フロントエンドとバックエンドで競合に勝つ

フロントエンドが重要

フロントエンドとバックエンドとは

フロントエンドとバックエンドという言葉はご存じでしょうか?
マーケティングを勉強している方は当たり前というキーワードです。

フロントエンドを簡単に説明しましょう。

・集客のための商品
・見込み客に売るための商品
である。

ではバックエンドは?

・利益を出す商品
・既存客に売る商品
である

ここでフロントエンドとバックエンドの目的について違いがあります。

フロントエンドの目的は顧客を集める事。
バックエンドの目的は利益を出す事。

簡単な説明ですが、フロントエンドとバックエンドの事はお分かりいただけたでしょうか?

ここで質問させてください。
あなたのビジネスにおけるフロントエンド商品とバックエンド商品はなんでしょうか?

フロントエンドが明確になっていないケースというのはよくあります。
マーケティングにおいて、フロントエンドとバックエンドはとても重要で必要不可欠なものなのです。

フロントエンドでは利益を求めてはいけない

フロントエンドは顧客リストを集める事が目的なので
そこで利益をあげようとするものではありません。
利益を求めた場合、顧客リストはずっと少なくなるでしょう。

大事なのはバックエンドで利益を出すという考え方をしなければいけません。

フロントエンドで集めたお客さんに対して信頼関係を構築し
バックエンドを買ってもらう。
この仕組み化が出来れば競合を圧倒的に引き離す事ができるでしょう。

フロントエンドの売り方について

よく価格を落とすなと言われますが、
フロントエンドに関して言えば圧倒的な価格勝負です。
こんなに安くていいの?ぐらいな値段でいいでしょう。

他のライバルが同じような事をしていれば
それよりももっと安い値段で売る。
それだけで見込み客を集める事が出来ます。

要するに市場価格よりも安く販売する事が売り方の基本です。
ここで欲を出してはいけないという事ですね。

フロントエンドを買う人はあなたの事はまったく知りません。
なんだか低価格だし良さそうだから、買ってもらい
あなたの事を知ってもらうのです。

そして、次のバックエンドに繋げていくのです。

フロントエンドの事例

お米屋をやっている人は
お米を買ってもらいたいわけです。
お米がバックエンド商品というわけです。

しかし、初めからお米を売るのではなく
フロントエンドを買ってもらってから
お米のセールスをした方がよっぽど簡単に売れます。

ではそのフロントエンドはどのような物を商品にできるでしょうか?
おにぎりです。
自分のお米で作ったおにぎりを販売するのです。

おにぎりを食べてお米のおいしさが分かってもらえれば
お米を売るのはさほど難しくはありません。

ではマクドナルドはどうでしょう?

100円マックなどをフロントエンドを売っています。
しかし、セット商品や期間限定商品を買ってもらうのが本来の理由です。
100円商品は人を呼び込ますための商品です。

来店したお客さんは、当然他の商品も見ますよね。
期間限定メニューを買ったりマックセットを結局は購入します。

フロントエンドというのは
知らないだけで、いろいろな企業がやっています。
CMを見れば何がフロントエンドかわかるでしょう。
お試し商品がフロントエンドなわけです。

あなたもマーケティングを知らないけれど
やっているという事もあるかも知れません。
もしもフロントエンド商品がなければ
作ってくださいね。

バックエンドよりもフロントエンド

バックエンド(利益がでる商品)をいきなり売りたい気持ちは
すごくわかりますが、フロントエンドを買ってもらえれば
バックエンドを売るのはそこまで難しくはないという事です。

より効率的にバックエンドを購入してもらう為に
フロントエンドが必要なわけです。
競合との勝負はフロントエンドで決まると言っても過言ではないのです。

例えばあなたのライバル会社があるとします。
どのようにフロントエンドを売ればいいのか。
ポイントをまとめておきます。

どこで売るのか?
競合と同じところで売ってください。
PPCで売っているならPPCで。
広告で売っているならその横に広告を出す。

何を売るのか?
競合と同じようなものでいいです。
敢えてかえる必要もありません。
競合がよく売れているものがいいでしょう。

いくらで売るのか?
ここポイントです。
競合よりも安く売る。
重要です。

どうやって売るのか?
競合と同じように売ってください。

一つだけポイントが違うところは
価格のみです。
単純な事ですが、これだけでいいのです。

ここで、ライバル会社に悪いとか思っていては
いつまでたってもライバル会社に勝つことはできません。

最後に

ライバルに勝つ鉄則ですが
競合が出している広告の横に広告を出すのです。
そしてより強いオファーを出してみてください。

一番に競合がどのような事をやっているのかを調べてください。
広告をだしているなら、どのメディアを取り扱っているのか?
ホームページはどんな感じなのか?
価格はいくらなのか?
集客方法はどうしているのか?

あなたが本当に競合に勝ちたいと思うのなら
これはとても参考になる事だと思います。

あなたはその市場でトップになる為に
何をしなければいけないのか?

そして、勝負に勝つ事に対して貪欲でなくてはなりません。
参考になれば幸いです。

フロントエンドが重要

WEB制作会社が知らなかった、ホームページ集客の成功技術をプレゼント!!

約10年間ホームページ制作会社で働き、失敗と成功を経験し
3年以上のホームページでの集客をコンサルティングして結果を出してきた
5年後も安定した収入を作り出せる「ホームページ集客の仕組みづくり」

是非この機会にダウンロードして、あなたのホームページの集客に役立ててください。
もしあなたが

  • ●ホームページ集客を夢で終わらせない戦略
  • ●星の数ほどある中から選んでもらう方法
  • ●ホームページが集客効果を上げるコツ
  • ●ホームページ集客で失敗するポイント
  • ●ホームページ集客を成功へ導くポイント

など、77ページにわたって解説しています。
また内容はホームページ制作会社が知らなかったことや教えてくれないことでもあります。

売上UPの為のホームページに興味ある方、他にいませんか?

ホームページを作るということは、インターネット上にあなたの会社の営業マンを置くということです。もし、その目的でなければ、弊社は役不足かも知れません。

SONIDOはあなたの会社の優秀な営業マンを作ることで、あなた会社の売り上げ向上と集客安定化を使命としてやっています。
Googleの理念に基づき、競合他社と差別化するご提案をしております。

もしあなたが

  • ●ホームページから反応がないので、大変困っている
  • ●リニューアルしたいけど、今の制作会社に頼んでも良いのかどうか迷っている
  • ●ライバル店がホームページで売り上げがアップしたと聞いて内心焦っている
  • ●競合の会社よりも集客したいがどうすればいいのか分からない
  • ●ホームページを作りたいけれど、いくらかかるのか調べている
  • ●もっと安定した売り上げを出す仕組みがほしい

などでお悩みならSONIDOのサービスを一度見てみることをオススメします。

最初に結論をお話ししますと、これらの悩みを解決するのは、ご想像のとおり「集客」です。

SONIDOでは、あなたのホームページを制作し公開してから運用まで、バランス良く動かせていくノウハウを、出し惜しみすることなく提供していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です