ブログに記事を投稿しだすと、

「別に、気にならないし」

と、口では言っていても、本当は誰もが気にしていることは

 

「どれだけの人に見てもらえているか」

 

これ、別に間違ってませんよね。

というか、「気になって当然でしょ!」と、僕は言いたい。

 

やれ

  • マーケティングだ
  • 文章力だ
  • マネタイズだ

といっても、まずは見てもらえてないと、どうもこうもありませんから。

 

じゃあ、何を使えば「どれだけ見られているのか」がわかるのかというと・・・

 

ご存じ『Googleアナリティクス』です。

 

今回は初心者の方が『Googleアナリティクス』を使って見ておくポイントを紹介します。

 

『Googleアナリティクス』はできることが多すぎて、初めて見たときは逃げ出したくなるくらい「意味プ~」に感じますから。

 

まずは、最低限必要なところだけを知ってください。

それ以外は、とりあえず「スルー」ということでOKです。

1: なぜGoogleアナリティクスを使うのか

理由は簡単です。

ブログへ「どれだけの人が見に来ているのか」は、ブログの表面だけではわからないからです。

 

美しいデザインのブログだからといって、訪問する人が毎月「500,000人」いるとは限りません。(居るかもしれませんけど。)

普通のデザインのブログだからといって、訪問する人が毎月「500,000人」かも知れません。

 

このようにブログは、外見だけでは見に来ている人のことが、さっぱりわかりません。

「培った勘」という人もいるかもしれませんが、ほとんどの場合「勘」は現実の数字と比べると外れています。

 

ここが重要です。

 

ブログへの訪問者の数は、現実の数字を知らないと、ブログを成長させることが簡単ではなくなります。

 

これ、困りますよね?

 

でも、

  • 毎日の訪問者数や表示数
  • 毎月の訪問者数や表示数
  • どこからやってきているのか
  • どのページを見ているのか
  • どこへ行くのか

 

を知ると、ブログを成長させるポイントが見つけられるようになるんです。

 

それも「勘」ではなくて「数字」で。

「数字」という非常に論理的な根拠を活用することで、ブログの成長を助けてくれるのが、Googleアナリティクスを使う理由です。

 

2: Googleアナリティクスの使い方の基本

早速ですが、Googleアナリティクスの使い方の基本部分を紹介します。

基本の4つが使えると、あなたのブログの状態が明確になります。

 

「数字」は嘘をつきません。

 

現実を見て、ブログを成長させるために、ひとつ一つ使い方を覚えていってください。

(用語の説明は、次の章で行いますので、ここでは「なんとなく」で構いませんので雰囲気をつかんでください。)

 

(1)ユーザーサマリーの使い方

ユーザーサマリーは、あなたのブログの状態を全体的に見ることができます。

  • セッション
  • ユーザー
  • ページビュー数
  • ページ/セッション
  • 平均セッション時間
  • 直帰率
  • 新規セッション率

 

他に、右にある「円グラフ」で、新規の訪問者とリピートされている訪問者の割合が一目で確認できます。

 

まずは、ここを眺めて「増えている~!」という実感をつかんでもらうと、ブログを続ける活力にもなります。

 

(2)集客チャネルの使い方

集客チャネルとは、あなたのブログへ「どこからやってきたのか」がわかるところです。

 

完全ではありませんが、大まかにはわかりますから、どんなところを見た人が、自分のところへ訪問するのかという「傾向」を知ることができます。

 

やってくる経路(流入経路と言います)は

  • Organic Search
  • Direct
  • Referral
  • Social

などにグループ分けされています。

 

それぞれ、具体的にはどういった経路なのかというと

  • Organic Search:GoogleやYahooの検索から来た
  • Direct:お気に入りから来た
  • Referral:他のブログやサイトから来た
  • Social:FacebookやTwitterなどのSNSから来た

 

それぞれの割合がわかってくると、あなたのブログはどういった人に、どうやって見られているかががわかります。

 

(3)行動→すべてのページの使い方

あなたのブログの記事単位の状況がわかります。

 

記事単位の

  • ページビュー数
  • ページ別訪問数
  • 平均ページ滞在時間
  • 閲覧開始数
  • 直帰率
  • 離脱率

がわかります。

 

記事単位に見ることで、どんな内容が興味を引くのか、どんな内容は熱心に読まれるのか、方向性がわかってきます。

 

(4)リアルタイムの使い方

 

訪問者が少ない時期は、あまり使うことはありません。

でも、3ヶ月くらい経って、訪問者が増えてくると便利に使えます。

 

リアルタイムは、今、あなたのブログに訪問している人の情報を見ることができます。

  • 現在の訪問者数
  • やってきた時につかったキーワード
  • 見ている記事
  • どこに住んでいる人なのか

 

メルマガなどを使うようになると、

「お~、メルマガを送信したら、15分後から開封しだしてもらっているようだ」

 

ということが確認できます。

ちゃんと届いていて、ちゃんと見てもらえているのか。

こんなことまでわかるんです。

 

3: Googleアナリティクスでよく登場する言葉の意味

さて、Googleアナリティクスの基本を見てきましたが、普段は聞かないような言葉が出てきましたよね。

そこで、ここでは、Googleアナリティクスでよく使われる言葉の意味をお話します。

 

(1)セッション

Googleアナリティクスでの「訪問回数」のことです。

 

誰かがあなたのブログへ訪問し、あちこちの記事を読み、他のブログへ。

これが1セッションです。

 

でも、セッションは

  • 30分以上動きがなかった
  • 日付が切り替わった

 

次のようになります。

 

例えば、朝の7時に「Aさん」があなたのブログへ訪問し、あちこちの記事を読みました。で、他のブログへ。

18時に仕事が終わり、帰りの電車で「Aさん」は、あなたのブログへ訪問し、あちこちの記事を読みました。で、他のブログへ。

 

この場合、朝から18時までの間、30分以上経過していますから、セッションが切れたことになり、訪問者は同じ人ですが、2セッションとなります。

 

(2)ユーザー

Googleアナリティクスで見るとき、期間の指定をします。

 

その期間内に、どれだけの人が訪問したのかを見る基準値がユーザーですう。

 

例えば、期間を1週間とします。

1週間の中で

  • 「Aさん」は10回訪問しました。
  • 「Bさん」は5回訪問しました。
  • 「Cさん」は20回訪問しました。

 

この場合、ユーザーで表示されるのは「3」になります。

そうなんです。期間内に同じ人が何度訪問しても「1」なんですね。

 

ですから、あなたのブログへやってくる人の正確な数がわかります。

 

(3)ページビュー

よく聞くやつです。

「○○万PV突破~」というやつです。

 

ページビュー(Page View)は、あなたのブログが見られた数です。

 

例えば、「Aさん」が5つの記事を読んだ場合は「5PV」となります。

 

(4)ページ/セッション

「1人の訪問者が、何記事読んでくれたのか」

ということです。

 

例えば、この数字が「3.00」とかになれば、

「1人の訪問者が、3記事読んでくれている」

ということになります。

 

(5)平均セッション時間

「1人の訪問者が、ブログへ訪問し、他へ移るまでの平均滞在時間」

です。

 

あなたのブログへ訪問してから、別のところへ行くまで、だいたい何分居たのかということです。

 

この数字が長いと言うことは、それだけ興味を持ってもらえているということです。

ということは、反対だった場合は、、、記事の内容を充実しましょう。

 

(6)直帰率(ちょっきりつ)

簡単に説明します。

「1記事だけ見て、他へ行った人の割合」

 

例えば、この数字が「100%」だったとした、訪問者は全員、1記事だけ見て、どこかへ行ってしまったということです。

ちょっと残念ですね。

 

この数字が「80%」だったとしたら、訪問者のうちの8割は、1記事だけ見て、どこかへ行ってしまったということです。

これもちょっと残念ですね。

 

この数字を「50%」とかにできれば、誰もが大好きな「ページビュー」をアップすることができます。

なぜかというと、1人の訪問者が、2記事、3記事、5記事と読んでくれれば、ページビューが増えていくからです。

 

(7)新規セッション率

これは簡単です。イメージしやすいです。

「あなたのブログへ訪問した中の“ご新規さん”」の割合です。

 

Googleなどを使って検索して訪問する人が増えると、この数字が増加します。

 

ご新規さんは、あなたのファンにできる可能性が高いです。

「また読みたい!」と思ってもらえる記事を書きましょう!

 

4: Googleアナリティクスで見ておく3つのポイント

ここでは、Googleアナリティクスを使って見ておくことで、あなたのブログに隠された魅力が発見できる3つのポイントを紹介します。

 

(1)どこから来たのか

「2: Googleアナリティクスの使い方の基本」の「(2)集客チャネルの使い方」でお話しましたが、あなたのブログへ「どこからやって来ているのか」を知ることは、訪問数を増やすことにつながります。

もし「Social」からが多いのなら、FacebookやTwitterでの投稿回数を増やすという方法があります。

 

「Direct」が多いのなら、「ファン化」している可能性がありますので、メールアドレスを獲得してメルマガを配信するということも可能です。

「どこからやって来ているのか」がわかると、力を入れる部分がわかってきます。

 

(2)どんなキーワードで来たのか

一定数は、GoogleやYahooの検索から来ていることでしょう。

ということは、何らかの「検索キーワード」を入力しています。

 

ここがポイントで、あなたのブログへ訪問する人が、どんなキーワードを入力しているのかを知ると、記事の内容を充実させることができます。

「訪問者が探していること」がわかると、あなたは記事に解決策を提供することができますよね。

 

そういった記事は、GoogleやYahooから検索され、読まれやすくなります。

ということは、訪問者数が増えると言うことです。

 

ぜひ、次の画面を見て、検索キーワードを調べてください。

 

(3)どの記事を見ているか

これも、「2: Googleアナリティクスの使い方の基本」の「(3)行動→すべてのページの使い方」で出てきたことです。

 

ここを強化することで、より訪問者の滞在時間を延ばすことができます。

また、よく見る記事から、他の記事を紹介することで、ページビューを増やすことにもつなげられます。

 

「よく見られている記事」ということは、興味を持たれやすいテーマだということ。

そのテーマに関連した記事を書くことで、さらに訪問者を増やすことも可能になります。

 

5: まとめ

『Googleアナリティクス』は便利です。

そして、機能が充実しています。

 

でも、それが災いして、慣れないうちは見るポイントすらわかりません。

だから、今回紹介しました「基本」と「3つポイント」を、まずは押さえておいてください。

 

  • SEO対策に重点を置く
  • 広告運営をする
  • 情報商材を販売する
  • アフェリエイトに軸足をおく

こういったことでないのなら、今回紹介しました部分以外を見ることは、ほとんどありません。

 

難しいことを全部覚えようとするよりも、まずは

  • セッションが増えてる
  • ページビューがアップした
  • 平均セッション滞在時間が延びている

という部分を見て、変化を感じ、楽しむことから始めてみてください。

 

ブログは始めて、1ヶ月、2ヶ月で急激に変化が訪れることは、希なケースです。

 

ですから、ブログの成長にあわせて、

あなたも3ヶ月~6ヶ月くらいかけて、ゆっくりと『Googleアナリティクス』を使っていくと、最後はサクサク、パパッと必要な部分だけを見られるようになります。

 

少しずつブログが成長していくのを『Googleアナリティクス』を見て、体感して楽しんでください。

 

PS
ホームページ、ブログは公開してすぐに結果が出るものではありません。

あなたがどれだけ、ブログを更新できるかによって変わってきます。

WEB集客を考えている方は「そろそろブログで集客できても・・・。8割の人が実践しない基本中の基本とは」も参考にしてください。

 

それが、3カ月で結果をだせるのか、1年かかるのかはあなた次第です。

 

▼5年後あなたの仕事がなくならないために▼
↓↓↓
Googleアナリティクスの使い方。初心者がおさえるのはココだった!


WEB制作会社が知らなかった、ホームページ集客の成功技術をプレゼント!!

約10年間ホームページ制作会社で働き、失敗と成功を経験し
3年以上のホームページでの集客をコンサルティングして結果を出してきた
5年後も安定した収入を作り出せる「ホームページ集客の仕組みづくり」

是非この機会にダウンロードして、あなたのホームページの集客に役立ててください。
もしあなたが

  • ●ホームページ集客を夢で終わらせない戦略
  • ●星の数ほどある中から選んでもらう方法
  • ●ホームページが集客効果を上げるコツ
  • ●ホームページ集客で失敗するポイント
  • ●ホームページ集客を成功へ導くポイント

など、77ページにわたって解説しています。
また内容はホームページ制作会社が知らなかったことや教えてくれないことでもあります。



売上UPの為のホームページに興味ある方、他にいませんか?

ホームページを作るということは、インターネット上にあなたの会社の営業マンを置くということです。もし、その目的でなければ、弊社は役不足かも知れません。

SONIDOはあなたの会社の優秀な営業マンを作ることで、あなた会社の売り上げ向上と集客安定化を使命としてやっています。
Googleの理念に基づき、競合他社と差別化するご提案をしております。

もしあなたが

  • ●ホームページから反応がないので、大変困っている
  • ●リニューアルしたいけど、今の制作会社に頼んでも良いのかどうか迷っている
  • ●ライバル店がホームページで売り上げがアップしたと聞いて内心焦っている
  • ●競合の会社よりも集客したいがどうすればいいのか分からない
  • ●ホームページを作りたいけれど、いくらかかるのか調べている
  • ●もっと安定した売り上げを出す仕組みがほしい

などでお悩みならSONIDOのサービスを一度見てみることをオススメします。

最初に結論をお話ししますと、これらの悩みを解決するのは、ご想像のとおり「集客」です。

SONIDOでは、あなたのホームページを制作し公開してから運用まで、バランス良く動かせていくノウハウを、出し惜しみすることなく提供していきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です