売上を上げる集客ホームページ制作なら神奈川県藤沢市のソニド-SONIDO-

【今だけ限定】WEB制作会社が知らなかった、WEB集客の成功技術を無料プレゼント

【EFO対策】問い合わせフォームを最適化して途中離脱を阻止する方法

 
SONIDO 須山
WRITER
 
【EFO対策】問い合わせフォームを最適化して途中離脱を阻止する方法
この記事を書いている人 - WRITER -
SONIDO 須山
コンテンツマーケティング・集客ネタ・マーケティングネタなど不定期ですが更新しています! 楽しんで仕事ができる!全てはテストというマインド!をモットーに日々精進しております!!
詳しいプロフィールはこちら

ホームページやブログのPV数が上がってくると、次に気になるのは

 

「いつから問い合わせがやってくるのか」

 

ではないでしょうか?

 

 

あなたがビジネスでホームページやブログを公開し、情報を発信しているのなら「問い合わせ」は外すことの出来ない「成果」のひとつ。

 

・・・にも関わらず、手抜きされているところも多いです。残念、、、。

 

 

そこで、せっかくコンテンツを提供し、訪問数も増えてきているのに、

 

「お問い合わせがない」

 

とお悩みのあなたへ、SONIDOがやっている解決ノウハウを紹介したいと思います。

1: EFO対策と問い合わせ数(売上数)の関係

 EFO対策と問い合わせ数(売上数)の関係

多くの人は、「たかがお問い合わせ」と考えていることでしょう。

 

そういう私、SONIDOの須山も、過去はそんな風に思ってました。

 

 

「お問い合わせなんて、フォームがあれば送ってくるって」

 

 

でもね、この考え方は大きな間違いでしたね。ホント、残念以外ありえない思考ですね。

だから、いろいろと勉強したりテストを繰り返しましたね。

 

で、そうやって「入力フォーム」を最適化することを

 

「EFO対策」

 

と呼ぶ、ということもその時に知りました。

 

(EFOとは「Entry Form Optimization」の頭文字を取った略語でして、ECサイト(通販系のサイトですね)などの資料請求やお買い上げフォームの入力率を向上させ、成約へ通過させる対策です。)

 

 

そんなEFO対策には、次の3つの目的があります。

 

  • ユーザーの入力の手間を減らす
  • ユーザーの入力時に受けるストレスを減らす
  • ユーザーの入力フォーム利用率を上げる

 

具体的なEFO対策の効果としては、ECサイトなどのフォームでお客様が入力するときの

 

  • 手間を減らし
  • ストレスを減らし
  • フォームの入力率を向上させる

 

その結果として、お問い合わせや売上を増やして伸ばすことにつながるんです。

 

 

いや、すごいですよね、、、って、これ、

僕たちのホームページやブログにも必要だと思いませんか!?

 

だって、例えばECサイトがEFO対策をすることによって、問い合わせ数や売上数がアップするなら、僕たちにも効果があるはずなんですよ。

 

お客様はECサイトの方も、僕たちのお客様候補も同じなんですから。

 

 

ということに気づいたことから、SONIDOではEFO対策を考えた「お問い合わせ」をクライアント様に合わせて提供するようにしています。

 

 

さて、具体的な対策ノウハウの前に、

 

「どうして興味があるのに問い合わせで入力を途中でやめるのか」

 

この理由についてお話しておきたいと思います。

 

2: 問い合わせフォームで途中離脱する3つの理由

問い合わせフォームで途中離脱する3つの理由

どこかのホームページやブログに興味を持ち、問い合わせしようと僕も「お問い合わせフォーム」まで進んだことがあります。

 

でも、いつまにか(とはいえ、数十秒ですよ。たぶん。)興味をなくし、離脱することがあります。

 

5項目とか、6項目とか、入力すれば終わりなのはわかっているのですが、どうも熱が冷めちゃって、、、もういいや。

 

こんな経験、誰にでも一度や二度はあると思いますよ。ホントに。

 

 

そこで、こんな経験をされた、あなた。

じっくり丁寧に、そのときの気持ちを思い出してください。

 

「お問い合わせフォーム」が目の前に表示され、一番上の項目から入力を始めたにもかかわらず・・・、

 

その時の感情は、どんな感情でしたか?

 

おそらく次のような感情だったと思います。

 

  • こんなに沢山入力するの?面倒だよ~
  • なぜダメなの?イライラするな、もぉ~
  • ホントにこれでいいの?と不安になる

 

あたりまえですが、こんな想いをしてまでガマンして入力する義理はありませんよね。

こんな想いをして最後まで、何度もトライ&エラーを繰り返して入力する人は、、、いないですね。

 

 

でも、こんな「お問い合わせフォーム」は、今も存在し続けています。

 

そして、訪問者数が増えているのに、いつまで経っても

 

「問い合わせがこない」

 

のなら、、、あなたの「お問い合わせフォーム」はガマンを強いるものになっているかもしれません。

 

3: 問い合わせフォームで途中離脱を阻止する対策

問い合わせフォームで途中離脱を阻止する対策

では、ここからは、途中離脱を阻止する対策についてお話していきます。

 

先ほど出てきましたが、ひとことで言うと「ガマン」を強いらない「お問い合わせフォーム」を目指すことが最優先です。

 

3.1: フォームの途中で面倒になることを減らす

「面倒」になる最大の原因は

 

「入力する項目が多い」

 

これに尽きます。

 

 

初めてのお問い合わせには、本当に必要な項目だけを選んでおきたいですね。

 

一度、お問い合わせをいただければ、後はメールや電話で詳しいことをお聞きすればいいのですから、ファーストステップは最小限の項目に絞りましょう。

 

例えば、

  • メールアドレス
  • お名前
  • 相談内容

 

これだけでもいいですよね?

 

ビジネスによっては

  • 性別
  • 年齢
  • お住まい

 

この辺りまで必要になることもありますが、出来れば可能な限り少なくしておきたいところです。

 

入力項目に関しては「引き算」の思考が必要です。

 

必要最低限の情報を入力して、サッとスピーディーに問い合わせが完了できることにフォーカスしておきたいところです。

 

3.2: 入力途中でイライラすることを減らす

「イライラ」するフォーム、ありますね。

今もありますよね。ホント、何とかしてほしいですね。

 

ということで、イライラさせる理由はこれですね。

 

  • エラー
  • エラー
  • エラー

 

、、、やっと入力が終わって「送信」ボタンを押すと、あっちこっちで「入力されていません」とか、、、いろいろ言われるやつです。

 

他にも

 

「名前は全角で入力してください」とか

 

「フリガナは半角カナで入力してください」とか

 

「住所の番地は全角の数字で入力してください」とか、、、

 

入力規則を細かくしたいことはわかりますが、それは「あなたの都合でしょ」ということです。

 

で、イライラしてお客さんは途中離脱するんです。

 

対策としては、細かい入力規則は避ける

全角や半角は、自分たちの都合なので、必要なら自分たちで後から変換する。

 

ここでも簡単スピーディーに入力し、完了できることにフォーカスです。

 

3.3: 入力途中で不安になることを減らす

お問い合わせのフォームには、個人情報を入力することが多いですよね。

 

特に電話番号なんて、入力した瞬間に営業の電話がありそうで怖い感じもしますよね。

 

僕も依然、車の購入を検討していたとき、深く考えずに車の査定サイトに電話番号を入力したら、すぐに携帯へ電話が掛かってきましてビックリしました。

 

 

業種にもよりますが、電話番号が必要ないなら、最初のお問い合わせからは省く。

どうしても電話番号が必要な場合は、ひとこと「営業の電話はかけません」と記載しておきましょう。

 

これだけでも「不安」が少なくなります。

 

必要なのは、必須項目を少なくし、項目をすっきりシンプルにすることです。

 

 

そして、もうひとつ、不安を減らす為にできることがあります。

それは、それぞれの項目に

 

「どういう風に入力すればいいのか」

 

ひとこと例を提示して教えてあげることです。

 

 

「名前」だったら「例)須山三郎」とか。

 

「相談内容」だったら「例)集客で成果が出ません。ホームページのレビューをお願いしたいです」とか。

 

書き方の例を提示しておいてあげると、「何て書こう?」という不安が減ってスムーズに入力できるようになります。

 

4: まとめ

EFO対策についての話は、いかがでしたでしょうか?

 

EFO対策にシステムを導入しているところもありますが、そこまでしなくても、お客様目線で使い心地を考えれば

 

  • 面倒
  • イライラ
  • 不安

 

を減らしていくことができるんです。

 

この3つを減らすことができれば、問い合わせ入力中の離脱が減少し、あなたのメールに「問い合わせ」の連絡が舞い込んでくるでしょう。

 

 

そうそう、最後に1点、SONIDOの経験からのアドバイスがあります。

 

お問い合わせフォームを表示するとき、入力しているお客様の気を散らさないためにも、サイドバーはいらないと感じています。

 

人間は少し目の端で何かが見えるだけでも気が散って、他のことを始めてしまいますからね。

 

 

さっそくあなたのホームページやブログに設置されている「お問い合わせフォーム」を確認してみましょう。

 

お客様目線で見たとき、あなたは最後まで入力したいと感じるでしょうか?

 

[box class=”glay_box” title=”あわせて読んで欲しい”]

【絶対保存版】初心者のためのホームページ集客成功の教科書

[/topic]

 

WEB制作会社が知らなかった、
ホームページ集客の成功技術をプレゼント!!

約10年間ホームページ制作会社で働き、失敗と成功を経験し、3年以上のホームページでの集客をコンサルティングして結果を出してきた、5年後も安定した収入を作り出せる「ホームページ集客の仕組みづくり」

是非この機会にダウンロードして、あなたのホームページの集客に役立ててください。
もしあなたが

●ホームページ集客を夢で終わらせない戦略
●星の数ほどある中から選んでもらう方法
●ホームページが集客効果を上げるコツ
●ホームページ集客で失敗するポイント
●ホームページ集客を成功へ導くポイント

など、77ページにわたって解説しています。
また内容はホームページ制作会社が知らなかったことや教えてくれないことでもあります。

この記事を書いている人 - WRITER -
SONIDO 須山
コンテンツマーケティング・集客ネタ・マーケティングネタなど不定期ですが更新しています! 楽しんで仕事ができる!全てはテストというマインド!をモットーに日々精進しております!!
詳しいプロフィールはこちら

自社集客を成功させたい方、他にいませんか?


ホームページを作るということは、インターネット上にあなたの会社の営業マンを置くということです。もし、その目的でなければ、弊社は役不足かも知れません。

SONIDOはあなたの会社の優秀な営業マンを作ることで、あなた会社の売り上げ向上と集客安定化を使命としてやっています。 Googleの理念に基づき、競合他社と差別化するご提案をしております。

もしあなたが

●ホームページから反応がないので、大変困っている
●リニューアルしたいけど、今の制作会社に頼んでも良いのかどうか迷っている
●ライバル店がホームページで売り上げがアップしたと聞いて内心焦っている
●競合の会社よりも集客したいがどうすればいいのか分からない
●ホームページを作りたいけれど、いくらかかるのか調べている
●もっと安定した売り上げを出す仕組みがほしい

などでお悩みならSONIDOのサービスを一度見てみることをオススメします。
最初に結論をお話ししますと、これらの悩みを解決するのは、ご想像のとおり「集客」です。

SONIDOでは、あなたのホームページを制作し公開してから運用まで、バランス良く動かせていくノウハウを、出し惜しみすることなく提供していきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

“ホームページ”からの集客を安定させるレポートを
無料でプレゼント

WEB制作会社が知らなかった
ホームぺージ集客の成功技術

ホームぺージが自動的にあなたにぴったりなお客さんを集めてくる!
無料レポートを
今すぐダウンロード
close-link