WEBを使ったマーケティング手法と言えば、

  • SEO対策
  • PPC広告
  • Facebook広告
  • Youtube広告
  • SNSを使った拡散
  • オウンドメディア

 

などなど、WEBマーケティングには様々な手法があります。

そして、それぞれに特徴があります。

 

今回は、WEBマーケティングにおける様々な手法と特徴。

僕たちに最も身近な「SEO」という代表的な手法のメリットとデメリットを紹介します。

1: WEBマーケティングにおける「SEO」の位置づけ

WEBマーケティングにおける「SEO」の位置づけ

現在のWEBマーケティングには、どのような手法があると思いますか。

ザッと思いつくことを書き上げてみました。

  • SEO
  • ランディングページ
  • アクセス解析
  • 会員制コンテンツの提供

 

  • ニュースサイト
  • オウンドメディア
  • メールマガジン

 

  • Facebookページ
  • Twitterアカウント
  • LINEアカウント
  • Youtubeアカウント

 

  • PPC広告
  • ディスプレイ広告
  • 動画広告
  • Facebook広告

 

  • プレスリリース
  • 口コミサイト(食べログとかですね)
  • 記事広告
  • ダイレクトメール
  • アフィリエイト

 

ちょっと考えただけで、こんなに手法があるんです。

そして結構昔からあるのが「SEO」です。

 

SEO対策はWEBマーケティングの基本とも言えます。

自然検索からの流入、検索ワードからのPPC広告。

 

SEOはマーケティング全体で活用する方法ですから、今も昔も重要な手法だということがわかります。

 

 

次からは、先ほど挙げた手法を、どのように使うのが効果的なのかを説明します。

そして、肝心のSEOがどういう位置づけなのかにも注意してくださいね。

 

1.1: 新規顧客向け

新規顧客の獲得は、マーケティングの中で最もパワーが必要な部分です。

それでは、新規顧客向けのマーケティング手法を見ていきましょう。

  • SEO
  • PPC広告
  • ランディングページ
  • ディスプレイ広告
  • 動画広告
  • Facebook広告
  • 口コミサイト
  • 記事広告
  • ダイレクトメール
  • アフィリエイト

 

全く関係性が無い人を引き込むためには、SEOが必要だということです。

SEOによる「自然検索」「PPC広告」から流入させ、ランディングページで商品やサービスのセールスを行う。

 

この流れが今も効率がいいため活用されています。

 

1.2: 既存顧客向け

一度でも取引が行われた顧客への手法を見てみましょう。

 

  • アクセス解析
  • 会員制コンテンツ提供
  • ニュースサイト
  • ブログ
  • オウンドメディア
  • メールマガジン
  • Facebookページ
  • Twitterアカウント
  • LINEアカウント
  • Youtubeアカウント

 

これを見てどう思いましたか?

SEOがありませんよね。

 

その代わりに、関係性を向上させる手法が使われています。

 

1.3: 短期獲得向け

マーケティングによっては、短期間で顧客を獲得しなければならないこともあります。

 

そんなときに使う手法を見ていきましょう。

 

  • PPC広告
  • Facebook広告
  • 動画広告
  • 記事広告
  • ランディングページ
  • ダイレクトメール

 

短期間での獲得には「お金で顧客を買う」という意識が必要です。

 

広告を出し短期間で顧客を集めるときに、これらの手法が使えます。

 

1.4: 中長期獲得向け

僕たちが最も知っておきたい手法がこれ。

中長期で顧客を獲得する手法です。

 

  • SEO
  • アクセス解析
  • 会員制コンテンツ提供
  • ブログ
  • オウンドメディア
  • メールマガジン
  • Facebookページ
  • Twitterアカウント
  • LINEアカウント
  • Youtubeアカウント
  • アフィリエイト

 

これらの手法は即効性が低いです。

 

しかしSEOを活用した情報発信は、中長期的に見ると効果を増大していくことができるので、経営の安定化という側面から見ても大きな効果が期待できます。

 

 

こうやって、それぞれの獲得に対する手法を見てみると、僕たちが力を入れるのは

 

  • 新規顧客の獲得
  • 中長期的な獲得

 

この2つではないでしょうか?

 

中長期的に新規顧客が安定して獲得できれば、ビジネスも安定しますよね。

 

そのためには、まずどちらにも活用している基本的な手法、「SEO」について知っておかないといけません。

 

2: SEOのメリットとデメリット

SEOのメリットとデメリット

僕たちに効果をもたらせてくれる「SEO」。

 

SEOにはメリットとデメリットがあります。

この両方を知っておくことで、僕たちはより適切な活用の仕方を手に入れ、安定した効果を期待することができます。

 

2.1: メリット

無料で使える

これはすごいですね。

SEOそのものは誰かにお金を払う必要のないものです。

あなたが自分一人で行うなら、誰にも費用を払う必要はありません。

中長期的な安定が見込める

中長期的に顧客が流入してくれたら、これほど楽なことはありません。

 

毎月「来月は大丈夫だろうか・・・」とベッドの中で心配する必要がなかったら、どれだけビジネスは楽しいでしょうか。

成約率が高い

SEOで訪問してくる人は、あなたが解決できることを探してやってきています。

ですから、成約率も高くなります。

 

欲しくない人に、どんなに良いものをセールスしても売れません。

しかし、欲しいと思っている人にセールスするのは簡単です。

 

これと同じことが起こっています。

まだ気づいていない人にもアプローチできる

自分の悩みや問題に気づき、自分で検索して解決策を探している人をSEOで取り込むことができます。

 

さらに、まだ自分の悩みや問題に気づいていない人にも、SEOの切り口を工夫することでアプローチできます。

 

そして、その場合のアプローチも「買ってください!」というセールスではなく、自然な感じで役立つ情報を提供することができます。

 

友人のアドバイスからセールスへ持ち込むイメージですね。

 

2.2: デメリット

次にデメリットをお話します。

短期間では効果が出にくい

先ほども出てきましたが「SEO」は、短期間の顧客獲得には向いていません。

 

まれに短期間で集客したいといいながら、SEOに力をいれようとされる方がいらっしゃいますが、それは間違っています。

 

短期間で集客したいなら広告です。

そして平行して、中長期的な戦略としてSEOに力をいれるのが正解でしょう。

Googleに左右される

SEOは検索結果の順を決めるひとつの指針です。

 

ということは、検索結果の決め方を握っているGoogleの考え方に左右されることになります。

 

過去にもありましたが「パンダアップデート」「ペンギンアップデート」といった、Googleが検索結果を導き出す仕組みを変更したとき、順位が急落した人もいましたし、急上昇した人もいました。

 

このように、僕たちはSEOを活用しても、最後はGoogleに左右されることを覚えておく必要があります。

 

3: SEOの始め方

SEOの始め方

3.1: 自分たちでがんばる

SEO関係の書籍は、本当にたくさん発売されています。

ネット上にも、それこそ星の数ほどの情報が配信されています。

 

情報商材の中にも、SEOについての教育プログラムがあるでしょう。

 

こういったものを購入し、または閲覧して自分でやる方法もあります。

 

あらかじめ知識や経験があればいいのですが、まったくのゼロからですと手探りで始めることになりますので、時間とテストが必要になります。

 

3.2: 専門家に依頼する

SEOの専門家、SEOまで考えてやってくれる制作会社。

 

こういったところに依頼するのも方法です。

 

この方法は費用がかかりますが、自分があれこれ勉強して行うことはありませんので、あなたにとって最も大切な「自分の時間」を「自分のビジネス」へ振り向けることができます。

 

時間という貴重なリソースを自分のビジネスへ注力し、その対価としてお金を支払うことで、あなたのホームページの価値を上げることになります。

 

 

SEO対策会社は、いっぱいあります。

質の高いところもあれば、驚くような質のところもあります。

 

今でも

  • 『外部リンクさえ張れば大丈夫です』
  • 『月額数千円でやれますよ』
  • 『キーワードをガンガン入れとけばOKです』

 

こんなことを言っているところもあると聞きます。

 

信頼できるSEO会社を選ぶのは至難の業ですが、ひとつ言えることは

 

『安い、早い、良い』←ない

 

はないということです。あるのは、

 

『安い、早い、良くない』

『安い、早くない、良い』

『安くない、早い、良い』

 

3つのうちのどれかだということ。

これが自然なことだと思います。

 

4: まとめ

今回はWEBマーケティングの手法と特徴。

そして、WEBマーケティングの中でSEOはどのような位置づけなのか。

 

このようなことについてお話してきました。

 

SEOが活用できること。

SEOのメリットとデメリット。

 

こういったことを理解した上で、WEBマーケティングを行うと、中長期的に安定した集客モデルが出来上がります。

 

来月の集客に悩みたくない。

ベッドに入ってから心配で胃がキリキリ痛む。

安定して集客できている話を聞くと心がざわつく。

 

SEOは短期決戦には向きません。

「もうダメ・・・」となってからでは遅すぎます。

 

こんな思いをされているのなら、キャッシュ体力がある今こそ、真剣にWEBマーケティングでSEOを活用して、安定した集客システムを作り上げてください。

 

 

▼5年後あなたの仕事がなくならないために▼
↓↓↓
WEBマーケティングで活用するSEOのメリット・デメリット

WEB制作会社が知らなかった、ホームページ集客の成功技術をプレゼント!!

約10年間ホームページ制作会社で働き、失敗と成功を経験し
3年以上のホームページでの集客をコンサルティングして結果を出してきた
5年後も安定した収入を作り出せる「ホームページ集客の仕組みづくり」

是非この機会にダウンロードして、あなたのホームページの集客に役立ててください。
もしあなたが

  • ●ホームページ集客を夢で終わらせない戦略
  • ●星の数ほどある中から選んでもらう方法
  • ●ホームページが集客効果を上げるコツ
  • ●ホームページ集客で失敗するポイント
  • ●ホームページ集客を成功へ導くポイント

など、77ページにわたって解説しています。
また内容はホームページ制作会社が知らなかったことや教えてくれないことでもあります。


売上UPの為のホームページに興味ある方、他にいませんか?

ホームページを作るということは、インターネット上にあなたの会社の営業マンを置くということです。もし、その目的でなければ、弊社は役不足かも知れません。

SONIDOはあなたの会社の優秀な営業マンを作ることで、あなた会社の売り上げ向上と集客安定化を使命としてやっています。
Googleの理念に基づき、競合他社と差別化するご提案をしております。

もしあなたが

  • ●ホームページから反応がないので、大変困っている
  • ●リニューアルしたいけど、今の制作会社に頼んでも良いのかどうか迷っている
  • ●ライバル店がホームページで売り上げがアップしたと聞いて内心焦っている
  • ●競合の会社よりも集客したいがどうすればいいのか分からない
  • ●ホームページを作りたいけれど、いくらかかるのか調べている
  • ●もっと安定した売り上げを出す仕組みがほしい

などでお悩みならSONIDOのサービスを一度見てみることをオススメします。

最初に結論をお話ししますと、これらの悩みを解決するのは、ご想像のとおり「集客」です。

SONIDOでは、あなたのホームページを制作し公開してから運用まで、バランス良く動かせていくノウハウを、出し惜しみすることなく提供していきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です