集客するなら知っておこう!マーケティング戦略とは?

マーケティング戦略

顧客の気持ちになってマーケティング戦略を練ることが重要

今ではいろいろと価値観が多様になってきていますよね。このため高度経済成長期やバブル時代の日本のように、良いものを作れば売れるという時代ではなくなると思います。
商品を売るためには、興味を持っているお客さんをいかにひきつけるか、これが大きなポイントになってくるでしょう。

そしてもう一つ重要なカギを握ってくるのが、インターネットです。

私も含めてですが何か調べるときに、パソコンやスマホに手を伸ばしてネットで情報収集しませんか?
このWEBにおけるマーケティング戦略をきちんと押さえられるかどうかも、ビジネスに成功するためのポイントですね。

これからのマーケティングは顧客が主役

m2

これまで一般の人が情報を得る手段というのは限りがありました。テレビやラジオから流れてくるコマーシャル、チラシといったものでした。
しかしインターネットをはじめとしたITが発達することで、今まで受け身的に情報をもらっていた一般の人たちが、自分からネットなどで情報を調べて探す時代になったのです。
そして情報はインターネットが普及したことで急速に膨れるようになりました。
ちなみに私の作成しているこの情報だって、ネットが普及していない20年くらい前までは発信することすらできなかったと思います。

ここ10年でメディアの発信する情報量は530倍になったというデータも出ているほどです。あふれにあふれている情報の中から何を信用するか、それは見ているお客さんがそれぞれの意思で取捨選択しなければならないわけです。その意味では、お客さんは情報を集めるときに主体的に動くとも言えますね。

あなたはネットで情報収集するときに、おそらくYahoo!やGoogleのような検索エンジンを利用していると思います。自分の知りたい情報のキーワードを入力して検索にかけ、ヒットしたサイトの中からピックアップしているはずです。この検索エンジンを使って調べるにあたって、いかにより多くの人に自分のWEBサイトを見てもらうか、これもマーケティング戦略の中で重要なポイントに今後なってくると思いますね。

戦略的SEOがポイント

戦略的SEO

インターネットで検索にかけて、閲覧するサイトを取捨選択している、この流れをしっかり押さえることが大事です。
そのためには、戦略的SEOがどうしても必要になるわけです。戦略的SEOをするうえでまず重要なのは、「お客さんがどんなキーワードで検索をかけているか?」を把握することです。

細かく検索マーケティングを実施する事で、潜在的なお客さんがどのようなニーズを持っているのかを知ることができ、それに見合った情報や商品、サービスを提供することで安定した売り上げに持っていくことができるのではないでしょうか。

またキーワードについてもいろいろなパターンを検討する必要があります。
たとえば「オンラインゲーム」というキーワードで検索する人は、いくらでもいますよね。しかしオンラインゲームだけでは、いろいろなパターンが想定できると思います。最新作のオンラインゲームを探している人もいれば、オンラインゲーム業界で仕事をしたいプログラマーも検索をかけている可能性も想定できます。
またどの地域から検索にかけているかも重要なポイントになるでしょう。
実はオンラインゲームを販売している会社がただ単に「オンラインゲーム」というキーワードでSEOをしても、実際にお客さんになる可能性もある人はキーワード検索している人全体からみると、1%にも届かないと思います。

そこでSEO対策をする場合には、複合ワードも想定していく必要があります。複合ワードになれば検索の頻度も、ぐっと少なくなるかもしれません。しかし見込み客になる可能性の高いキーワードをピックアップできるようになります。成果に結びつく可能性の高いキーワードを意識して、SEO対策をすることで効率的に集客効果を見込めるようになるわけです。

メディアミックスを意識しよう

メディアミックス

インターネットでサクサク検索して情報収集する人は、どんどん増えています。ではテレビやラジオ、チラシ、パンフレットのような昔からあるメディアを使った宣伝活動は意味をなさないかというと決してそうではありません。むしろこのような昔からあるメディアとインターネットを組み合わせるメディアミックスの活用で、さらなる相乗効果を生み出す可能性もあります。

たとえば、チラシやコマーシャルを見てWEBサイトにアクセスしようと思う人もいるでしょうし、店舗でキャンペーンを行ったところ、また何かキャンペーンをやっていないか調べるためにホームページにアクセスするという可能性も期待できます。
個別のメディアを使うという点ではなく、メディアミックスという線を意識した施策が今後は重要なポイントになってきます。

ただしやみくもに複数のメディアを組み合わせても、相乗効果が生まれないかもしれません。そこで大事なのは、顧客になるまでのプロセスを想定することです。
商品やサービスを購入してくれるお客さんになってくれるためには、まず接点を持ってから興味を持ち…といった感じで何ステップか踏むと思います。その工程をイメージして、お客さんを引き寄せるにはどのメディアを組み合わせるのがベストなのかを考えた方がいいでしょう。

またメディアミックスを仕掛けて成功している事例もあれば、失敗している事例もあります。
失敗するのにはいろいろな要因が考えられますが、その中でも大きいのはメディアごとにイメージがバラバラになってしまっていることが結構多いような気がします。

一貫性がないと、せっかく複数のメディアを追いかけてくれたお客さんも「あれっ?」という風になります。
その結果、せっかく途中まで宣伝効果があったのに、肝心な商品やサービスの購入という結果までつなげることができないケースも多々見られますね。ビジュアルアイデンティティとかコーポレートアイデンティティといった言葉も使われますが、企業イメージがどのメディアを見ても一致するような戦略を練る必要があります。

最後に

企業の戦略を見てみると、いまだに旧態依然とした手法をとっている企業も見られます。
たとえばWEB会員登録をすると、1日に何通もメルマガを送りつけるとか、時間帯関係なしで営業の電話をかけるといった手法です。皆さんがその売り込みを受けたらどう思いますか?

1日に何通もメルマガが届けば「うっとうしいな」と思って、迷惑メール設定にするとか、受信拒否にしませんか?
何度も電話がかかってくるようであれば、特定の番号からの呼び出しは出ないで無視しませんか?

少なくても私はそうします。なんとか売り込みをあの手この手でかけてみたいと思う気持ちはわかります。でも独りよがりな営業は、かえってお客さんの心を突き放してしまう結果になりかねません。
これからの時代、いかにお客さん自身が価値のある情報だと思えるような営業をかけるかが売れる商品・サービスを出すために重要なポイントになります。

マーケティングのシステムが変わった以上、営業戦略も変えていかないと「今後も続くビジネス」になるのは難しいかも知れません。

マーケティング戦略

WEB制作会社が知らなかった、ホームページ集客の成功技術をプレゼント!!

約10年間ホームページ制作会社で働き、失敗と成功を経験し 3年以上のホームページでの集客をコンサルティングして結果を出してきた 5年後も安定した収入を作り出せる「ホームページ集客の仕組みづくり」 是非この機会にダウンロードして、あなたのホームページの集客に役立ててください。 もしあなたが
  • ●ホームページ集客を夢で終わらせない戦略
  • ●星の数ほどある中から選んでもらう方法
  • ●ホームページが集客効果を上げるコツ
  • ●ホームページ集客で失敗するポイント
  • ●ホームページ集客を成功へ導くポイント
など、77ページにわたって解説しています。 また内容はホームページ制作会社が知らなかったことや教えてくれないことでもあります。

売上UPの為のホームページに興味ある方、他にいませんか?

ホームページを作るということは、インターネット上にあなたの会社の営業マンを置くということです。もし、その目的でなければ、弊社は役不足かも知れません。

SONIDOはあなたの会社の優秀な営業マンを作ることで、あなた会社の売り上げ向上と集客安定化を使命としてやっています。
Googleの理念に基づき、競合他社と差別化するご提案をしております。

もしあなたが

  • ●ホームページから反応がないので、大変困っている
  • ●リニューアルしたいけど、今の制作会社に頼んでも良いのかどうか迷っている
  • ●ライバル店がホームページで売り上げがアップしたと聞いて内心焦っている
  • ●競合の会社よりも集客したいがどうすればいいのか分からない
  • ●ホームページを作りたいけれど、いくらかかるのか調べている
  • ●もっと安定した売り上げを出す仕組みがほしい

などでお悩みならSONIDOのサービスを一度見てみることをオススメします。

最初に結論をお話ししますと、これらの悩みを解決するのは、ご想像のとおり「集客」です。

SONIDOでは、あなたのホームページを制作し公開してから運用まで、バランス良く動かせていくノウハウを、出し惜しみすることなく提供していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です