人に行動をさせる為にデッドラインを作ろう!

デッドラインが必要

デッドラインという言葉を知っていますか?
デッドラインとは締め切りを表します。

あなたに家には数多くのチラシが届いていると思います。
その中でデッドラインは必ず入っています。

○○キャンペーン!○○(期日)まで有効。

チラシに限らずデッドラインはあらゆる場面で使われています。

なぜデッドラインが必要なのか?

デッドラインは人を行動させる最も強い原則だからです。

人が物を買うときに考える時間が多いほど、
その商品は売れません。
もしデッドラインがない場合、人は「後でいいや」と思ってしまいます。

小学生のころ夏休みの宿題ってありましたよね?
休みの期間は決まっていますが、学校が始まる直前まで
何もしなく、直前になって宿題をやるといったケースはなかったでしょうか?

これもデッドラインが決まっているため、行動を起こさせていました。
休みが長い場合と短い場合を考えてみてください。

休みが長い、要するにデッドラインの期間が長ければ人はなかなか行動しません。
しかし、休みが3日しかなかった場合はすぐに行動するでしょう。

デッドラインをただ設定するだけでなく
デッドラインをいつに設定するかというのもすごくキーポイントになります。

ある商品でデッドラインを作ったとします。
その期間が二カ月あったら、あなたのオファーは忘れられるかも知れません。
短い方が効果的なのです。

あるチラシが届いた。デッドラインは2日。

私の家には○○ピザのチラシがよく届きます。
チラシが届いて、割引のオファーだったと思うのですが
2日しか猶予を与えてくれなかったのです。

すぐにピザを頼みました。(笑)

商品の値段でデッドラインの設定はした方がいいと思いますが
単純ですよね。
考える時間を与えさせなければ、よいオファーには食いつきます。
買わない理由を考えさせては商品は売れません。

現代は色々な情報をすぐに手に入れることができたり
一度にいろんな事をやろうとして
いわゆる注意欠陥症候群になっています。

なので集中してキャンペーンを見るという事も出来ない状態とも言えます。
なので考える時間を与えてはいけまえん。

「デッドラインがなければそれはオファーではない」
ダン・ケネディも言っています。

1つのキャンペーンに対して3回は宣伝しよう

1回の宣伝では人はすぐに忘れてしまいます。
例えばある商品をリリースしてデッドラインを2週間とる事にしましょう。

初回に宣伝した日から1日~2日で売上が上がり
そして最後の2日でまた売上が上がるという事例があります。

2週間、安定的に売り上げがあがるわけではありません。

なので一回宣伝で終わりではなく、
間に一回宣伝、
締め切りまじかにまた宣伝して
オファーを忘れなくさせてあげましょう。

ある程度長いデッドラインを作ったなら
何度も宣伝をして忘れさせない工夫をしましょう。

デッドライン間際の方が商品は売れるので
デッドライン間際の宣伝は必ず行いましょう。

デッドラインは期日だけではない

ある商品が10個だけあるとしましょう。
その10個がなくなり次第、キャンペーンは終了というのもデッドラインです。

人は手に入らないものを欲しがる習性があります。
エルメスが成功している一つの要因として
限定性で商品を作っているという事が言えます。

商品に限りがあるから人が欲しがるのです。

いつでも手に入るものは誰も欲しがらない。
価値がないと思ってしまうのです。

しかし、この期間だけしか手に入らないとか
商品の数が決まってしまっていたら人は欲しがるという事を
頭にいれて、デッドラインを作ってみましょう。

ホームページでもキャンペーンページを作って
頻繁に更新する事をしてみてはいかがでしょうか?

▼5年後あなたの仕事がなくならないために▼
↓↓↓
デッドラインが必要


WEB制作会社が知らなかった、ホームページ集客の成功技術をプレゼント!!

約10年間ホームページ制作会社で働き、失敗と成功を経験し
3年以上のホームページでの集客をコンサルティングして結果を出してきた
5年後も安定した収入を作り出せる「ホームページ集客の仕組みづくり」

是非この機会にダウンロードして、あなたのホームページの集客に役立ててください。
もしあなたが

  • ●ホームページ集客を夢で終わらせない戦略
  • ●星の数ほどある中から選んでもらう方法
  • ●ホームページが集客効果を上げるコツ
  • ●ホームページ集客で失敗するポイント
  • ●ホームページ集客を成功へ導くポイント

など、77ページにわたって解説しています。
また内容はホームページ制作会社が知らなかったことや教えてくれないことでもあります。



売上UPの為のホームページに興味ある方、他にいませんか?

ホームページを作るということは、インターネット上にあなたの会社の営業マンを置くということです。もし、その目的でなければ、弊社は役不足かも知れません。

SONIDOはあなたの会社の優秀な営業マンを作ることで、あなた会社の売り上げ向上と集客安定化を使命としてやっています。
Googleの理念に基づき、競合他社と差別化するご提案をしております。

もしあなたが

  • ●ホームページから反応がないので、大変困っている
  • ●リニューアルしたいけど、今の制作会社に頼んでも良いのかどうか迷っている
  • ●ライバル店がホームページで売り上げがアップしたと聞いて内心焦っている
  • ●競合の会社よりも集客したいがどうすればいいのか分からない
  • ●ホームページを作りたいけれど、いくらかかるのか調べている
  • ●もっと安定した売り上げを出す仕組みがほしい

などでお悩みならSONIDOのサービスを一度見てみることをオススメします。

最初に結論をお話ししますと、これらの悩みを解決するのは、ご想像のとおり「集客」です。

SONIDOでは、あなたのホームページを制作し公開してから運用まで、バランス良く動かせていくノウハウを、出し惜しみすることなく提供していきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です