【自信がない方必見】知識と自信がつくアウトプット術

【自信がない方必見】知識と自信がつくアウトプット術

インプットして知識を吸収するのはもちろん大切なことですが、それだけではすぐに忘れてしまいますよね。
意識して特定のことを記憶するのは簡単なことではないので、なかなか覚えられず自信をなくしたという人も珍しくないと思います。

しかし、インプットだけでなくアウトプットも交えれば知識はずっと自分に定着しやすくなります
知識が定着すれば自信をつけるのに役立つので、自信がない人はぜひ意識してみてください。

アウトプットの重要性は高い

なぜアウトプットが知識の定着に重要なのかというと、インプットと比べて要求される難易度が高いからです。

例えば、「他人に教える」というアウトプットを行うとします。
他人に教えるということはその他人が理解できるように知識を説明しなければならず、責任感なども伴ってきます。

もし自分が相手に間違ったことを伝えてしまった場合、恥をかくことになりますし、相手は間違った知識を鵜呑みにして失敗する可能性もあるのです。

インプットに関してはもっと気軽で自己完結的なものです。
たとえ中途半端な理解度であったとしても自分が困るだけで他人に迷惑が及ぶこともありません。

そのため、自分に厳密さを求めず、「いい加減にやってもいいだろう」という気持ちが起きてしまいがちです。

このようなハードルの違いがあることから、アウトプットをすることになった場合、もしくはした場合、モチベーションが高まりやすくなります。
もっと深く知識を理解し、他人に教える際も円滑にできるように努力するようになります。

しかも実際に他人にうまく教えることができた時はハードルが高い分その喜びも大きく、自分を成長させる刺激になります。

教える相手がいない時はどうする?

しかしせっかく「他人に教える」ことをしようと思ってもその肝心の他人がいないという場合もあります。
というのも、どのような知識でも結局好きなものでなくては学ぼうと思わないからです。

自分がいくら教えたくても自分の知識に興味がなければ教えることは不可能ですし、まさか無理やり教えるわけにもいきません。

インターネットのブログを活用

そこで便利なのがインターネットです。
さらにいえばインターネットのブログです。

ブログに自分の知識を書けばそれを全国の不特定多数の人が自動的に訪れて閲覧してくれます。
そのため、実際の生活で教える人がいなかったとしても、気軽にアウトプットできるのです。

実際に顔を合わせて教えなければならないという決まりがあるわけでもないですし、自分以外のものに向けて発信すればそれはすべてアウトプットといえるでしょう。

閲覧者が増えれば自身がつく

人気ブログでもなければブログ記事を書いたからといって1日にそう多くの人が閲覧してくれるわけでもないですが、やはり1人でも見ているというのは大きな違いです。
またある日は1人も閲覧者がいなかったとしても、インターネットで公開しているかぎり、次の日、そのまた次の日に誰かが閲覧する可能性はあります。

こういった状況の中で記事を書くのは緊張感がありますし、閲覧者が増えれば自信をつけるきっかけにもなるでしょう。

ブログを書には、相手目線が大事

ブログ記事を書くコツについてですが、その記事を見る人の目線になって書いてみるとより効果的です。
自分の好きに書けることもブログの魅力ですが、本当にやりたい放題にやってしまうと自己完結的な側面が強くなるので、アウトプットのメリットが薄まります。

できれば実際に閲覧者と顔を合わせて説明するくらいの気持ちで記事を書くのがいいでしょう。

まずは、自分の範囲内での知識の共有をする!背伸びはしない!

ちなみにブログに書く記事の内容はいきなり本格的なものでなくても大丈夫です。
いきなり本格的なものを書こうとするとハードルが上がりすぎてそもそもやる気にならない可能性もあるので、自分の段階に合った内容の記事を書いていきましょう。

書いた文章は復習となり、さらなる知識のステップアップに役立ちます

アウトプットで意識しておきたい3つの心構え

アウトプットをする時は意識の仕方を変えるだけでより多くの知識と自信をつけることができます。
ここで覚えてほしい3つの心構えを紹介しますね!

他人と比べすぎない

自分よりも知識を持っている人、教え方がうまい人はたくさんいます。
しかしそういったことを一々気にしていてモチベーションを下げるのはよくありません。

もし他人を気にするのであれば、いいところを参考にしたり、励みにしたりするといったポジティブな考え方にするべきです。

他から得た知識を丸写ししないこと

他から得た知識をそのまま話したり、書いたりしてもそれは作業を行っただけであまり理解したことにはなりません。
大切なのは知識を自分の中で噛み砕き、自分の考えた言葉で他人に説明することです。

ある分野の知識について何も知らない状態の時は、分野に慣れるためにその分野のブログを読みまくりましょう!
そして、重要なポイントだけを書きだします。
その後、自分が理解できるように文章を作成して、アウトプットしましょう。

目標を設定する

目標はモチベーションを高めるのに役立つので、意識して取り入れるとメリハリのあるアウトプットライフを送れるようになるはずです。
たとえば、「1週間毎日ブログ記事を書く」、「教える相手が完璧に内容を理解する」といった目標を適宜設定し、達成できたかどうかを確認するといいでしょう。

もし達成できなそうであれば目標を設定し直すことも必要です。

小さな目標でもいいので、達成による充実感を得てまた次の目標に向かう活力を補いましょう。

まとめ

自信がない人はインプットだけでなく、適切なアウトプット術を実践し、効率的に知識と自信をつけるのがいいでしょう。
アウトプットはブログなどでもできるので、誰でも気軽に始められます。

また他人と比べすぎないようにしたり、知識を丸写ししないようにしたり、適切な目標を設定したりと、意識しておきたい心構えを押さえておくことで、モチベーションアップに役立ちます。

以上を踏み、まずあなたにやってほしいことは適切なアウトプット方法を探すことです。
この記事では他人に説明したり、ブログ記事を書いたりすることを紹介しましたが、実際には非常に幅広い方法があるので、こだわらず自由に選んでみるといいでしょう。

ある方法ではうまくいかなかったとしても、別の方法を採用したとたん知識と自信がたくさんつくということもあります。

ファーストステップ

アウトプット方法を選べない時はとりあえず何でもやってみるのもひとつの手段です。
うまくいくかどうかは結局実際にやってみなければわからないことなので、ひとつひとつ試してみましょう。

自分に合った方法を見つけたらその時にはじめて専念すればいいのです。
またアウトプット方法を選んだ後は簡単に諦めないことも大切です。

誰でも最初からうまくいくことはありません。
継続することが大事です。

【自信がない方必見】知識と自信がつくアウトプット術

WEB制作会社が知らなかった、ホームページ集客の成功技術をプレゼント!!

約10年間ホームページ制作会社で働き、失敗と成功を経験し 3年以上のホームページでの集客をコンサルティングして結果を出してきた 5年後も安定した収入を作り出せる「ホームページ集客の仕組みづくり」 是非この機会にダウンロードして、あなたのホームページの集客に役立ててください。 もしあなたが
  • ●ホームページ集客を夢で終わらせない戦略
  • ●星の数ほどある中から選んでもらう方法
  • ●ホームページが集客効果を上げるコツ
  • ●ホームページ集客で失敗するポイント
  • ●ホームページ集客を成功へ導くポイント
など、77ページにわたって解説しています。 また内容はホームページ制作会社が知らなかったことや教えてくれないことでもあります。

売上UPの為のホームページに興味ある方、他にいませんか?

ホームページを作るということは、インターネット上にあなたの会社の営業マンを置くということです。もし、その目的でなければ、弊社は役不足かも知れません。

SONIDOはあなたの会社の優秀な営業マンを作ることで、あなた会社の売り上げ向上と集客安定化を使命としてやっています。
Googleの理念に基づき、競合他社と差別化するご提案をしております。

もしあなたが

  • ●ホームページから反応がないので、大変困っている
  • ●リニューアルしたいけど、今の制作会社に頼んでも良いのかどうか迷っている
  • ●ライバル店がホームページで売り上げがアップしたと聞いて内心焦っている
  • ●競合の会社よりも集客したいがどうすればいいのか分からない
  • ●ホームページを作りたいけれど、いくらかかるのか調べている
  • ●もっと安定した売り上げを出す仕組みがほしい

などでお悩みならSONIDOのサービスを一度見てみることをオススメします。

最初に結論をお話ししますと、これらの悩みを解決するのは、ご想像のとおり「集客」です。

SONIDOでは、あなたのホームページを制作し公開してから運用まで、バランス良く動かせていくノウハウを、出し惜しみすることなく提供していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です