前回に続いて、

僕のビジネスパートナーで、セールスコピーライターでありコンテンツライターでもある「雷太さん(仮名)」と打ち合わせしたとき、話題に出た話をお届けします。

 

今回は

『メルマガの構成について』

前回同様、雷太さんには了承を得ておりますので、ご安心ください。

メルマガやっている方は必見です。

 

それでは、どうぞ~。

1: 構成の前にメルマガの種類について

SONIDO サブロー

SONIDO サブロー

『ブログの構成の話の続きで、メルマガの構成はどうなのですか?』

 

雷太さん

雷太さん

『メルマガも構成がありますよ。
メルマガを送るときの「やりたいこと」によって変えることが多いですね。』

 

SONIDO サブロー

SONIDO サブロー

『セールスレターみたいに「スワイプ」あるんですか?』
(スワイプとはテンプレみたいなものです。)

 

雷太さん

雷太さん

『ありますよ。
うまいセールスをしているメルマガから自分で作ったり、クライアントさんから提供されることもありますから、スワイプはあります。』

 

SONIDO サブロー

SONIDO サブロー

『同じようなスワイプなんですか?』

 

雷太さん

雷太さん

『同じクライアントさんの場合は、同じパターンが多いですね。
成功しているパターンなら、それを使い続けるのが鉄則ですから。
反応が落ちたら、別ので、という感じです。』

 

SONIDO サブロー

SONIDO サブロー

『大きくわけると、メルマガに種類があります?』

 

雷太さん

雷太さん

『あると感じてます。
厳密にあるわけじゃないんですけど、何となく使う方向性で分かれるイメージですね。』

 

SONIDO サブロー

SONIDO サブロー

『たとえば?』

 

雷太さん

雷太さん

『メルマガって大きくわけると、3種類あると思ってて

  1. お知らせメルマガ
  2. 関係性構築のためのノウハウ系メルマガ
  3. セールス用ステップメール

ローンチとかは「2」と「3」の合わせ技ですよね。』

 

SONIDO サブロー

SONIDO サブロー

『確かにそうですね。
大手のネットショップで買い物すると「1」のメルマガが多いですし。
あと、店頭でメルマガ会員に登録したところとか。』

 

雷太さん

雷太さん

『そうですね。一応「売り込み」をしてるんですけど、売り込めていないという。』

 

SONIDO サブロー

SONIDO サブロー

『特典とか割引しか見られてないだろう(笑)。
そんな感じですもんね。』

 

雷太さん

雷太さん

『ホントに、そうですね。』

 

2: 売れるメルマガの考え方

売れるメルマガの考え方
SONIDO サブロー

SONIDO サブロー

『メルマガを書くとき、何か考えてますか?』

 

雷太さん

雷太さん

『先ほどの3つのタイプのどれか、ということをまず考えます。

そして、次に

  • 「ペルソナ」
  • 「メールを読ませてどうしてほしいのか」 

ですね。』

 

SONIDO サブロー

SONIDO サブロー

『「どうしてほしいのか」は大事ですね。』

 

雷太さん

雷太さん

『そうですね。
「どうしてほしいのか」が曖昧なメルマガも多いですけどね。

  • 質問してほしいのか
  • リンクをクリックしてほしいのか
  • ブログへ誘導したいのか 

なんとな~く、さら~っと終わっているメルマガ多いです。
関係性が出来上がっているコミュニティなら別ですけどね。
コミュニティが出来上がってるんなら、どんなメルマガ出してもOKですからね。半分以上の人が反応しますから。』

 

SONIDO サブロー

SONIDO サブロー

『ということは、リストとの関係性が全てだということですよね?』

 

雷太さん

雷太さん

『そうですね。
新規のオプトインからだと、どれだけオプトインページで「熱心な人」を獲得できるかですから。
「何かもらえそうだから、とりあえず登録しておこう~」という人に、ステップメールを何通送っても成約しない確率の方が高いですもん。』

 

SONIDO サブロー

SONIDO サブロー

『それはそうですね。興味のない人に売るのは無理と。』

 

雷太さん

雷太さん

『だから、メルマガは

  • どんなランディングページから来た人なのか
  • どんなオファーだから来た人なのか
  • どんなセールスへ向かうのか

この中継ぎでもあるので、前後関係をしっかり確認します。』

 

3: 売れるメルマガの構成

売れるメルマガの構成
SONIDO サブロー

SONIDO サブロー

『それでは、メルマガの構成の話をしましょうか。』

 

雷太さん

雷太さん

『はい。
「お知らせメルマガ」を使う人はサブローさんのブログを見ている人ではないと思うので省いて、他のをパターンごとに話しましょうか。』

 

3.1: ノウハウ提供

雷太さん

雷太さん

『ノウハウを伝えるとか、ヒントを教えるとかですね。
未来での関係性構築向けと言えます。』

 

SONIDO サブロー

SONIDO サブロー

『コンテンツマーケティングだったら、このパターンが多いですね。
ノウハウを伝えて関係性を作るのがメインですから。』

 

雷太さん

雷太さん

『これからは、このパターンが増えてくるかもしれませんね。』

 

SONIDO サブロー

SONIDO サブロー

『で、構成は?』

 

雷太さん

雷太さん

『1通の中を4つのセクションに分けます。

  1. 今回メルマガで教えることの概略と全体像を見せてしまう
  2. ノウハウの理論を話す
  3. 具体的なテクニックを伝える
  4. アクションを起こさせる

前回話をしていた、ブログの構成と同じです。

最後のアクションだけメルマガの場合は、こちらと双方向でやりとりしたいので、

  • 回答ください
  • どう思いますか?
  • アンケートに答えてください

のように、コミュニケーションがとれるようにしておきたいですね。

読まれて終わり、では、もったいないので。
送ってる側の内心からすると「何でもいいから、反応ちょーだい!」ということです。』

メルマガ構成

 

SONIDO サブロー

SONIDO サブロー

『やりとりが増えると「ファン化」するのが早いですからね。』

 

雷太さん

雷太さん

『そこが目指すところなのでね。』

 

3.2: セールス

SONIDO サブロー

SONIDO サブロー

『これは情報商材とかにある、教育するステップメールですね。』

 

雷太さん

雷太さん

『そうです。
5日間とか7日間とか。
長いのだと21日とかありますね。』

 

SONIDO サブロー

SONIDO サブロー

『これは「ノウハウ提供」とは変わりますよね?』

 

雷太さん

雷太さん

『変わりますね。
最終日とか残り3~5日くらいでランディングページへ行かせる必要がありますからね。
「それでは、お待ちかねのオファーです。」でクリックされなかったら・・・死亡ですから。』

 

SONIDO サブロー

SONIDO サブロー

『それは、きびしい・・・。
具体的な構成があるんですか?』

 

雷太さん

雷太さん

『いろいろありますね。
でも、基本の流れもありますから、最初は基本でやってみるのが良いと思いますね。

(1日目)

まずはメルマガの目的をはっきりと伝えましょう。
なぜ、私はあなたに話す資格があるのか。
なぜ、このメルマガを送っているのか。

(2日目)

メルマガの目的に近いのですが、どちらかというと、読み手へのマインドセットですね。
なぜ、あなたはこのメルマガを読まないといけないのか。
そして、これから毎日メルマガを読んで、ベイビーステップで行動起こしましょう。

そんな感じでしょうか。

(3日目)

自分の内面をさらけだすときですね。
かっこよく言うと「理念」を伝えるということですね。
意外ですが、ここで読み手は「ぐっ」ときます。
ここで読み手の心をつかめるのが理想です。

(4日目)

読み手が抱えている「問題」「悩み」をあぶり出します。
そして、自分の商品やサービスで解決できて、理想の未来像を約束します。

(5日目)

最後はセールスしますから、お金がついてまわります。
お金を払うということは、多くの人にとって「最高の痛み」です。
だから、ここで「痛み」をやわらげるお手伝いをします。

お金は持っているだけでは意味がありません。
自分への投資で使わないお金は無意味です。

ということで、お金の価値について話します。

(6日目)

やっとここで商品やサービスの価値と説明です。
第三者目線で、この商品やサービスには価値があるということを伝えます。
「問題」「悩み」を解決するには「これしかない!」という展開です。

テレビ通販で、2回目のCMへ入る直前です。

(7日目)

クロージングです。
もういちど概要を説明して、理想の未来像を語ります。
お金の価値、商品やサービスの価値を語り、販売価格が価値よりも数倍は上回っていることを説明します。

そして、ランディングページへクリック。』

 

SONIDO サブロー

SONIDO サブロー

『結構大変ですよね。こういうのは。』

 

雷太さん

雷太さん

『そうなんです。
ランディングページを作る方が楽ですからね。
とは言っても、最近はステップメールに動画を入れますから、文章を直接書くことは減りましたね。
動画用のシナリオは書きますが、文章を書くというのは減ってます。』

 

3.3: ローンチ

SONIDO サブロー

SONIDO サブロー

『これはジェフ・ウォーカーのやつですね。』

 

雷太さん

雷太さん

『そうです。
ローンチは期間が長いことが多いです。
だから、最初は「ノウハウ系」のメルマガを送って関係性構築に専念。
「FREE戦略」で、コンテンツを出していきながら微調整。
後半になると、セールス的なステップメールに変身。
でも、これ、長いセールスレターを分割したものだと思います。
誰か忘れましたけど、うまいこと言うなぁと思ったのが、「セールスレターを横に寝かせて切ったもの」っていう表現。』

 

SONIDO サブロー

SONIDO サブロー

『なるほど。』

 

雷太さん

雷太さん

『確かにそうなんです。
セールスレターを「章」単位に切ったら、こうなると思いますもん。』

 

SONIDO サブロー

SONIDO サブロー

『で、一般的には、どれが「おすすめ」ですかね?』

 

雷太さん

雷太さん

『どういうマーケティングなのかによりますけど、SONIDOさんの場合だと「コンテンツマーケティング」が主体なので「ノウハウ提供」パターンじゃないですか。
セールス色の強いのは、アフェリエイトとかローンチで使うことが多いですね。
あと、セミナー集客とか。』

 

SONIDO サブロー

SONIDO サブロー

『勉強になりました。ありがとうございました!
インプットしたいんんで…アウトプット…』

 

雷太さん

雷太さん

『OKです。問題ないですよ。
それお決まりですか(笑)』

 

4: まとめ

今回は、メルマガの構成について、ライターさんとのやりとりを紹介しました。

ブログと同じで、メルマガも「構成」が大事だということですね。

 

メルマガを始めてみようという初心者の方は、まずは「ノウハウ提供」パターンからがおすすめです。

前回、今回と2回続けて対談を紹介しました。

 

何かご質問などありましたら、アンケートからご連絡ください。

また、機会がありましたら、打ち合わせ中に出てきた話を紹介したいと思います。

【対談】プロライターが話す売れるメルマガの構成とは?【初心者向け】

WEB制作会社が知らなかった、ホームページ集客の成功技術をプレゼント!!

約10年間ホームページ制作会社で働き、失敗と成功を経験し
3年以上のホームページでの集客をコンサルティングして結果を出してきた
5年後も安定した収入を作り出せる「ホームページ集客の仕組みづくり」

是非この機会にダウンロードして、あなたのホームページの集客に役立ててください。
もしあなたが

  • ●ホームページ集客を夢で終わらせない戦略
  • ●星の数ほどある中から選んでもらう方法
  • ●ホームページが集客効果を上げるコツ
  • ●ホームページ集客で失敗するポイント
  • ●ホームページ集客を成功へ導くポイント

など、77ページにわたって解説しています。
また内容はホームページ制作会社が知らなかったことや教えてくれないことでもあります。

売上UPの為のホームページに興味ある方、他にいませんか?

ホームページを作るということは、インターネット上にあなたの会社の営業マンを置くということです。もし、その目的でなければ、弊社は役不足かも知れません。

SONIDOはあなたの会社の優秀な営業マンを作ることで、あなた会社の売り上げ向上と集客安定化を使命としてやっています。
Googleの理念に基づき、競合他社と差別化するご提案をしております。

もしあなたが

  • ●ホームページから反応がないので、大変困っている
  • ●リニューアルしたいけど、今の制作会社に頼んでも良いのかどうか迷っている
  • ●ライバル店がホームページで売り上げがアップしたと聞いて内心焦っている
  • ●競合の会社よりも集客したいがどうすればいいのか分からない
  • ●ホームページを作りたいけれど、いくらかかるのか調べている
  • ●もっと安定した売り上げを出す仕組みがほしい

などでお悩みならSONIDOのサービスを一度見てみることをオススメします。

最初に結論をお話ししますと、これらの悩みを解決するのは、ご想像のとおり「集客」です。

SONIDOでは、あなたのホームページを制作し公開してから運用まで、バランス良く動かせていくノウハウを、出し惜しみすることなく提供していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です