売り上げをあげるコピーライティング!
簡単に出来るコピーライティングの3つのテクニックとは?

売り上げをあげるコピーライティング!

テレビやラジオのCM、新聞の折り込みチラシやダイレクトメール、ウェブサイトの[PR]表示など、世の中にはモノを宣伝するための広告で溢れています。

その中で消費者に会社名や商品名を覚えてもらいビジネスを成功に導くため、多くの企業は「コピーライティング」に多くの時間と予算を投じています。

大手企業であれば広告代理店と契約して消費者の記憶に残るコピーを提案してもらい、それを大々的に宣伝していきます。
最近はCMだけでなくYahoo!やMSNなど大手インターネットポータルサイトに大規模な広告を展開するケースも多くなっています。

ですが、すべての企業が広告戦略に対して同じように巨額の予算をつぎ込めるわけではなく、むしろ大半の企業は自社内でコピーを準備し、インターネット上に展開しています。

あなたも広告戦略を考えて、よりユーザーや消費者に訴えるコピーを作りたいとは思いませんか?
コピーライティングのテクニックを理解することは売り上げアップのかぎになるので、興味がある方はお付き合いくださいね。

では集客力や会社の売り上げアップにつながるような効果的なコピーを作りたいと思う場合、どんなポイントを覚えておくと良いのでしょうか。

 そもそもコピーライティングって何?

コピーライティングとは「広告(Copy)」と「書くこと(Writing)」を組み合わせた言葉で、「広告内にメッセージを織り込む技術」のことと定義されていて、「キャッチコピー」と呼ばれることもあります。
コピーライティングには「イメージコピー」と「セールスコピー」の2種類があります。

 イメージコピーとは

ファイトイッパーツ「イメージコピー」とは、広告を通して特定の商品や企業に関する消費者の認知度を向上させることや、消費者に対して良い印象を持ってもらうことを意図しています。

つまり「コピーを聞けばどこの会社か、あるいはどの製品の宣伝なのかがすぐにわかる」ということを目指しているのです。

代表的な例として「ファイトー!一発!」「ん~、まずい!もう一杯」「いつやるの?いまでしょ!」といったコピーがあります。

これらは非常に短いコピーではあるものの、これを耳にした大抵の人は商品名や広告主を容易に思い浮かべることができるはずです。イメージコピーは即効性を狙ったものではなく、むしろ商品や会社のブランドイメージや消、費者への認知度を高めるという長期的な視野から活用されるケースが大半です。

なのでコピーの「費用対効果」を明確に算出することはかなり難しいことと言えます。

そのためイメージコピーを採用しているのは、売り上げが比較的安定しており、長期的な広告戦略を立てる余裕のある大企業であるケースがほとんどです。

 こちらが重要!セールスコピーとは

今から30分以内にお電話をいただければさらにお値引きいたします一方「セールスコピー」は商品の販売を目的として作成された文章のことを指しています。セールスコピーの内容は消費者に対して直接的に行動を促すものとなっているため、「ダイレクトレスポンス広告のコピー」と呼ばれることもあります。

今から30分以内にお電話をいただければさらにお値引きいたします
毎月副業だけで50万円稼ぐ秘訣、知りたい方はこちらをクリック
といったコピーを聞いたり目にしたりしたことがある人は多いことでしょう。

セールスコピーの特徴として「費用対効果が計算しやすい」という点が挙げられます。

一例として通販のCMであれば「コピーを含むCM制作費」と「商品の総売り上げ」を比較して、売り上げ額が大きく上回るようであれば「コピーは成功した」と結論することができます。
一方コストが売り上げを上回る場合にはセールスコピーの早急な見直しが求められることでしょう。

効果的なセールスコピーは売り上げに大きく貢献するため、規模を問わず大半の企業が採用しています

 コピーライティングのテクニック講座

では売り上げへの貢献度が分かりやすい「セールスコピー」を書こうと思う場合、どんなポイントを押さえておくと良いのでしょうか。
1つ目は「商品の売り込むポイントを見極めること」、2つ目に「対象を限定すること」、そして3つ目に「3部構成で記述すること」が挙げられます。

 コピーライティングのテクニックその1:「商品の売り込むポイントを見極めること」

商品の売り込むポイントを見極めること優秀な営業マンは自社の商品を顧客に説明しようと思う場合、「商品の特徴」の説明に長々と時間を割くことはしません。
むしろ「商品が顧客にどんなメリットをもたらすか(ベネフィット)」を強調します。

コピーライティングのテクニックも同様で、「この商品(もしくはサービス)があるとあなたの生活はこんなに便利になりますよ」という点をさりげなく文章に織り込むことが大切です。

ただしこの売り込むポイントを見極めるためには、消費者のニーズを知ることが不可欠となります。

そのためには会社のカスタマーサポートセンターに寄せられる相談内容を分析したり、自社製品に関してネット上の評判を調査することなどが役立つでしょう。

例えば家電メーカーで「バッテリーの持ちが悪い」という相談が多い場合には、「バッテリー機能がどれほど向上したか」を新製品を売り出す際のセールスポイントに出来るでしょう。

 コピーライティングのテクニックその2:「対象を限定すること」

対象を限定することコピーライティングのテクニックには「誰に向けたメッセージなのか」をきちんと定めることも含まれます。

「年齢」や「性別」、「現在の悩み」などを決めることで、商品を売り込むためのコピーを選びやすくなります。
例えば即効性の栄養ドリンクを宣伝したいと思う場合、ターゲットの条件が「男性、会社員」というだけではコピーのイメージを絞りにくくなります。

一方「40代、男性、会社員、営業職で出張や残業が多い、朝が起きれない」という詳細な条件設定があれば、商品の特徴を際立たせるようなコピーが作りやすくなるはずです。

 コピーライティングのテクニックその3:「3部構成で記述すること」

3部構成で記述すること成果を上げているコピーライティングは大抵「タイトル」「本文」「結論」の3部構成になっています。

「タイトル」には消費者の関心を呼び覚まし、「役に立つ情報がありそうだ」と思ってもらえるようなキャッチコピーを載せることが不可欠です。
「およそ80%の人はタイトルで読み進めるかどうかを決める」という調査結果もあるため、タイトルの選定には十分時間をかける必要があるでしょう。

続く「本文」では「多くの消費者が抱える悩み」と「それを解決するための秘策」という対比が頻繁に用いられています。
データの希少性を強調するため「最新の情報」や「今だけの限定」といった表現も用いられます。

また実際の体験談などを載せることで情報の信頼性を高めることができます。こうしたデータを目にすると読者は「自分だけが特別な情報を手にした」という優越感に浸ることになります。

そして「結論」では改めて「今すぐ行動することでどんなベネフィットがあるのか」を強調した上で、消費者に「商品の購入」や「アンケートへの応募」など具体的な行動を促します。

 広告戦略のカギはコピーにある!

広告戦略は企業としての成長や売り上げアップに不可欠な分野であり、効果的なコピーライティングはその分野で大きな役割を果たしています。

もしあなたが会社の広告戦略を担当しているものの、コピーライティングのテクニックが分からずに悩んでいるなら、まずは売り出したいと思っている自社製品の強みと、顧客からフィードバックされてきた製品に対する要望を徹底的に分析してみましょう。

そうすることによって「消費者が魅力を感じるポイントは何か」がわかり、コピーの土台となる考えがはっきり見えてきますよ。

こちらもチェック!
5秒で関心を引くためのヘッドラインの作り方

売り上げをあげるコピーライティング!

WEB制作会社が知らなかった、ホームページ集客の成功技術をプレゼント!!

約10年間ホームページ制作会社で働き、失敗と成功を経験し 3年以上のホームページでの集客をコンサルティングして結果を出してきた 5年後も安定した収入を作り出せる「ホームページ集客の仕組みづくり」 是非この機会にダウンロードして、あなたのホームページの集客に役立ててください。 もしあなたが
  • ●ホームページ集客を夢で終わらせない戦略
  • ●星の数ほどある中から選んでもらう方法
  • ●ホームページが集客効果を上げるコツ
  • ●ホームページ集客で失敗するポイント
  • ●ホームページ集客を成功へ導くポイント
など、77ページにわたって解説しています。 また内容はホームページ制作会社が知らなかったことや教えてくれないことでもあります。

売上UPの為のホームページに興味ある方、他にいませんか?

ホームページを作るということは、インターネット上にあなたの会社の営業マンを置くということです。もし、その目的でなければ、弊社は役不足かも知れません。

SONIDOはあなたの会社の優秀な営業マンを作ることで、あなた会社の売り上げ向上と集客安定化を使命としてやっています。
Googleの理念に基づき、競合他社と差別化するご提案をしております。

もしあなたが

  • ●ホームページから反応がないので、大変困っている
  • ●リニューアルしたいけど、今の制作会社に頼んでも良いのかどうか迷っている
  • ●ライバル店がホームページで売り上げがアップしたと聞いて内心焦っている
  • ●競合の会社よりも集客したいがどうすればいいのか分からない
  • ●ホームページを作りたいけれど、いくらかかるのか調べている
  • ●もっと安定した売り上げを出す仕組みがほしい

などでお悩みならSONIDOのサービスを一度見てみることをオススメします。

最初に結論をお話ししますと、これらの悩みを解決するのは、ご想像のとおり「集客」です。

SONIDOでは、あなたのホームページを制作し公開してから運用まで、バランス良く動かせていくノウハウを、出し惜しみすることなく提供していきます。

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です