売上を上げる集客ホームページ制作なら神奈川県藤沢市のソニド-SONIDO-

【今だけ限定】お金をかけずに理想のお客を引き寄せるホームページの作り方

インターネットマーケティングに重要な3つの要素

 
  2017/03/01
SONIDO 須山
WRITER
 
インターネットマーケティングに重要な3つの要素
この記事を書いている人 - WRITER -
SONIDO 須山
コンテンツマーケティング・集客ネタ・マーケティングネタなど不定期ですが更新しています! 楽しんで仕事ができる!全てはテストというマインド!をモットーに日々精進しております!!
詳しいプロフィールはこちら

インターネットマーケティングの目標はもちろん「集客」ですよね。

しかし、マーケティングを行えば必ずしも目に見えて成果が出るとは限らないので、そのことで悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
もし悩んでいるのであればまずはインターネットマーケティングにおいて重要な3つの要素を押さえておくといいでしょう。

何も知らないまま闇雲にマーケティングを行うよりはずっと成果が出やすくなるはずです。

 インターネットマーケティング:リードの要素

リード

まず知っておきたいひとつ目の要素は「リード」です。
リードとは何かというと「見込み客」のことを意味しています。

見込み客は数字で表すことができるのですが、その数え方はマーケティングを行う人によって変わってきます。
インターネットマーケティングにおけるリードの場合、メールマガジンの登録者や資料請求の申込者1人が1件のリードとして数えられることが多いです。

リードはあなたの会社のことを消費者に認知させ、顧客を増やす土台を作る上で欠かせないものです。
リードの考えがなければ消費者はあなたの会社の存在や商品・サービスに興味を持たないので、いかにリードの数を増やすかが重要になってきます

リードがあればこちらからアプローチできる!

リードは具体的にどのようなことに役立つかというと、それを使ってWEBメール配信やダイレクトメールなどで積極的に見込み客にアプローチをかけることができます

あなたの会社とまったく関わりのない消費者に対してできるアプローチは少ないですが、リードに対してであればアプローチの幅が広がります。

特に多くのリードを獲得している会社であれば自社に興味を持ってくれそうな人を選んでアプローチをかけることができるので、マーケティングの質が高まるのです。

リードを獲得するために、無料レポートや動画講座などを作成するのがいいでしょう!

 リードの注意点

ただし、注意しておきたいのはリードをやたらと獲得すればいいというものではないということです。
手段を選ばなければどのような会社でもリードの獲得数を伸ばすこと自体は難しくありません。

しかし、そういったリードの獲得の仕方をすると自社の製品・サービスのよさをアピールできない消費者が大半という結果になりがちなので、売り上げに繋がらなくなる可能性が高いのです。

 インターネットマーケティング:CV(コンバージョン)の要素

成約率

CVはコンバージョンの略語で、一般的に消費者が自社の商品・サービスを利用し、顧客になった「成果」を意味します。

ただし、CVの意味はホームページが何を目指しているかで変わってきます。
たとえば、消費者が自社の商品・サービスを利用しなかったとしても、アクセス数を増やしたり、消費者が資料請求やメールマガジン登録を行っただけで「成果」とするケースもあります。

決まった意味はないのですが、CVの定義をきちんと決め計測するようにしましょう。

CVはコストとセットで考えられることが多いです。
というのも、膨大なコストをかければある程度の成果が出ることは当たり前だからです。

重要なのはかけたコストに比べて成果がどれくらい出たか、つまりコストパフォーマンスがどれくらいかを分析することです。
多くの成果が出たとしても、コストパフォーマンスが低い場合はマーケティング手法を見直さなければなりません。

 コストパフォーマンスを明確にする

たとえば通販サイトを運営するとしてCVの定義を「ホームページでの商品購入」にしたとします。
そしたらホームページをしばらく運用させ、アクセス数、購入件数(CV数)、購入率(CV率)、コスト(広告費等)を把握します。

これらを把握すればインターネットマーケティングにおけるコストパフォーマンスが明確になるので、今後の戦略を立てやすくなります。

ちなみにCVの定義は1つにしなければならないわけではありません。
上記の例でいえば「ホームページでの商品購入」に加え、「ホームページでのお試し商品注文」といったものも定義づけることができます。

定義を増やせば消費者の選択肢が増えることでCV件数をのばしやすくなるので、参考にしてみてください。

 インターネットマーケティング:LTV(ライフタイムバリュー)の要素

ライフタイムバリュー

LTVはライフタイムバリューの略語で、CVと同じく、マーケティングの成果を示しています。
CVと違うところは新規顧客ではなく既存顧客を対象にした考え方であることです。

リピーターに焦点を当ててマーケティングを行うことで、顧客の定着を図り、継続的な売り上げを目指すためには欠かせない要素です。

 LTVを無視するな

LTVがなぜ重要かというと、既存顧客を維持することは新規顧客を新たに獲得することよりもずっとコストが低くできるからです。

たとえば、LTVを無視してCVだけに専念してマーケティングを行ったとします。
確かに新規顧客を多く獲得することはできるでしょうが、既存顧客はどんどんと自社から離れていきます。

すると全体の売り上げはそう変わっていないのに、新規顧客を獲得するためのコストのせいで利益がまったく出ないというトラブルに陥りやすくなるのです。
既存顧客にもちゃんと目を向けていれば、売り上げが変わらなかったとしてもコストを下げることができるので、利益に繋がります。

 新規ではなくリピートを意識

特にLTVは長く事業を回していくために必要な要素です。
自社に興味を持っている消費者の数には限りがあるので、新規顧客をいつまでも獲得するのは現実的に厳しいです。

特に競争の激しい業界の場合は新規顧客獲得の争奪戦に勝たなければならないぶん、ますます厳しい世界となります。
そのような状況の中の既存顧客というのはまさに会社にとっての救いの存在といえるでしょう。

まとめ

以上のように3つの重要な要素である「リード」、「CV」、「LTV」を利用することで、インターネットマーケティングにおけるビジネスの成果が見えてきます。
これらの要素は数値化することができるので、計算することで現状把握に具体性を持たせることができます。

数値に不満があればマーケティングの戦略を変え、満足いく数値になるまで上げていくことも可能です。

「リード」、「CV」、「LTV」の数値が上がればそれだけ理想的な利益の出し方ができているということなので、会社にとってはいいことばかりです。

マーケティング戦略は日々新しいものが生まれていますが、新しければ必ず優れているというわけではありません。
またマーケティングに詳しくない人がいきなり最新の手法に飛びついて成果が出るほどビジネスは甘くありません。

マーケティングに限らない話ですが、大切なのは基本的な知識を学ぶことです。

「リード」、「CV」、「LTV」の3つの要素はインターネットマーケティングにおける基本的な知識の代表格といえるので、まずはこの知識を土台にすることを意識しましょう。

 ファーストステップ

今すぐあなたができることとしては「リード」の定義化や集計、分析などがあげられます。
「リード」の定義化程度であればまだホームページが稼動していない段階でもできるので、気軽に考えてみましょう。

はじめは簡単に達成できる定義にしてみるのもいいかもしれません。

一緒に読んでほしい記事
競合の穴!インバウンドマーケティングの時代へ

 

「ホームぺージを作ったのに集客につながらない」
と嘆いているあなたへ

このレポートでは、ホームぺージから成果を出すための原動力となった「ホームページ集客成功の最大の秘訣」について公開しています。例えば、、、

●なぜ、62.1%のホームページは集客できないのか?(これを知ると、ホームページはもちろん、ビジネスモデルの根本的な部分から考え直したくなるでしょう)
●ストップ!これを知る前に業者にホームページの制作を依頼してはいけません(制作業者が集客できるホームページが作れない最大の理由)
●独立しても仕事がなかった私が人生のどん底で見つけた、インターネットを使って集客を成功させるための”最大の秘訣”(これを知っただけでも、あなたのホームページ対する考え方は180度変わってしまうでしょう)
●「買ってください」とお願いするのはもうたくさん?だったら、この方法を使ってください。売り手と買い手の立場を逆転させる”ちょっとずる賢い方法”
●売れるホームページとトップセールスマンの”意外な共通点”。プラス、あなたのホームページを嫌われるセールスマンから売れるセールスマンにするために必ず知っておくべきこと…

などなど、36ページにわたって解説しています。

今なら、このレポートを読んでくれた人限定で「シークレット・プレゼント」をご用意しています。プレゼントの内容は読んでからのお楽しみですが、商品の割引とかクーポンとか、そういったオファーではありません。完全無料のプレゼントです。

きっと喜んでいただけると思いますが、実はかなり労力がかかる代物なので(笑)、正直に言って、いつまで続けられるかわかりません、、、

この記事を書いている人 - WRITER -
SONIDO 須山
コンテンツマーケティング・集客ネタ・マーケティングネタなど不定期ですが更新しています! 楽しんで仕事ができる!全てはテストというマインド!をモットーに日々精進しております!!
詳しいプロフィールはこちら

自社集客を成功させたい方、他にいませんか?


ホームページを作るということは、インターネット上にあなたの会社の営業マンを置くということです。もし、その目的でなければ、弊社は役不足かも知れません。

SONIDOはあなたの会社の優秀な営業マンを作ることで、あなた会社の売り上げ向上と集客安定化を使命としてやっています。 Googleの理念に基づき、競合他社と差別化するご提案をしております。

もしあなたが

●ホームページから反応がないので、大変困っている
●リニューアルしたいけど、今の制作会社に頼んでも良いのかどうか迷っている
●ライバル店がホームページで売り上げがアップしたと聞いて内心焦っている
●競合の会社よりも集客したいがどうすればいいのか分からない
●ホームページを作りたいけれど、いくらかかるのか調べている
●もっと安定した売り上げを出す仕組みがほしい

などでお悩みならSONIDOのサービスを一度見てみることをオススメします。
最初に結論をお話ししますと、これらの悩みを解決するのは、ご想像のとおり「集客」です。

SONIDOでは、あなたのホームページを制作し公開してから運用まで、バランス良く動かせていくノウハウを、出し惜しみすることなく提供していきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「お金をかけずに理想のお客を引き寄せる」ホームページの作り方のレポートを無料でプレゼント

ホームぺージ集客
成功の7ステップ

「ホームページ集客成功の最大の秘訣」について公開
無料レポートを
今すぐダウンロード
close-link