ホームページ集客を成功に導くコンテンツマーケティングと事例3選

ホームページ集客を成功に導くコンテンツマーケティングと事例3選

経営者セミナーなどで、ホームページを使った集客方法について話を聞くことが増えていると思います。
セミナーで話を聞いているときは「これは、うちでもやった方がいいな」と思うのですが、いざセミナーから戻ると

「で、どうすればいいんだっけ」
( ゚Д゚)

となることがよくあるとお聞きします。

また、ホームページを使ったら簡単にお客様が集まってくると考えて「な~んだ、ホームページをどうにかすれば、何とかなるんじゃないの」といった軽い気持ちで、ホームページをリニューアルされる方もいらっしゃいます。

でも、その結果、どうなったかと言うと、、、。

あなたもお聞きになったことがある通り、80%の方が集客効果を実感できずにいます
そして、お金を掛けたホームページは、そのまま放置される運命であることがわかっています。

でも、見方を変えると20%の方は、集客効果を実感しているとも言えます。

どうしてホームページを使った集客で効果を実感できる人と、そうでない人がいるのでしょうか?
それには理由があります。

その理由とは、ホームページを使った集客を始めるときに、効果のある「マーケティング」を知っていたかどうか。
では、詳しくお話しさせて頂きます。

1: マーケティングとは

ピーター・ドラッカー
マーケティングの目的は、販売を不必要にすることだ。マーケティングの目的は、顧客について十分に理解し、顧客に合った製品やサービスが自然に売れるようにすることなのだ。
引用:『マネジメント』ダイヤモンド社

セオドア・レビット
顧客を引きつけ、維持するという企業目的を達成するために、総力を挙げてやらなければならないすべてのことを、一手に引き受けるのがマーケティングである。
引用:『レビットのマーケティング思考法』ダイヤモンド社

マーケティングとは、このような定義であると、この二人が言っています。
少しずつ違った表現をしていますが、根幹は同じ「顧客」から始まっています。

このように、マーケティングとは

  • 買え買え
  • 売り込め
  • どう言えば買うか
  • どう言えば売れるか

というような、ことではありません。

あくまでも「顧客」から始めることで、

  • 顧客を理解し
  • 顧客を引き付け
  • 顧客に合った

製品やサービスを提供する。
その結果、勝手に売れていくことなのです。

言い換えれば「お客様のお役に立つ」ことを、見つけて伝えてやり続けるということですね。

この考え方は、ホームページを使った集客にも生きています。

  • ホームページだから、相手が見えないので関係ないだろう。
  • ホームページだから、少しくらいウソを言って売ってもいいだろう。
  • ホームページだから、相手と話さないので放っていけばいいんじゃない。

というようなことはありません。
お客様はホームページでも、対面でも同じです。

イヤなところからは買いません。自分が役に立つと思ったものしか買いません。
ですから、ホームページを使った集客でも、このマーケティングの定義を忘れないでくださいね。

2: ホームページ集客のメリットとデメリット

万能なイメージもある、ホームページを使った集客。
良いところもあれば、そうじゃないところもあります。

当たり前ですよね。

良いところばかりだと、それはサギかもしれませんから。
まずは、ホームページを使った集客のメリットをお話しします。

2.1: ホームページ集客のメリット

ホームページ集客のメリット

2.1.1: 売上げにつながる

ただ漠然とホームページを持って集客しても、残念ながら効果はでません。
しかし、はっきりと目的を持ってやれば、売上アップにつながります。

どんなことでも同じですが、「どんな所でも必ず売上がアップする」わけではありません。
手をかけて、お客様のことを理解しようとすれば、売上アップへつながります

2.1.2: 集客につながる

見やすい、使いやすい、分かりやすいホームページ。
役に立つ情報がたくさんあれば、集客につながります

ホームページを使った集客は、パソコンを使っている人だけではなく、スマホやタブレットを使っている人を集めることも可能です。

2.1.3: 問い合わせが増やせる

電話で問い合わせるのは、ちょっとハードルが高い。まして、訪問してもらうなんて、売り込みされても困るし。

そんな思いの人は多いものです。

ですから、ハードルを下げたホームページからの問い合わせは喜ばれます。

問い合わせは集客への第一歩。
問い合わせが増えることは、後の集客が増えることを意味しています

2.1.4: お客様との信頼関係が築ける

お客様が知りたい情報を、ホームページを通して発信することで、いつでもどこでも気になったときに、あなたの会社のことを見てもらえます。
役立つ情報があれば、お客様からの信頼を勝ち取ることができます

2.1.5: 自社独自の役立つ方法を発信できる

あなたの会社の強みや専門的な情報をいつでも発信できます。
その結果、お客様の中であなたの会社の強みを必要としている方が、集まってくれるようになります

2.1.6: 費用対効果が明確になる

いくらのお金や時間を掛けたのか。
その結果、どれくらいお客様からの反応があったのか。

こういうことが、明確にわかるのがホームページを使った集客のメリットとも言えます。
本当にお金と時間を掛ける意味があるのかどうかを、感覚ではなく数字として見る事ができますから、費用対効果を曖昧なまま判断することがありません

2.2: ホームページ集客のデメリット

ホームページ集客のデメリット

2.2.1: お金か時間か、どちらかが必要

ホームページを使った集客で、始めたときからドーンとお客様を集めようと思うと、広告料が必要になってきます。
いっぽう、お金を掛けずに集客を行うと、ジワジワと時間が掛かりながらお客様を集めることができます。

お金と時間、どちらを優先するのか。

お金を投資して時間を少なくする。
お金を投資せず時間を使う。

どちらにしても、お金か時間が必要になります。

2.2.2: 運営し続けるための知識が必要

運営するにはテストしたり、検証したりと言った専門的な作業が付いてまわります。
本業としてのビジネスに、ホームページを使った集客の運営をプラスすると、たぶん時間が足りなくなると思います。

そして、運営するということは、専門的な知識も必要になってくるということ。
この覚悟をして自力でやるか、外部のパートナーにお願いするか。

方法はあります。

でも、誰も運営をしないでOKということは、ホームページを使った集客ではありません

2.2.3: 始めても活用しきれない会社もある

せっかく始めたのに、数ヶ月で効果が出ないと、、、終了。

夏季休暇や年末年始の営業日すら更新しなくなったホームページ。
こんなホームページを見たことがあると思います。

これは、ホームページを使った集客のための「計画」がないため止まってしまうのです

2.2.4: 担当者への負担が増えることがある

ホームページを使った集客の担当者は、今までにやってない作業をすることになります。

当然ですが、負担が増えます

これは理解しておく必要があります。
そして、担当者の負担が多いのなら、外部のパートナーさんにお願いするという選択肢を持っておきたいところ

負担が増えて疲れ切った担当者さんだけでは、ホームページを使った集客は上手くいきません

2.2.5: ホームページ集客を理解しているホームページ制作会社がわからない

もっとも難しい、という声をお聞きします。

ホームページ制作会社は、ほとんど同じような「ウリ」をアピールしています。
そのため、余計にホームページを使った集客を理解している制作会社なのかどうか、判断できなくなりますよ。

見つけるポイントとしては、その制作会社が仕事をホームページから取っているのかを確認すること

2.2.6: 不誠実な業者にだまされやすい

  • ホームページの制作中、連絡がなかなかとれない。
  • ホームページのリニューアルまでは対応が良かったけど、納品された途端、何も言って来なくなった。
  • 更新したいページがあると言うと、すぐに「お見積りをお送りさせていただきます!」と言ってくる。そして、その見積もりが高額。

自分たちで更新したいと言っても、やり方を「今度教えますから」と言って、いつまでも教えてくれない。
安すぎる価格、普段は大手企業を相手にしている制作会社。

依頼する前に、しっかりと見ておきたいですね。

3: ホームページで集客するマーケティングをご存知ですか?

ここまでお読みいただきまして、ありがとうございます。(#^^#)
すでに、あなたはマーケティングやホームページを使った集客のメリット、デメリットを理解されていることでしょう。

次に、これからの「ホームページを使った集客」の中心的な考え方となるマーケティングについてお話しします。

このマーケティングのことを「コンテンツマーケティング」と呼んでいます。

コンテンツマーケティング

コンテンツとは「内容」のことで、ホームページであれば「文章」や「写真」など、お客様の役に立つ情報のことを指しています。
それでは、コンテンツマーケティングについてお話ししていきます。

3.1: コンテンツマーケティングとは

色々な意見がありますが、私なりに表現しますと、

文章や動画など、お客様に役立つ情報を通じて顧客とコミュニケーションを取り続けたり、潜在的な顧客へ気づきを与えることで見込み客になってもらい、最終的にはファンになってもらうことが目的のマーケティング手法である。

ということだと思っています。

そして、もう一度よく読んでいただきたいのです。
この表現の中に、インターネットやWEB、ホームページという言葉は出てきません。

そうなんです。

コンテンツマーケティングとは、お客様に役立つ情報を提供すること、お客様とのコミュニケーションを続けることが目的ですから、ホームページに限らず店舗で行う体験会なども、コンテンツマーケティングの方法になります。

3.2: コンテンツマーケティングの特徴

ここでは、コンテンツマーケティングの特徴を紹介します。
特徴として目を引くのは「売ること」ではなく、役立つ情報を提供し「コミュニケーション」することが目的であるということです。

なぜ「役立つ情報を提供」し「コミュニケーション」をするのかというと、現在は「モノ」が売れる時代ではないからなんです。

現在のお客様が欲しいものは「体験」なんです。

  • 悩みが解決した
  • 問題が無くなった
  • あの会社には解決策がいつもあるから安心
  • いつも楽しい、面白い情報がある

こう言ったことを必要としています。
ですから、お客様にとって役立つ情報を提供することで、

  • 潜在的な顧客が見込み客となり
  • 購入いただいて顧客となり
  • リピートしていただくことでファンとなる

一歩一歩着実に進んでいただくためにも、役立つ情報とコミュニケーションを目的とすることが、コンテンツマーケティングの特徴となっています。

3.3: コンテンツマーケティングとは「誰」に発信するかが肝心

役立つ情報を提供するには、何が必要だと思いますか?

商品、サービス、それとも仕掛け?

それよりも前に、必要なことがあります。

それは「誰」にということです。

「すべての皆さま」に役立つ情報は、ありません。
特定の年齢、性別、収入や職業などによって悩みや問題が違っています。

その違いに対して、役立つ情報を提供しないと「誰にも役立たない情報」となってしまうんですね。
ですから、「何」を提供するのかを決める前に、「誰」に提供するのかを常に意識してください。

これが「コンテンツマーケティング」で肝心なことです。

4: コンテンツマーケティングを成功へ導くポイント

コンテンツマーケティングを成功へ導くポイント

4.1: 勝てる土俵で勝負する

自分達が「役立てる」土俵で勝負しましょう。
「誰」にを意識すると、必然的に役立てるところ、役立てるコトが見えてきます。

「モノ」を売り込むのではありませんから、「役立てる」「お手伝いできる」ことを探す事が大切です。

4.2: デザインよりも中身(文章)

ホームページに意識が向くと、なぜか多くの人は「デザイン」にこだわります。
しかし、ホームページを使った集客では、ホームページのデザインよりも、その中身が大切です。

これはコンテンツマーケティングという手法を、もう一度思い出していただければ良いかと思いますが、お客様が欲しいものは「凝ったデザイン」ではありません。
自分の問題や悩みを解決する方法が欲しいのです。

そんなときに、関係のない動画が再生されたり、スライドで画像がチラチラしたりしても意味がありません。

まして、デザインにこだわり過ぎて、アートになってしまった結果、どこに欲しい情報があるのかが、パッと見てわからないようでは本末転倒です。

ですから、デザインは二の次。

まずはコンテンツ(中身)を充実することが必要です。

4.3: 中身に合ったデザイン

中身があって、始めてデザインです。
でも、注意してください。

デザインと言っても、あなたが好きなデザインにするわけではありません。
アートな印象のものでもありません。

あくまで、お客様にとってわかりやすいデザイン。
そしてコンテンツ(中身)に合ったデザインにすることです。

4.4: 中身の充実

コンテンツは最初に作ったら「ハイ、おわり」ではありません。

ホームページを使った集客で効果を出すなら、コンテンツを更新し続ける必要があります。

「じゃあ、よくある日記みたいなので」という方もいらっしゃいますが、その日記がお客様の役に立てるのかどうかです。

役に立てるならコンテンツです。
でも、そうじゃないのなら、ただの日記です。

ポイントは「役に立つ情報」を発信する。

ここを抑えておかないと、ホームページを使った集客での効果は期待できないということになります。

5: より多くの人に見てもらう方法

せっかく発信した「役立つ情報」なら、一人でも多くの人に読んでもらいたいもの。
そんなときに使える方法をご紹介します。

(1)SEO

キーワードを使って検索されたときに、検索結果の上位で表示されるための手法です。

(2)リスティング広告

関連するキーワードで検索されたときに、広告を表示します。
この方法は広告費が必要になります。

(3)SNS

コンテンツを拡散する場合に活用できます。
フェイスブックやインスタグラムなどで拡散されるとアクセス数がグッと増えます。

(4)動画

ユーチューブを代表とした動画サイトに、役立つ情報を用意することもできます。
文字で表現するよりも、動画の方がわかりやすいのなら、使わない理由はありません。

また、動画は親近感を持たれやすいので、コミュニケーションを取るという意味でも有効です。

6: ホームページ集客の事例を3つ紹介

それでは、実際にホームページを使った集客を行っているサイトをご紹介します。
それぞれに特徴がありますから、参考にしてくださいね。

6.1: リディア

リディア

リディアのコンテンツマーケティング

歯磨きが有名な「ライオン」が展開しているのが「リディア」です。

リディアは

  • 生活
  • オーラルケア
  • 健康や美容
  • 子育て

というジャンルに絞って情報を発信しています。

このサイトが凄いのは「社内の専門家」によってコンテンツが提供されていることです。
健康や美容などの専門知識を活かすことで、お客様へ役立つ情報を提供しています。

URL:https://lidea.today/

6.2: どくらぼ

どくらぼ

どくらぼのコンテンツマーケティング

「どくらぼ」は、お口の中に問題を持った人と、歯医者さんを結びつけるマッチングサイトです。
近くの歯医者さんを探すという部分と、お口の中の問題や悩みの対処法を紹介している部分とがあります。

これは「役立つ情報」に満足した患者さん候補が、このサイトから近くの歯医者さんを検索して通院するという、コンテンツマーケティングの基本とも言うべき仕組みになっています。

URL:http://doclabo.jp/

6.3: 解体工事の情報館

解体工事の情報館のコンテンツマーケティング

解体工事の情報館のコンテンツマーケティング

「どくらぼ」と似た考え方である、解体工事業者のマッチングサイトが「解体工事の情報館」です。
コンテンツの内容が充実していますし、専門家からの情報が細かく提供されていますので、突然の解体工事でも「ここを見るだけで全てがわかる」という、コンテンツマーケティングの理想的なサイトです。

これだけ細かく情報があると、ここから解体工事をお願いしてみようと思ってしまいますよね。

URL:https://www.kaitaiguide-blog.net/

7: まとめ

一般的には、ホームページを使った集客は「すばやく、コストが低く、簡単に」できるイメージが伝わっています。

そして、このイメージに惑わされて必要でないホームページのリニューアルを行ってしまう方もいらっしゃいます。
また、残念なことに、ホームページ集客にとって最も大切な「コンテンツ」を充実させたマーケティングに軸を置かないまま、ホームページを制作してしまう場合もあります。

ここまでお読み頂いたあなたは十分に理解されていることですが、ホームページ集客が成功するかどうかを分けるのは、コンテンツという「お客様に役立つ情報」をどれだけ発信していけるかがキモになります。

そしてこの「キモ」を、丁寧に素早くサポートしアドバイスしてくれるパートナーを見つけることが肝心です。

このパートナーは、

  • ホームページ制作会社
  • ビジネスコンサルタント
  • WEBマーケター

など、どんな方でも構いません。
ただしポイントは「キモ」をサポートしアドバイスしてくれるかどうか

あなたがコンテンツを作るときに、

  • コンテンツの作り方を教えてくれるか
  • コンテンツの添削をやってくれるか
  • コンテンツの発信方法を指導してくれるか

このポイントは抑えておくことが必要です。

ぜひ、ここまでお読み頂いたことを参考にして、あなたのビジネスへホームページ集客を取り入れ、その効果を実感してほしいと思います。

 

ホームページ集客を成功に導くコンテンツマーケティングと事例3選

売上UPの為のホームページに興味ある方、他にいませんか?

ホームページを作るということは、インターネット上にあなたの会社の営業マンを置くということです。もし、その目的でなければ、弊社は役不足かも知れません。

SONIDOはあなたの会社の優秀な営業マンを作ることで、あなた会社の売り上げ向上と集客安定化を使命としてやっています。
Googleの理念に基づき、競合他社と差別化するご提案をしております。

もしあなたが

  • ●ホームページから反応がないので、大変困っている
  • ●リニューアルしたいけど、今の制作会社に頼んでも良いのかどうか迷っている
  • ●ライバル店がホームページで売り上げがアップしたと聞いて内心焦っている
  • ●競合の会社よりも集客したいがどうすればいいのか分からない
  • ●ホームページを作りたいけれど、いくらかかるのか調べている
  • ●もっと安定した売り上げを出す仕組みがほしい

などでお悩みならSONIDOのサービスを一度見てみることをオススメします。

最初に結論をお話ししますと、これらの悩みを解決するのは、ご想像のとおり「集客」です。

SONIDOでは、あなたのホームページを制作し公開してから運用まで、バランス良く動かせていくノウハウを、出し惜しみすることなく提供していきます。

売上の不安を解消する3つの戦略を無料プレゼントします!

起業時・社長の不安の1要素は「売上げ」。
自動新規集客、単価UP、リピート化の戦略を知ることでどのように解決するのか?

・売上アップを望む方
・集客の方法が知りたい方
・マーケティングを勉強したい方

は今のうちにゲットしておいてください!

目次を紹介します。

新規顧客の集客を自動化する戦略

1.お客さんの悩み、欲望に響く、集客力が強い商品を準備する
・・・4P
2.お客さんの心に響く、集客できる反応率の良いメッセージをつくる
・・・5P
3.お客さんが目にするメディアにメッセージを載せる
・・・11P

何度も買ってもらう戦略

4.お客さんに忘れられないように継続的にフォローする
・・・14P
5.お客さんが飽きないような工夫をする
・・・15P
6.お客さんが卒業しない工夫をする
・・・15P

単価UPの戦略

7.バックエンド(利益商品)をつくる
・・・17P
8.アップセル・・・より高い価格の商品を薦める
・・・19P
9.ダウンセル・・・グレードダウンした低価格商品を用意しておく
・・・19P
10.クロスセル・・・購入を決定した顧客に対し、関連商品を薦める
・・・20P
11.コントラスト効果・・・対比の中で「安い」と感じる心理効果をつくる
・・・21P

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です