【必読!】検索ユーザーを満足させる読みやすい文章の構成とは?

検索ユーザーを満足させる読みやすい文章の構成とは?

検索ユーザーへの想いが大切!?

検索ユーザーの想いが大切!?

コンテンツの重要性はわかっているけど、いざ記事を書こうとするとどうやって書いていいのか・・・と悩むことはありませんか?
読みやすい文章の構成を知っていれば、検索ユーザーの満足度を高めることができます。そして、コンテンツが書きやすくなりますし、書くスピードもあがります。

検索ユーザーを満足するコンテンツを作成できれば、あなたはライバルよりも一歩先を行くことができるでしょう。
Googleの理念を見ると分かりますが、究極のSEOとは、検索ユーザーを120%満足させることです。

Googleが掲げる10の理念ではじめにこう言っています。

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

単純明快ですよね。Googleは検索ユーザー(読者)のことをとーーーーっても大事にしています。Googleのファンと言えるこの検索ユーザーにいち早く求めている情報を提供したいと考えています。
なので、検索ユーザーを満足させるコンテンツを作成することが出来れば、SEOが出来てしまうのです。
Googleアルゴリズムは約200項目あると言われています。その項目をすべて把握することはまず無理ですし、自分でやろうとはまず思いませんよね?
でも、検索ユーザーのことを考えて情報を発信することは、やろうと思えば誰でもできます。検索ユーザーのことをどれだけ想えるかどうかです。

検索ユーザーを満足させるためには、コンテンツの内容と、読みやすさが大切です。
なので、今回は検索ユーザーを満足させる読みやすい文章の構成を紹介します。
SEOについてもっと知りたい方は「小手先のSEOテクニック撲滅の時期到来」を参考に!

はじめに覚えてほしい!1記事1テーマで書く

1記事1テーマで書く

よくあるケースですが、色々な情報やアイデアを盛り込んでしまうコンテンツがあります。

めちゃくちゃ気持ちが分かります。

しかし、これも必要あれも必要とおもって、色々書いていたら検索ユーザーは満足しないどころか、自分も混乱してしまいます。
1つの記事では、一貫して1つのアイデアだけ取り上げましょう
テーマを絞ることで読みやすさは全然違ってきますので、1記事1テーマはお忘れなく!

チェックポイント
出来たコンテンツは、翌日に読み返してみましょう。声に出して読むと「ここは噛むな」とか「この文章意味ある?」と色々気付くことがあるので、コンテンツ作成とリライトは分けて行うようにする方が効率的で、読みやすい文章ができますよ!

検索ユーザーが満足する文章の構成を理解する

検索ユーザーが満足する文章の構成を理解する

文章の構成を理解すれば、コンテンツの書くスピードが全然違ってきます。
なので是非参考にしてください。

  1. 目を引くタイトル
  2. タイトルを説明する見出し
  3. 最初の段落で疑問を提起
  4. その疑問に答える主張
  5. 主張を証明する3つのポイントを箇条書き
  6. 結び・行動の呼びかけ

上から順番に説明していきますね。

読みやすい文章構成その1:目を引くタイトルを作成する

まずは目を引くタイトルです。大見出しといったり、ヘッドラインといったりしますが、これはめちゃくちゃ大事ですね。
適当につけちゃってる方も多いのではないでしょうか?

検索結果にでてくるのはタイトルと説明文です。検索ユーザーに思わずクリックしたくなるようなタイトルでなければ、中身を読んでもらえる可能性がぐんと下がります
検索ユーザーに伝えるのはコンテンツです。なので、文章を読んでもらわなければ検索ユーザーを喜ばすこともできません。(涙)

タイトルははじめ仮でつけておいて、文章ができてから再度タイトルを考えることをおすすめします。
そして、タイトルはSEOでとっても重要な役割を果たします。タイトルにはキーワードをきちんと入れるようにしてください。

タイトル作成でこまったら、「5秒で関心を引くためのヘッドラインの作り方」を参考にしてください。
疑問形にしてみるとか、ネガティブ要素をいれるとか、必見・必読・必須などのパワーワードを入れてみるなど工夫をしてあげてください。

読みやすい文章構成その2:タイトルを説明する見出しをつける

文章だけずらずら書いてあったら少し拒否反応おこしませんか?本には絶対に見出しがありますよね。
立ち読みしてついつい買ってしまう本は、見出しがうまくつけられています。見出しは、読者を退屈させることなく読み進めてもらえるという効果があります。

記事も本と一緒です。あなたのコンテンツは何をいっているのか、見出しを見れば理解できるぐらいになっているのが好ましいです。
そして、タイトル同様なるべく、検索ユーザーが興味と期待をもてるような見出し作成をしてください。

読みやすい文章構成その3:最初の段落で疑問を提起する

最初の段落では、疑問を提起して、検索ユーザーを巻き込むことが必要です。疑問に対する答えを知ろうと、検索ユーザーは読み進めてくれます。
検索ユーザーは疑問や悩みがあるから検索するのです。情報がほしいのです。
ターゲットが誰の為の記事なのかがわかれば、そのターゲットの疑問は容易にでてくるはずです。
もしでてこなければ、誰というターゲットが決まっていないので、「誰に何を届けるのか」を考えてください。

読みやすい文章構成その4:その疑問に答える主張をする

その疑問に応える主張をしてください。私はこう思う。なぜなら・・・・だからです。
という感じで、まずは疑問に対するあなたの主張をしてください。

読みやすい文章構成その5:主張を証明する3つのポイントを箇条書きで説明する

魔法の数字といってもいい『3』。
なぜ3つのポイントがいいのでしょうか?

人が抵抗がない数字として、『3』があげられます。例えば3大夜景や3大欲求や3大美人・・などあらゆる所で『3』が使われています。
2でも4でもなく『3』ですね。そして、『3』は印象に残る数字や記憶する数字と言われているので、是非3つのポイントで解説してあげてください。

理由1、2、3みたいな感じで伝えてあげると読みやすく伝わりやすい主張ができます。
箇条書きで説明をした後に、詳しくひとつひとつ説明するのが読みやすくなるポイントです。

読みやすい文章構成その6:結び・行動の呼びかけをする

最後に、行動を呼びかけて絞めましょう。検索ユーザーに満足してもらうには、「役立つ情報と次に何をすればいいのかを伝えること」です。
行動の呼びかけは「この商品買ってね」ということではありません。この記事で気づきや何か感じることがあったなら、検索ユーザーがもっと幸せになるためにしてほしい行動を伝えてあげてください。

あまり無茶な行動ステップを伝えても行動できませんので、簡単な行動ステップを書いてあげましょう。
ここでポイントなのは、すぐにでも取り掛かれそうなことを伝えるということです。

思い立ったらすぐに読みやすい文章を書いてみましょう!

思い立ったらすぐに読みやすい文章を書いてみましょう!

検索ユーザーが読みやすい文章の構成をもう一度みなおしましょう。

  1. 目を引くタイトル
  2. タイトルを説明する見出し
  3. 最初の段落で疑問を提起
  4. その疑問に答える主張
  5. 主張を証明する3つのポイントを箇条書き
  6. 結び・行動の呼びかけ

の構成でした。

次にノートに上記の構成を書き留めましょう!
そして、家族や知人にむけたコンテンツを作成して読んでもらってください。
そこからでいいのではじめてみてはいかがでしょうか?

あなたのコンテンツで検索ユーザーが行動を起こしてくれれば、それは共感したということです。あなたはヒーローやカリスマになれるわけです。そして信頼関係をオンラインで構築することができるのです。
良質なコンテンツはSEOにも効果的であり、かつ見込み客の購買力を高めることができます。

あなたがコンテンツを書き続ければ、そのコンテンツはやがて資産となり、集客やセールスを楽にしてくれるでしょう!

検索ユーザーを満足させる読みやすい文章の構成とは?

WEB制作会社が知らなかった、ホームページ集客の成功技術をプレゼント!!

約10年間ホームページ制作会社で働き、失敗と成功を経験し
3年以上のホームページでの集客をコンサルティングして結果を出してきた
5年後も安定した収入を作り出せる「ホームページ集客の仕組みづくり」

是非この機会にダウンロードして、あなたのホームページの集客に役立ててください。
もしあなたが

  • ●ホームページ集客を夢で終わらせない戦略
  • ●星の数ほどある中から選んでもらう方法
  • ●ホームページが集客効果を上げるコツ
  • ●ホームページ集客で失敗するポイント
  • ●ホームページ集客を成功へ導くポイント

など、77ページにわたって解説しています。
また内容はホームページ制作会社が知らなかったことや教えてくれないことでもあります。

売上UPの為のホームページに興味ある方、他にいませんか?

ホームページを作るということは、インターネット上にあなたの会社の営業マンを置くということです。もし、その目的でなければ、弊社は役不足かも知れません。

SONIDOはあなたの会社の優秀な営業マンを作ることで、あなた会社の売り上げ向上と集客安定化を使命としてやっています。
Googleの理念に基づき、競合他社と差別化するご提案をしております。

もしあなたが

  • ●ホームページから反応がないので、大変困っている
  • ●リニューアルしたいけど、今の制作会社に頼んでも良いのかどうか迷っている
  • ●ライバル店がホームページで売り上げがアップしたと聞いて内心焦っている
  • ●競合の会社よりも集客したいがどうすればいいのか分からない
  • ●ホームページを作りたいけれど、いくらかかるのか調べている
  • ●もっと安定した売り上げを出す仕組みがほしい

などでお悩みならSONIDOのサービスを一度見てみることをオススメします。

最初に結論をお話ししますと、これらの悩みを解決するのは、ご想像のとおり「集客」です。

SONIDOでは、あなたのホームページを制作し公開してから運用まで、バランス良く動かせていくノウハウを、出し惜しみすることなく提供していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です