売れるランディングページの構成を暴露!無料オファー(FREE戦略)の集客が変わる

ランディングページの構成で無料オファー(FREE戦略)の集客が変わる

マーケティングを学んでおられるなら、こんな言葉をご存じでしょう。

『FREE戦略』

この戦略は、無料のコンテンツなどを使うことで「見込み客」の興味を引き、メールアドレスなどを登録してもらうことと引き替えに、無料だけど価値のあるコンテンツを提供する方法です。

 

人は「無料」「タダ」「ゼロ円」が大好きです。

当然ですが、お金を払う必要がないのなら、「たいしたものでなかったとしても損しない」という考えもあって簡単に一歩目を踏み出してもらえます。

 

だから「FREE戦略」は、あなたのことを全く知らない人とつながりを持つ「きっかけ」としては、最高の方法ですよね。

 

このような「FREE戦略」は、インターネットを使って何かを提供しようと考えている人の「ほとんど」は知っていることでしょう。

 

では、実際にやっているかというと、意外にやっていません。

どうしてやっていないのか、というところを調べてみると

  • 無料オファーをどうやって提供すればいいのか・・・
  • 提供するためのランディングページを作るのが難しそう
  • 難しそうよりも、面倒。
  • どんな話の構成にすればいいのかわからない。

 

こんな理由の方も結構いらっしゃるようです。

「FREE戦略」は効果的なのに、もったいないですよね。

 

そこで今回は、無料オファーで集客する戦略でもある「FREE戦略」を行うために、ネットで必要な戦術の一つ「ランディングページ」についてお話します。

 

実は、ランディングページって、無料オファーの場合と販売する場合とでは構成が少し違うのです。

それでは、始めていきます。

 

1: ランディングページとは

ランディングページとは

まず、ランディングページについて、簡単におさらいしておきましょう。

 

ランディングページとは、あなたのサイトへ訪問したとき「最初に着地(ランディング)したページ」のことを言います。

 

しかし、日本のネットビジネスでの解釈としては、

 

「商品やサービスの申し込み・購入・無料オファー」などを促す縦長のページを指していることが多いです。

 

いかがでしょうか?

既にご存じだと思いますが、ランディングページをイメージしていただけたでしょうか。

 

2: 無料オファーのランディングページの構成

無料オファーのランディングページの構成

ランディングページは、目的によって構成が変わります。

  • 無料オファーのオプトイン(メルアド取得)用。
  • 無料でセミナー参加を促すもの。
  • 有料のセミナー参加を促すもの。
  • 有料で商品やサービスを販売するもの。

 

そして、

  • 20万円以上の高額商品を販売するもの。

 

それぞれに目的が違いますから、少しずつランディングページの構成も変化していきます。

 

そこで、今回は「無料オファー」の構成についてお話します。

 

2.1: 全体の構成

無料なので敷居は低いですが、手は抜かないようにしたいですね。

有料でも無料でも、その部分の気持ちは同じでありたいところです。

 

無料は「タダであげる」のではなく「ゼロ円で買ってもらう」と考えるとわかりやすいと思います。

 

無料オファーに使うランディングページの構成ですが、基本はネットや書籍で言われている構成です。

 

しかし、違うところは、クドクドと説明しないことです。

すばやくメリットとお客様の声と実績を伝える。

 

料金はゼロですから、価格のプレゼンもそんなに必要ありません。

無料のコンテンツの説明も、販売するときほど細かく必要ありません。

 

迷ったり、悩んだりさせず、すばやく登録してもらうことが大切です。

LPの全体の構成

 

2.2: 各構成を説明

(1)キャッチコピーとイメージ画像

無料ですから「無料」を強調して見せましょう。

 

そして、ペルソナの悩み、問題、フラストレーションをキャッチコピーに書いてもいいですし、解決した理想の未来を約束するキャッチコピーを書いてもOKです。

 

「無料」に

  • プレゼント
  • サンプル
  • モニター

というような、別の言い方をプラスし表現しても効果的です。

 

  • 無料でプレゼント
  • 無料でサンプルをお届け
  • 無料でモニターに参加

 

そしてイメージ画像には「人」を入れるのがもっとも効果的。

その場合、人の目線の先にキャッチコピーの文字があるのがおすすめです。

 

イメージ画像は出来上がったら、パソコンで表示して「3m離れた」ところから眺めてみてください。

キャッチコピーや無料の文字など、見てほしいと思うところが見えにくくないか検証しましょう。

 

少し離れて眺めてみないと、自分の思い込みだけで判断してしまうことが多いです。

ここは気をつけたいところですね。

 

(2)CTA(コール・トゥ・アクション)

申し込みボタンです。

 

申し込みボタンの効果には諸説あります。

 

  • 赤はクリック率が高い
  • 緑が一番だ
  • 進めは「青」だから、ボタンも青がいい

 

  • 白抜きの文字は良くない
  • プニプニと動くのがいい
  • 文字は少ない方がいい

 

などなど。

 

これは、本当に色々と言われ続けていますが正解はありません。

あなたのランディングページへ訪問してくる人の「好み」に左右されますので、ひとつひとつテストしていくしかありません。

 

最初は「色」を変えてテストする。

その次には「文字」を変えてテストする。

 

同時にテストしてはいけませんよ。

何が理由でクリック率が上がったのか、それとも下がったのかがわからなくなりますから。

 

ひとつひとつ、手間と時間がかかりますがやっていきましょう。

 

(3)なぜ理想の未来が実現できるのか その理由

悩みや問題、フラストレーションを解消できるのが「無料オファー」の中身です。

 

ですから、あなたは「無料オファー」が「なぜ理想の未来を実現できるのか」という理由を語る必要があります。

 

長々と語る必要はありません。

ブレット(箇条書き)で短く並べていってください。

 

(4)お客様の声と実績

ここは証拠の提示でもあります。

 

既に無料オファーを手に入れ、理想の未来を実感した人の声と実績を紹介しましょう。

 

多ければ多いほど良いですが、少なくても3名分くらいは欲しいです。

 

  • 既に手に入れている人がいる。
  • 実感している人がいる。
  • それも、自分と同じような人が・・・。

 

「この人も良いと言っているから」という気持ちになってもらいましょう。

 

(5)提供者のプロフィールと実績

無料オファーを提供している「あなた」のプロフィールと実績を、丁寧に紹介してください。

 

どうしてあなたの無料オファーを手に入れないといけないのか。

どうしてあなたが無料オファーを提供できる立場なのか。

 

見込み客は「あなたが偉そうに言う理由は?」と考えています。

この疑問を解消するためにも、あなたのプロフィールと実績を紹介してください。

 

(6)この無料オファーがなぜいいのか 3つの理由

数字などの証拠を使って、無料オファーで解消できることをお話しましょう。

 

「厚生労働省の発表では・・・」など、権威を持った数字がいいですね。

 

(7)この無料オファーで手に入る 7つのメリット

無料オファーによって手に入る理想の未来。

これをブレット(箇条書き)で書いていきます。

 

  • 「○○できるので収入が安定する」
  • 「○○という新しい顧客層と出会える」
  • 「○○を通じてスタッフも生き生きする」

 

特徴ではなくて、未来像や感情的なことを書くように心がけてください。

 

(8)これを手に入れないと損しますよ

さぁ、追い込みです。

 

「少しでも興味を持ったなら、迷わず無料オファーを手に入れてください」

 

というように、最後の一押しをするところです。

 

そして、もし無料オファーを手に入れなかったら、どんな状況になるのかもお話してください。

そんな風になりたくないなら「今すぐ無料オファーを手に入れるしかありませんよ」と、迷っている背中を押してあげましょう。

 

(9)無料や限定の理由

どうして無料なのか。

その理由が必要です。

 

また、

期間限定なら、いつまでなのか。

数量限定なら、いくつまでなのか。

 

どうして限定なのかも理由が必要です。

 

3: ランディングページに必要なこと

見込み客の心理を理解する

無料オファー用ランディングページの構成は、おわかりいただけたでしょうか。

 

ポイントは「見込み客の心理を理解する」ことです。

これはランディングページだけに限らず、セールスの世界では当たり前の考えとなっています。

 

見込み客は、頭の中で様々な会話をしています。

 

  • どうして無料?
  • 他に何か売りつけるつもりかも?
  • ほんとに数量限定?
  • いつでも無料なんじゃないの?
  • 本当にプロ?
  • あなたが語れる理由はナニ?

 

などなど、いっぱいあります。

ひとことで言うと、見込み客は

 

「あなたのことも、無料オファーも信じていません」

 

だからこそ、煽ったキャッチコピーに頼らず、見込み客にとってのメリットや、数字を使った証拠。

実際に無料オファーを手にした人の声や実績が大切なのです。

 

また、無料オファーを提供するあなたのことも重要です。

これはアメリカの有名なセールスコピーライターでありマーケッターの「ダン・ケネディ」が頻繁に話すことですが、

 

有名な「ダン・ケネディ」でさえ、自分のセミナー集客用のセールスレターに「自分のプロフィール」を書き忘れたら、集客率が減少した。

 

こんなことが起こるのです。

 

自分のことは、ホームページやブログに書いてあるから大丈夫。

そんな風に思わないでくださいね。

 

必ずランディングページの中にも、あなたのプロフィールや実績をお話するようにしてください。

 

4: ランディングページを作るには

ランディングページを作る方法

それでは最後に、ランディングページを作る方法をお話します。

昔と違ってランディングページは、誰でも簡単に作れるようになってきています。

その中でも代表的な方法を5つ紹介しておきます。

 

4.1: ツールを使う

有名なのは「ペライチ」です。

まず無料でお試しすることができますから、自分で使えるかどうかを試してから購入することができます。

 

テンプレートも用意されているので、構成に従って文字や画像を入れていくだけで、ランディングページが完成します。

ワードやパワーポイントが使える人なら大丈夫なツールです。

 

4.2: テンプレートを購入する

ランディングページに特化した「ランディングページテンプレート」を購入するのも方法です。

 

自分でコツコツと作りたい人向けですが、ランディングページは公開までの速度も重要です。

またテスト中は、手軽に変更もしたいところでしょう。

 

どうしても極限までコストを抑えたい場合におすすめです。

 

ですが、他のツールを使った方が楽だと思います。

時は金なりです。

 

4.3: ワードプレスの固定ページを活用する

ワードプレスのテーマによっては

 

  • 1カラム
  • ランディングページ

 

というテンプレートが存在しているものもあります。

もし、あなたのワードプレスにあれば活用しましょう。

 

普段ワードプレスでブログが書けていれば操作性は大丈夫です。

 

4.4: 自分でHTMLから作る

  • どうしても凝ったデザインのランディングページを作りたい。
  • HTMLやCSSを駆使して、他には無いようなものを作りたい。

 

こんな方もいらっしゃるでしょう。

 

でも、僕から言わせていただきますと、、、

 

「時間がもったいないですよ」

 

ということです。

確かに方法としては「あり」ですが。

自己満足したい方におすすめですね。

 

ちなみに、僕はHTMLから作ることは選びません。

 

4.5: 面倒だったら外部に頼もう

こういう仕事をしている僕が言うと「営業だろ」と突っ込まれそうですが、ビジネスは時間と速度が肝心です。

 

慣れないランディングページを作るのに、一から勉強して、多くの日数を掛かるのなら、その時間を「あなたにしかできない」ことに使った方が利益も上がると思います。

 

あなたは自分のビジネスで利益を上げることを考える。

その間に外部の人が、あなたに必要なランディングページを作っている。

 

リッチ・シェフレンも言いますが、如何にして外部に頼み、自分の時間を確保するか。

これ、ビジネスを加速度的に発展させる鉄則だと思います。

 

5: まとめ

無料オファーで使えるランディングページの構成はいかがでしたか。

 

無料オファーの場合、お金への抵抗感は少ないので販売するよりはハードルが低くなりますが、ゼロ円で販売しているということを忘れないでいてください。

 

ここを間違うと「価値のある」無料オファーのコンテンツにならないことが多々あります。

 

一般的に無料オファーは「3000円とか1万円とかで売っても恥ずかしくないもの」にする。

 

こんなことも言われています。

大事な考え方だと思います。

 

価値のあるコンテンツを作り、ぜひ今回の構成を参考にして、多くの見込み客の手に届くランディングページを作ってください。

 

そして、あなたの「FREE戦略」を成功させてくださいね。

>>売れるランディングページの基本をマスターしたい方はこちら<<

▼5年後あなたの仕事がなくならないために▼
↓↓↓
ランディングページの構成で無料オファー(FREE戦略)の集客が変わる


WEB制作会社が知らなかった、ホームページ集客の成功技術をプレゼント!!

約10年間ホームページ制作会社で働き、失敗と成功を経験し
3年以上のホームページでの集客をコンサルティングして結果を出してきた
5年後も安定した収入を作り出せる「ホームページ集客の仕組みづくり」

是非この機会にダウンロードして、あなたのホームページの集客に役立ててください。
もしあなたが

  • ●ホームページ集客を夢で終わらせない戦略
  • ●星の数ほどある中から選んでもらう方法
  • ●ホームページが集客効果を上げるコツ
  • ●ホームページ集客で失敗するポイント
  • ●ホームページ集客を成功へ導くポイント

など、77ページにわたって解説しています。
また内容はホームページ制作会社が知らなかったことや教えてくれないことでもあります。



売上UPの為のホームページに興味ある方、他にいませんか?

ホームページを作るということは、インターネット上にあなたの会社の営業マンを置くということです。もし、その目的でなければ、弊社は役不足かも知れません。

SONIDOはあなたの会社の優秀な営業マンを作ることで、あなた会社の売り上げ向上と集客安定化を使命としてやっています。
Googleの理念に基づき、競合他社と差別化するご提案をしております。

もしあなたが

  • ●ホームページから反応がないので、大変困っている
  • ●リニューアルしたいけど、今の制作会社に頼んでも良いのかどうか迷っている
  • ●ライバル店がホームページで売り上げがアップしたと聞いて内心焦っている
  • ●競合の会社よりも集客したいがどうすればいいのか分からない
  • ●ホームページを作りたいけれど、いくらかかるのか調べている
  • ●もっと安定した売り上げを出す仕組みがほしい

などでお悩みならSONIDOのサービスを一度見てみることをオススメします。

最初に結論をお話ししますと、これらの悩みを解決するのは、ご想像のとおり「集客」です。

SONIDOでは、あなたのホームページを制作し公開してから運用まで、バランス良く動かせていくノウハウを、出し惜しみすることなく提供していきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です