売上を上げる集客ホームページ制作なら神奈川県藤沢市のソニド-SONIDO-

【今だけ限定】WEB制作会社が知らなかった、WEB集客の成功技術を無料プレゼント

コンテンツマーケティングの課題を発見し効果を高める6つのポイント

 
SONIDO 須山
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
SONIDO 須山
コンテンツマーケティング・集客ネタ・マーケティングネタなど不定期ですが更新しています! 楽しんで仕事ができる!全てはテストというマインド!をモットーに日々精進しております!!
詳しいプロフィールはこちら

ホームページやブログから価値のある情報を発信しているところが、少しずつですが増えてきています。

しかしお客様を増やせるホームページやブログに育っていないところがあります。

 

これには原因がありまして、実に簡単なことなんです。

 

その答えとは

 

「現状を分析し改善する」

 

ホームページやブログに限らないと思うのですが、どんな集客の方法も「現状を分析し改善」し続けないと効果は向上しませんし、いつかはうまく行かなくなります。

 

そこで、ホームページ集客を専門にしているSONIDOもやっている、ホームページやブログの集客効果をもっとアップさせるために欠かせない「現状分析と課題の発見」6つのポイントを紹介します。

 1: アクセス解析

アクセス解析

現状分析と課題発見の代表と言えば、誰もが一度は聞いたことのある

 

「Googleアナリティクスを使ったアクセス解析」

 

アクセス解析では次のようなことがわかります。

 

  • 1日にどれくらいのページが見られているのか
  • 1日にどれくらいのユーザーが訪問してくれているのか
  • 1人のユーザーは何ページくらい見てくれているのか
  • 1ページをどれくらい時間をかけて読んでくれているのか

 

また、

 

  • どこのサイトから訪問者が来ているのか
  • サイトの中でどのように回遊したのか
  • どの地域の人が多いのか
  • どの時間帯が多いのか
  • どの曜日が多いのか

 

感情ではなく論理的な数値で情報がわかりますから、私たちも分析しやすくなります。

 

例えば、訪問してくれているユーザー数と見られているページ数が同じくらいなら、1つのページを見た後、他のページには興味を持ってもらえていないと言うことになります。

 

根本的に訪問してくれるユーザー数が増えないのなら、検索されやすい「キーワード」を選定して活用出来ていないかもしれないですね。

 

何にせよ、感情を入れない、論理的な数値を元に現状を分析することは、課題を発見するために必要な要素となります。

 

ぜひ、Googleアナリティクスを活用して、現状分析から課題を発見してください。

 

2: Google Chrome Page Analytics

Google Chrome Page Analytics

ホームページやブログへのアクセス。

選ばれたページ。

ページが読まれている時間。

 

ここまでは、Googleアナリティクスで分析し課題を発見することができます。

 

しかし、もう一歩踏み込んだ分析を行いたいことがあります。

 

それは、ホームページやブログ、記事の中で

 

「どこがクリックされているのかを知りたい」

 

こんな欲求です。

 

 

どこがクリックされているかがわかると、どこがクリックされていないのかもわかります。

 

ホームページの上部のメニューはクリックされやすいけれど、右横はあまりクリックされにくいとか。

 

クリックされにくいということは、そもそも視線が行ってないことが多いですので、そんな場所にメッセージを置かないという改善も考えられます。

 

反対に、もっともよく見られているところ(クリックされているところ)に、重要な記事へのボタンやリンクを設置する。

 

こういうことが分かると、ボタンやリンクの設置場所や色を改善できます。その結果、お客様の反応は断然変わってきます。

 

ぜひ、現状分析と課題の発見を行うために、Google Chrome(ブラウザーですね)の拡張機能である「Page Analytics (by Google)」を使ってみてください。

 

3: 3C分析

3C分析

3C分析をご存じでしょうか?

 

3Cとは、次の3つの「C」を表しています。

  • Customer (市場や顧客)
  • Competitor (競合)
  • Company (自社)

 

市場や顧客、競合の変化を知り、自社の対応を考える分析手法です。

 

例えば、

 

  • 今のターゲットは誰なのか
  • そのターゲットのどんな問題を解決できるのか
  • ターゲットの未来はどんな状態なのか
  • どうして自社(他社)から買うのか
  • 市場や顧客、競合の変化に対して自社はどのような対応をしているのか

 

こういったことを洗い出し分析することで、ホームページやブログから提供するコンテンツの方向性やアイデアが明確になってきます。

 

ちなみに「3C」を分析する項目を書きますと、次のような項目になります。

Customer(市場・顧客)

  • 市場規模(大きいかニッチか)
  • 市場の将来性(広がるか小さくなるか)
  • 顧客がほしいもの(こと)

Competitor(競合)

  • 競合が自社よりも強いこと
  • 競合が自社よりも弱いこと
  • 競合が行っているサービスの範囲

Company(自社)

  • 自社にしかない独自の強み
  • 自社の弱み
  • 自社が行っているサービスの範囲

ぜひ「3C分析」を行ってください。

思いもしていなかった「強み」があぶり出されるかもしれません。

 

4: ヒアリングやアンケート

ヒアリングやアンケート

アクセス解析で、どれくらいの訪問者があるのかがわかりました。

どれくらいの時間を書けて、記事を読んでくれているのかもわかりました。

 

どんなページをクリックしてくれているのかもわかったし、クリックされない場所もわかりました。

 

3C分析により「自社の強み」が明確になってきました。

 

 

では、次に必要なこととは、どんなことなのかというと、、、

 

「お客様から直接お話を聞く」

 

これが非常に大切になってきます。

 

 

直接電話口でお話してもいいですし、アンケート用紙を作成して答えていただくのでも構いません。

 

ここで私たちが手に入れたいことは、私たちが分析して考えた「課題」は、お客様と私たちの間にズレを起こしていないかを知ることなんです

 

 

数値やデータだけではわからない、人の感情的な部分。

表向きの話しとは違う、家の台所で話すような本当の理由。

 

実際にホームページをご覧になった方からいただく感想は、今後のホームページやブログを改善するための非常に貴重な意見となります。

 

SONIDOのクライアント様の中でも、ホームページからお問い合わせをいただいたときには

  • わかりやすかった点
  • わかりにくかった点

 

こういったことを常にお聞きされ、改善を続けられているところもあります。

 

5: ユーザービリティテスト

ユーザービリティテスト

簡単に言うと「使いやすいかどうか」。

 

ホームページやブログに訪問された方は、どんな流れで見ているのか。

知りたい情報へ、すぐ簡単に、迷わず到達できているか。

 

「どうして?」や「どうすれば?」

 

このような疑問に先回りして、答えを用意することができているか。

 

大規模な予算や施設を使わなくても、ちょっとしたお客様とのコミュニケーションや、まわりの人の意見を聞き逃さないだけで、現状を分析し課題を見つけることができるでしょう。

 

6: 専門家によるレビュー

専門家によるレビュー

「餅は餅屋」です。

 

SONIDOもそうですが、ホームページやブログで集客することを仕事にしている人、いわゆる「専門家」という人に意見を求めるのもいいですね。

 

専門家というのは、やはりいろいろなノウハウや知識を持っていますし、実経験もあるので「本当の課題」を見つけることに長けています。

 

そして、何より専門家は

 

「長い時間、それについて考え、テストを繰り返している」

 

こういう事実があります。

 

 

SONIDOも仕事ですから長い時間を使って考えてます。

休日でも、頭の片隅では常に考えていることが多いです。

そして、あれこれテストしています。

 

専門家にレビューを依頼することは、あなたの貴重な時間的リソースを確保することができます。

また、専門外のことに労力をつぎ込む必要もなくなります。

 

可能であれば、ホームページやブログの制作を依頼された会社や個人事業主さんへ「レビュー」を頼んでみてください。

 

きっと、あなたにとって予想外な「現状の分析」と「課題」を教えてくださると思います。

 

 

もし、今は身近にそういう会社や個人事業主さんがいらっしゃらないのなら、SONIDOのお問い合わせからご質問いただければ、お答えできる範囲で丁寧にお返事させていただきます。

 

また、メルマガに登録しておいていただくと、不定期ですが「無料相談会」も行っていますので、タイミングが合えばご利用いただけるといいと思います。

 

7: まとめ

ホームページやブログの改善は、今回お話しました6つのポイントを基本に、現状を分析し改善する課題を発見することが大切です。

何となく、根拠なく、あちこち触ったり変更したりする人もいるのですが、改善するための「課題」を先に発見しておかないと、闇雲に知ったノウハウを試すだけで終わってしまいます。

 

その結果、改善された成果が感じられないばかりか、時間ばかり使って何も得られなかったという敗北感を背負うことになるかもしれません。

 

だから、今回ご紹介しました6つのポイントから、あなたのホームページやブログの集客を改善させるため「現状分析」を行い「課題」を発見してください。

 

 

まず、あなたがやることは、慌てて手をかけるのではなく

 

『現状を分析し課題を発見する』

 

これが最優先です。

 

本当の課題を発見し改善することは、大きな成果を生み出すきっかけになります。

ぜひ、取り組んでみてください。

 

 

 

WEB制作会社が知らなかった、
ホームページ集客の成功技術をプレゼント!!

約10年間ホームページ制作会社で働き、失敗と成功を経験し、3年以上のホームページでの集客をコンサルティングして結果を出してきた、5年後も安定した収入を作り出せる「ホームページ集客の仕組みづくり」

是非この機会にダウンロードして、あなたのホームページの集客に役立ててください。
もしあなたが

●ホームページ集客を夢で終わらせない戦略
●星の数ほどある中から選んでもらう方法
●ホームページが集客効果を上げるコツ
●ホームページ集客で失敗するポイント
●ホームページ集客を成功へ導くポイント

など、77ページにわたって解説しています。
また内容はホームページ制作会社が知らなかったことや教えてくれないことでもあります。

この記事を書いている人 - WRITER -
SONIDO 須山
コンテンツマーケティング・集客ネタ・マーケティングネタなど不定期ですが更新しています! 楽しんで仕事ができる!全てはテストというマインド!をモットーに日々精進しております!!
詳しいプロフィールはこちら

自社集客を成功させたい方、他にいませんか?


ホームページを作るということは、インターネット上にあなたの会社の営業マンを置くということです。もし、その目的でなければ、弊社は役不足かも知れません。

SONIDOはあなたの会社の優秀な営業マンを作ることで、あなた会社の売り上げ向上と集客安定化を使命としてやっています。 Googleの理念に基づき、競合他社と差別化するご提案をしております。

もしあなたが

●ホームページから反応がないので、大変困っている
●リニューアルしたいけど、今の制作会社に頼んでも良いのかどうか迷っている
●ライバル店がホームページで売り上げがアップしたと聞いて内心焦っている
●競合の会社よりも集客したいがどうすればいいのか分からない
●ホームページを作りたいけれど、いくらかかるのか調べている
●もっと安定した売り上げを出す仕組みがほしい

などでお悩みならSONIDOのサービスを一度見てみることをオススメします。
最初に結論をお話ししますと、これらの悩みを解決するのは、ご想像のとおり「集客」です。

SONIDOでは、あなたのホームページを制作し公開してから運用まで、バランス良く動かせていくノウハウを、出し惜しみすることなく提供していきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

“ホームページ”からの集客を安定させるレポートを
無料でプレゼント

WEB制作会社が知らなかった
ホームぺージ集客の成功技術

ホームぺージが自動的にあなたにぴったりなお客さんを集めてくる!
無料レポートを
今すぐダウンロード
close-link