コンテンツを書く上での5つのライティング戦略

コンテンツ戦略

ホームページの評価は、どれだけ質の良いコンテンツがあるか?です。

質の良いコンテンツとは、検索ユーザーが喜ぶ記事の事です。
しかし、どうやって書いていいか分からない方が多いのが現状です。
質の良さは問われていますが、
初めから質の良さばかりを意識していたら書けなくなります。

はじめは、簡単な更新から始めればいいのです。
古いサイトだと思われてしまってもだめなので
簡単な情報発信から始めてほしいと強く思います。

そして、書けないというのは単なる思い込みで、
話す事が出来れば書くことはできるはずです。
本を書くわけでもないですし、名作を作り出す事をするわけでもありません。

検索ユーザーの1人に対して書いていけばいいのです。
その他の誰に伝えようなど思わなくてもいいのです。

しかし、早い段階で良質なコンテンツを理解してもらう為に
今回はライティング戦略を紹介いたします。
これを読めば少しでも良質なコンテンツに対しての理解が深まる事でしょう。

良質なコンテンツは
ホームページからの集客率とコンバージョン率を上げてくれます。
良質なコンテンツを書く事が出来れば、
企業の安定化にもつながりますので是非最後まで読んでいただけたらと思います。

5つのライティング戦略

コンテンツは今から紹介する
5つのステップを理解すれば書きやすくなります。

ステップ1:テーマを決める

テーマとは幅広い知識のカテゴリーの事です。
ホームページ、ファッション、ビジネス、社会、政治などはすべてテーマになります。
あなたはあるプロフェッショナルです。
僕ならホームページ・マーケティング・集客・セールスがテーマになります。

テーマを決める際に次の質問をしてみましょう。
・あなたは何に一生懸命取り組んでいますか?
・個人として何に興味がありますか?
・これまで人生で何を学びましたか?
・ターゲットとするユーザーは何を学びたいと思っていますか?

この質問はテーマを決める事をとても楽にしてくれるはずです。
とにかくあなたが知っている事を書くのです。
あなたの知識を共有してあげるのです。

もし、行き詰れば、製品やサービスに関連するテーマを選びましょう。
なぜならそれがあなたが一番よく知っている事だからです。

他には、趣味や家族・コミュニケーションへの関わりなどについて
テーマを考えてみましょう。
あなたが、今まで経験した事で学んだ事はどんな事ですか?
あなたの人生経験はコンテンツになります。

情熱、興味、専門分野、人生経験、
ターゲット市場が何に関心があるかを踏まえて、
楽に書けると感じるテーマを10個あげてみましょう。
そして、その中から書くテーマを一つ選んだらこのステップは完了です。

ステップ2:理想的なトピックを選ぶ

トピックとはテーマ分野の中で具体的に焦点を絞った事柄です。
ビジネス、社会、スポーツなどではテーマが広すぎるため書くのは難しいです。

コンテンツはほとんど、狭いトピックに焦点を合わせています。
理由はそのほうが簡単に書けるからです。

「ホームページ」について語ってくださいより
「Googleが求めるホームページ」について語ってくださいの方が
しゃべりやすいのと同じ事です。

なので、広いテーマからトピックを絞り込む作業が必要になります。

例えば、
ファッション→スタイル→着心地の良い、アウトドアファッション。
リフォーム→収納→いつでも部屋がきれいでいられる収納方法。
ビジネス→売り上げ→このクロージングテクニックで売り上げを○○倍あげた方法。
です。

こんな感じでトピックを絞り込んでください。
そして、ステップ1で決めたテーマでトピックを10個作ってください。
作り終えたらこのステップは完了です。

ステップ3:注目を集めるタイトルを決める

タイトルはとても重要です。良いコンテンツであっても
タイトルに興味をもってもらえなければ、見られる機会はぐんと下がります。
注目を引くタイトルは、クリックされやすいし、読まれやいです。
なのでタイトルを安易に考えないでください。

注目を引くタイトルを作る際に
役立つヒントがあるので紹介します。

1:コンテンツの主要なポイントを短く説明する。心に響く言葉をいくつか選択する。
例:大金をつぎ込まずにキッチンをリフォームする方法。

2:ユーザーに何を学べるかを教える。
「全体の92%が」「3人のうち2人が」のように数字を使い具体的な表現を使う。
例:全体の95%が英語が喋れるようになった!始めにやるべきことは?

3:コンテンツが提供する解決策のヒントを与える。
例:空腹にならない、炭水化物の少ない食事を作ろう!

4:タイトルを疑問形にしてユーザーを引き込む。
例:寝ても疲れがとれなくなっていませんか?

5:結果を約束する。
例:高所恐怖症を5分で克服しよう。

6:○○の方法やうまくなるための5つのステップのようなフレーズで、ユーザーに何かを教える事を約束する。
例:きれいに簡単に痩せる、ダイエットの3つのステップ

上記のような形は是非参考にしてください。
クリック率の高い傾向がでていますのでメモしておいてくださいね!

またタイトルは検索エンジンに高い影響を与えるので
検索キーワードをいれながら考えましょう!

ステップ4:コンテンツを書く

コンテンツを書くステップです。
導入部は、タイトルに示されたトピックに基づいて書きます。
その情報がなぜ読者にとって重要なのかを説明します。
メリットを伝えます。

コンテンツの最初の段落でタイトルを反映させて
詳細を述べ、以降で書かれている情報に対する
興味をそそらなければいけません。

魅力的な導入部分は、すべての人が抱く妥当な質問の答えをくれます。
どんな役立つ情報なのかを先に言うのです。
そして、その先を読ませてあげましょう。

次に本文です。

コンテンツの本文ではテーマを広げることでタイトルおよび
導入部で行った約束を果たします。

本文を簡単に書くためのヒントを紹介するので是非参考にしてください。

1つの文章に1つのアイデア、1つの段落に2~3つの文章を作る

読者にとっては、情報が簡潔にまとまっている方が読むのに楽です。
長い文章のかたまりよりも気後れしないで済みます。

小見出しを使う

小見出しとは、小タイトルのようなものです。
小見出しがある事でコンテンツに強弱をつける事ができ
飽きずに読んでもらえます。

また読みたい箇所がすぐわかるので
小見出しは是非使ってください。
読者にとってとても親切でSEO対策にも効果的です。

リストを使う

リストとは、箇条書きや番号付きのリストの事を言います。
リストを使う事で、伝えたい事を簡潔にまとめる事ができるので
コンテンツを読みやすくしたり、強調したりすることができます。

本文では最適な頻度でキーワードを繰り返す

これはSEO対策ですが、
あまり無意味にキーワードを
増やす事は逆効果となるのでやめましょう。

しかし、自然な感じで入れられる箇所はないか
本文を書いた後に見直してみましょう。
きっと数か所はあるはずです。

このキーワードのチェックは二つの重要な役割を果たします。

一つ目は、自分の書いたコンテンツが、他のコンテンツと比べて検索エンジンで
上位に表示されるのに役立ちます。
二つ目は、検索ユーザーを満足させます。
なぜなら、その人たちのニーズに直接訴えかける情報を見つける手助けになるからです。

適切なキーワードをタイトルおよび記事の本文に入れる事が
あなたと検索ユーザーの両方にとって有益な事なのです。

最後に結論です。
言いたい事は全ていったでしょうか?
仕上げに入りましょう。結論はとても簡単です。
今書いた事柄をまとめるだけだからです。
重要なのは、主要なテーマを読者の記憶に残りやすいように
要約し、読者の心の中で強固になるようにする事です。

話に満足できる結論を求めるのは人間の本質です。
お笑いでもおちが必要なように。

結論のガイドラインを紹介しましょう。

・重要ポイントを繰り返し、きちんとした要約で締めくくる
・アドバイスを試してみるよう読者を促す
・前向きなコメントで終える
・すぐできるような事をいってあげる。

パート5:一日放置する

より簡潔にし、校正をすることでさらに良いコンテンツになります。
すぐ公開したい気持ちはわかりますし、やっちゃいますよね(笑)

しかし、一回一日放置してみてください。
愛を込めて書いた記事ですが、一日忘れてあげましょう。

そして、一日たって口にだして読んでみましょう。
この時に、かけている言葉やおかしなフレーズが明らかになってきます。
記事を磨いてより良質なコンテンツに仕上げましょう。

そして、公開です。

最後に

コンテンツ戦略は今後のホームページにとって
とても重要な役割になってきます。
Googleのアルゴリズムは変化を続け
良質なコンテンツがあるホームページの順位をあげていくようになりました。

数ページのホームページで戦える時代ではなくなってきているのです。
更新できるシステムをいれ、そしてコンテンツを定期的にアップする。

更新が出来ない、コンテンツが書けないでは
近い将来、インターネットからの集客が難しくなる時代が
高い確率でやってくると思います。

しかし、これはチャンスなのです。
競合がやっていなければ、その市場を独占する事だって可能です。

コンテンツを作ることは、簡単な事ではありません。
しかし、コンテンツ作成に時間をかけた分だけ
見返りは大きいです。

あなたの会社も是非、コンテンツ・マーケティングを導入してみては
いかがでしょうか?

興味があればSONIDOまでお問合わせください。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

▼5年後あなたの仕事がなくならないために▼
↓↓↓
コンテンツ戦略


WEB制作会社が知らなかった、ホームページ集客の成功技術をプレゼント!!

約10年間ホームページ制作会社で働き、失敗と成功を経験し
3年以上のホームページでの集客をコンサルティングして結果を出してきた
5年後も安定した収入を作り出せる「ホームページ集客の仕組みづくり」

是非この機会にダウンロードして、あなたのホームページの集客に役立ててください。
もしあなたが

  • ●ホームページ集客を夢で終わらせない戦略
  • ●星の数ほどある中から選んでもらう方法
  • ●ホームページが集客効果を上げるコツ
  • ●ホームページ集客で失敗するポイント
  • ●ホームページ集客を成功へ導くポイント

など、77ページにわたって解説しています。
また内容はホームページ制作会社が知らなかったことや教えてくれないことでもあります。



売上UPの為のホームページに興味ある方、他にいませんか?

ホームページを作るということは、インターネット上にあなたの会社の営業マンを置くということです。もし、その目的でなければ、弊社は役不足かも知れません。

SONIDOはあなたの会社の優秀な営業マンを作ることで、あなた会社の売り上げ向上と集客安定化を使命としてやっています。
Googleの理念に基づき、競合他社と差別化するご提案をしております。

もしあなたが

  • ●ホームページから反応がないので、大変困っている
  • ●リニューアルしたいけど、今の制作会社に頼んでも良いのかどうか迷っている
  • ●ライバル店がホームページで売り上げがアップしたと聞いて内心焦っている
  • ●競合の会社よりも集客したいがどうすればいいのか分からない
  • ●ホームページを作りたいけれど、いくらかかるのか調べている
  • ●もっと安定した売り上げを出す仕組みがほしい

などでお悩みならSONIDOのサービスを一度見てみることをオススメします。

最初に結論をお話ししますと、これらの悩みを解決するのは、ご想像のとおり「集客」です。

SONIDOでは、あなたのホームページを制作し公開してから運用まで、バランス良く動かせていくノウハウを、出し惜しみすることなく提供していきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です