SEOキーワードの選定で気を付ける4つのポイント

SEOキーワードの選定で覚えておく4つのポイント

企業がウェブサイトを運営する場合、その目的には様々なものがあります。
人材派遣会社であれば登録者の獲得が目標であり、メーカーであればサイト上で自社製品をより多く販売することを目指します。

新聞社などが運営するページであれば最新の情報や独自の視点で書かれたコラムなどを提供することによって、定期購読者の増加につなげたいという狙いがあります。
とはいえ、これらの目標を達成する上で最初の課題となるのは「サイトへの訪問者をどのように増やすか」ということですね。

全世界では100億を優に超えるホームページが存在するとされており、日本語サイトだけでも1億以上あると言われています。
こうした膨大なサイトの中から自社のサイトを見つけてもらうためにどうしたら良いのだろう」と日々頭を悩ませている経営者は少なくありません。

もしかしたらあなたも同じ悩みを抱えているかもしれませんね。この問題を解決する上で鍵となるのが「検索エンジン最適化(SEO)対策」です。

 SEO対策が企業の成長に不可欠な理由とは

SEOの定義

SEOとは英語の「Seach Engine Optimization」に由来する言葉で、インターネットユーザーが情報の検索を実行した際に、特定のサイトが上位に表示されるよう対策を行うことです。
大半のユーザーは何かを調べたいと思う場合、Googleなどの検索エンジンか、もしくはMSNやYahoo!などのポータルサイトにある検索システムを活用します。

その検索結果はランダムに表示されているわけではなく、それぞれの検索システムに設定されている「アルゴリズム」、つまり特定のルールに則って表示されます。
ですから多くの企業はそれら検索エンジンのアルゴリズムを分析し、そのルールに合わせたサイト作りをすることにより、できるだけ多くのユーザーに自社のサイトを見つけてもらえるようにしているわけですね。

 SEO対策の2つの柱

SEO対策の柱となるのは「コンテンツの定期的な見直し」と「適切なキーワードの選定」の2つです。
検索システムを利用するユーザーが求めているのは「正確であり、なおかつ自分にとって有用な情報」です。

どれほど多くの人がサイトを訪れたとしても、そこを利用したユーザーの満足度が低いなら、企業のイメージアップにはつながらず、顧客の獲得や売り上げ向上、会社としての成長につながることもありません。
検索エンジンとして世界中のユーザーから支持されているGoogleの基本的な考え方は「ユーザーにとって価値のある情報を提供しているサイトが常にランキング上位になること」というもので、この基本理念に合わせて日々検索システムの改良が行われています。

ですから、もしあなたが自社サイトの運営に悩んでおり、サイトの訪問客数を向上させるためにSEO対策を充実させたいと願っているなら、まずは「サイト内のコンテンツは初めて見る人にとって本当に分かりやすく、かつ魅力的だろうか」という点を検証してみると良いでしょう。

 SEO対策はキーワード選定が重要

サイト内のコンテンツを充実させることができたなら、もう1つの重要なSEO対策である「キーワードの選定」を行います。
検索エンジンやポータルサイトの検索システムを利用するためには、調べたい情報に関連する単語を検索欄に入力する必要があります。

自社サイトを運営している企業は「ユーザーが頻繁に検索するキーワード」と「自社サイトのキーワード」を一致させることによって、訪問者を増やす狙いがあるわけですね。

参考:「seoキーワード」の選び方教えます!ホームページ制作のプロが薦めたくなる「キーワードの選び方」

キーワード選定をするのに覚えておきたい4つのポイント

ポイント1:頻繁に用いられている検索ワードをリストアップする

効果的な選定を行うための第1段階は「頻繁に用いられている検索ワードをリストアップする」という点です。

まず自社の事業内容と関連のある単語を思いつく限りリストに書きだします。
そうしたら「検索ワードランキングツール」などを活用してそれらの単語1つ1つを評価していきます。

そうすることにより多くのユーザーがネット検索を行う際、頻繁に活用している単語はどれなのかを見極めることができます。
突出して高い使用頻度の単語が見つかるなら、それを自社の検索ワード候補としてキープしておきます。

「どんなキーワードがいいのか思いつかない」という場合には、同業他社のホームページを参考にしてみましょう。
競合している企業の中で

  • サイトの利用者が近年非常に多くなっている
  • 最近ネット事業で業績が好調
  • 検索すると常にランキング上位に表示される

という企業があるなら、そうした会社のサイトを分析することによって役立つアイデアを見つけることができるはずです。

キーワードの出現頻度に関して自動解析をしてくれるツールがあるので、それを利用することによって「このサイトの効果的な検索キーワードは何か」を見定めることができます。
場合によっては50社から100社ほどのサイトを分析する必要があるでしょう。

これはかなり地道な作業ではあるものの、「ユーザーが利用している単語」を見極めるためには不可欠なステップなので必ず覚えておきましょう。

ポイント2:絞り込み

キーワードを選ぶ第2段階は「絞り込み」です。第1段階で見つけたキーワード候補の中には、類義語や言い回しのよく似ている表現が多数含まれていることでしょう。
その中から特にネットユーザーの使用頻度が高いものだけを選抜して行きます。

この作業に役立つツールとしては、「Keyword Planer」や「Keyword Watcher」などが挙げられます。
これらのツールを利用すると、各単語に対して1カ月当たりのおおよその検索数を調べることができます。

ですから基準となる検索数を決めて、それ以下の単語に関しては候補から外すことにより、単語の数をかなり絞り込むことができるはずです。

ポイント3:関連キーワードの選定

第3段階は「関連キーワードの選定」です。すでに候補となったキーワードと関連する単語を探していきます。
この作業には検索エンジンや検索システムにある補助機能が役立ちます。

例えば検索欄に「旅行」と入力すると、

  • 「旅行、国内」
  • 「旅行、海外」
  • 「旅行、格安航空券」

など、複数の検索関連ワードが自動的に表示されます。
これはユーザーの使用頻度が高いものばかりなので、こうした関連ワードをコンテンツ内に複数記載することでランキング上位に表示される可能性を高めることができるわけですね。

ポイント4:選定したキーワードで検索し検証する

そして第4段階が「選定したキーワードで検索し検証する」というものです。
ユーザーの使用頻度が高い単語はそれだけ利用しているサイト数も多いということが予測できます。

ですから実際に選定した単語で検索を行ってみて、「どの単語なら自社サイトは上位にランキングされやすいのか」を見極めることが求められます。
もしどの単語も他の大手サイトと競合してしまうようなら、関連ワードを増やすことによって差別化を図ることが求められるでしょう。

まとめ

「このキーワードを選んだから一気にサイトの訪問者が増える」ということはほとんどありません。
むしろ検索ランキング上位の常連になるためには時間がかかります。

とはいえ、SEO対策の手間を惜しまず、キーワードの定期的な見直しをしていくなら必ず評判が立ち、利用者は増えていきます。
もしあなたがSEO対策としてキーワードの選定を行おうと思っているなら、まずは自社サイトの情報を徹底的に分析して「他のサイトにはない特別な情報は何か」を見極めることから始めてみましょう

SEOキーワードの選定で覚えておく4つのポイント

WEB制作会社が知らなかった、ホームページ集客の成功技術をプレゼント!!

約10年間ホームページ制作会社で働き、失敗と成功を経験し
3年以上のホームページでの集客をコンサルティングして結果を出してきた
5年後も安定した収入を作り出せる「ホームページ集客の仕組みづくり」

是非この機会にダウンロードして、あなたのホームページの集客に役立ててください。
もしあなたが

  • ●ホームページ集客を夢で終わらせない戦略
  • ●星の数ほどある中から選んでもらう方法
  • ●ホームページが集客効果を上げるコツ
  • ●ホームページ集客で失敗するポイント
  • ●ホームページ集客を成功へ導くポイント

など、77ページにわたって解説しています。
また内容はホームページ制作会社が知らなかったことや教えてくれないことでもあります。

売上UPの為のホームページに興味ある方、他にいませんか?

ホームページを作るということは、インターネット上にあなたの会社の営業マンを置くということです。もし、その目的でなければ、弊社は役不足かも知れません。

SONIDOはあなたの会社の優秀な営業マンを作ることで、あなた会社の売り上げ向上と集客安定化を使命としてやっています。
Googleの理念に基づき、競合他社と差別化するご提案をしております。

もしあなたが

  • ●ホームページから反応がないので、大変困っている
  • ●リニューアルしたいけど、今の制作会社に頼んでも良いのかどうか迷っている
  • ●ライバル店がホームページで売り上げがアップしたと聞いて内心焦っている
  • ●競合の会社よりも集客したいがどうすればいいのか分からない
  • ●ホームページを作りたいけれど、いくらかかるのか調べている
  • ●もっと安定した売り上げを出す仕組みがほしい

などでお悩みならSONIDOのサービスを一度見てみることをオススメします。

最初に結論をお話ししますと、これらの悩みを解決するのは、ご想像のとおり「集客」です。

SONIDOでは、あなたのホームページを制作し公開してから運用まで、バランス良く動かせていくノウハウを、出し惜しみすることなく提供していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です