となると、70万円以上の費用が必要なケースが多いです。

(3)サイトの規模

企業ホームページを作るとき、10ページくらいは最低限必要です。

 

  • 10ページ:70万円前後
  • 20ページ以上:120万円以上

 

これくらいが相場です。

 

5ページ以下なら30万円前後が相場と考えておきましょう。

 

 

このような費用相場になっている理由ですが、単に制作するだけなら「ウェブ制作者」だけで仕事ができますので費用も少なくて済みます。いっぽう、集客や売上などが発生しやすい作りにするためには、

 

  • ウェブ制作者
  • デザイナー
  • ディレクター
  • コピーライター
  • マーケッター

 

こういった専門職の人がチームになって仕事をする必要があるため、どうしても費用相場も高くなっていきます。

 

3: 企業ホームページ制作業者の選定ポイント

企業ホームページの制作業者を選ぶ時のポイントをお話します。

(1)目的が明確か

あなたが「どうしてホームページを作りたいのか」目的を明確にしてください。

 

会社パンフレットのデジタル版が欲しいのか、集客ツールとして考えているのか、ホームページだけで売上まで進めたいのか。

 

どういった目的なのかを明確にしておかないと、目的の実現が得意な制作業者を選ぶことができません。

(2)マーケティングの必要性

あなたはマーケティングの必要性をご存じでしょう。同じように制作業者にもマーケティングの必要性を求めてください。

 

まだまだ制作業者の中には「作ること=仕事」と考えているところがあります。しかし、これからのホームページは「作ること×目的の実現=仕事」になる必要があります。

 

もし「目的」が集客や売上なら、マーケティングを知っていないと良いホームページは作れません。

(3)予算を決める

先ほどお話しした費用相場を参考に、あなたの会社が出せる予算を決めましょう。

 

例えば、「集客もしたい。売上もアップしたい。費用は10万円まで。」というようなのは無理な話です。目的に応じた予算を正しく考えてください。

(4)デザインだけではなく「中身のある」ホームページを意識

ホームページはデザインが大切です。これは多くの方がイメージされていることでしょう。

 

しかし、ホームページの中身である文章に関してはいかがでしょうか。

 

  • 適当に書いてもOK
  • 誰でも書ける
  • 知り合いに頼む
  • 社員に書かせる

 

よくある話ですが、ホームページはデザインだけではなく、文章によって成果が変わってきます。

 

  • どういう風にサービスの良さを伝えるのか
  • サービスの先にはどんな未来があるのか
  • 次のページへ進んでもらう言葉は何か
  • 安心して問い合わせしてもらえる文章は?
  • ホームページ全体を通して「心地よい体験」になっているか

 

細かな部分まで配慮して文章を組み立てることで、はじめて目的が達成できます。

 

ですから、あなたが制作会社を選定されるときには、ホームページの文章は誰が書くのかを確認してもらいたいと思います。

 

理想的なのは、セールスライターに書いてもらうことです。

 

4: まとめ

企業ホームページを依頼されるときには、目的と予算を決めてください。

 

ここが曖昧ですと、必要な機能が整っていないのに高額な費用を払うことになったり、過剰な機能が組み込まれてしまって使い勝手が良くなかったりということもあります。

 

また、制作費用を無料や激安で進められる場合は、制作してからの変更や更新などは「あなた自身」でやりとげる覚悟を持ってもらいたいです。

 

そうでないと、人間関係が壊れる可能性が高くなります。人間関係が壊れない場合は、高い変更費用や更新費用を請求されることも考えられます。

 

ホームページは企業の顔になりつつあります。多くの消費者や相手企業のファーストアクションはホームページになってきています。

 

あなたの会社の良さが十分に伝わるホームページは、無料や激安で作れるものでしょうか?

 

よく考えて依頼をしてください。中途半端な気持ちや考えで依頼すると、きっと後悔することになってしまいます。

 

 

集客力が10倍アップするホームぺージ
「ホームぺージを作ったのに集客につながらない」
と嘆いているあなたへ

このレポートでは、ホームぺージから成果を出すための原動力となった「ホームページ集客成功の最大の秘訣」について公開しています。例えば、、、

●なぜ、62.1%のホームページは集客できないのか?(これを知ると、ホームページはもちろん、ビジネスモデルの根本的な部分から考え直したくなるでしょう)
●ストップ!これを知る前に業者にホームページの制作を依頼してはいけません(制作業者が集客できるホームページが作れない最大の理由)
●独立しても仕事がなかった私が人生のどん底で見つけた、インターネットを使って集客を成功させるための”最大の秘訣”(これを知っただけでも、あなたのホームページ対する考え方は180度変わってしまうでしょう)
●「買ってください」とお願いするのはもうたくさん?だったら、この方法を使ってください。売り手と買い手の立場を逆転させる”ちょっとずる賢い方法”
●売れるホームページとトップセールスマンの”意外な共通点”。プラス、あなたのホームページを嫌われるセールスマンから売れるセールスマンにするために必ず知っておくべきこと…

などなど、36ページにわたって解説しています。

今なら、このレポートを読んでくれた人限定で「シークレット・プレゼント」をご用意しています。プレゼントの内容は読んでからのお楽しみですが、商品の割引とかクーポンとか、そういったオファーではありません。完全無料のプレゼントです。

きっと喜んでいただけると思いますが、実はかなり労力がかかる代物なので(笑)、正直に言って、いつまで続けられるかわかりません、、、

この記事を書いている人 - WRITER -
コンテンツマーケティング・集客ネタ・マーケティングネタなど不定期ですが更新しています! 楽しんで仕事ができる!全てはテストというマインド!をモットーに日々精進しております!!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コロナに負けない!僕たちは必ず勝つ!
「ホームページ集客成功の最大の秘訣」のレポートを
無料でプレゼント

集客力が10倍アップした!
ホームぺージ集客成功の7ステップ

あなたはホームページ集客でこんな間違いをしていませんか?
今すぐダウンロード
close-link
HP集客成功の7ステップ
ホームぺージ集客でこんな間違いをしていませんか?
無料ダウンロード
close-image

コロナに負けない!
僕たちは必ず勝つ!


HPで集客力が10倍UP!

ホームページ集客
「成功の7ステップ」を
プレゼント!

あなたはホームページ集客で
こんな間違いをしていませんか?
無料でダウンロード
Terms and Conditions apply
close-link
Click Me