売上を上げる集客ホームページ制作なら神奈川県藤沢市のソニド-SONIDO-

【今だけ無料】お金をかけずに理想のお客を引き寄せるホームページの秘訣

よくわからないブランディングとは?

 
SONIDO 須山
WRITER
 
よくわからないブランディングとは?
この記事を書いている人 - WRITER -
SONIDO 須山
コンテンツマーケティング・集客ネタ・マーケティングネタなど不定期ですが更新しています! 楽しんで仕事ができる!全てはテストというマインド!をモットーに日々精進しております!!
詳しいプロフィールはこちら

「ブランディングしましょう」

 

聞くことがあります。ネットでも見ることがあります。

 

でも、

 

ブランディングすると何が良いのか良くわからない。

そもそもブランディングって高額商品のものなんじゃないか。

何か面倒そうだし、必要性とか価値もわかんないし。

 

ということで、完全に他人事となっている方もいらっしゃることでしょう。

 

でも、あなたは少しでもブランディングに興味が残っていたから、この記事を読まれているはずですよね。

 

そこで今回は、あなたにきちんとブランディングを知り、できればあなたのビジネスをブランディングしてもらいたいという想いから、よくわからないブランディングについてご紹介していきます。

 

1: ブランディングとは何か

ブランディングとは何か。

 

インターネットの百科事典「Wikipedia」を引用すると次のように書かれています。

 

ブランディングとは、ブランドに対する共感や信頼などを通じて顧客にとっての価値を高めていく、企業と組織のマーケティング戦略の1つ。ブランドとして認知されていないものをブランドに育て上げる、あるいはブランド構成要素を強化し、活性・維持管理していくこと。また、その手法。ここでいうブランドとは高級消費財に限らず、その対象としては、商品やサービス、それらを供給する企業や団体のほか、人物・建築物・史跡・地域・祭事など、あらゆるものが該当する。

出典:Wikipedia

また、日本の一般財団法人であるブランドマネージャー協定協会では、ブランドを次のように定義しています。

 

ある特定の商品やサービスが消費者・顧客によって識別されているとき、その商品やサービスを「ブランド」と呼ぶ

出典:一般財団法人ブランドマネージャー協定協会

 

これらの定義を見ると、ブランドとは類似商品やサービスの中から、消費者によって区別されている要素と言えます。

 

  • 商品そのもの
  • サービスそのもの
  • ネーミング
  • デザイン
  • シンボル
  • キャッチフレーズ

などなど

 

「○○と言えばコレ」という状態の獲得を目指す方法をブランディングと呼んで問題ないでしょう。

 

先ほどの具体例を挙げておくと、より理解しやすいと思います。

 

  • スターバックス
  • コカコーラ
  • ルイヴィトン
  • チロルチョコレート
  • 糸ようじ

 

他にもありますので、探してみると理解がより深まります。

 

2: ブランディングの役割

ブランディングについてお話しました。

 

次は、ブランディングはどのような役割を持っているのかということです。

 

この役割を考えるとき、忘れてはいけないのが、ブランドとは会社側からの一方通行では成り立たないということです。

 

ブランドは会社側から市場へ出すものであり、市場から受け入れてもらえるものでなくてはいけません。

 

ですのでブランディングの役割を見ていくときには、両方の面からの役割を考える必要があります。

会社側からの役割

(1)差別化

ブランディングの役割でイメージしやすいことです。

 

例えば、

 

様々な炭酸カフェイン入りドリンクがある中で「エナジードリンク」と言えば「レッドブル」です。市場での差別化に成功しています。

 

「コーラ」と言えば「コカコーラ」です。

 

 

米国、日本、台湾などなど、高性能なパソコンを各国各社作っていますが、持っておしゃれなパソコンと言えば「Apple」です。

 

同じようなデザインで作っても、たぶん「Apple」のブランドは崩れません。

 

(2)信頼

ブランディングが成功すると何も考えずに信頼され安心してリピートしてもらえます。

 

「ハードロックカフェ」は、どこでも同じだからこそ、来日したアーティストがわざわざ日本でも来店します。

 

(3)広告不要

ブランディングができると、広告しなくても認知されるようになります。

これは経営者からすると大変うれしい役割です。

 

スターバックスが代表的な企業でしょう。その代わり、ブランディングのために映画撮影へ商品や店舗を提供してますけれど。

 

(4)価値アップ

良いものだからブランディングできているので、価値がアップするのは当たり前です。

 

でも、仮に、Mac Airと全く同じ性能のパソコンが並んでいたとき、Appleは15万円、ブランディング出来ていない方は5万円だったとすると、多くの人はAppleを選ぶでしょう。

 

これは価値が高くなっているということと、信頼も関係しているのでしょう。

市場側からの役割

(1)悩まなくていい

商品やサービスを購入しようと悩むとき、ブランディングされている方を選ぶのが簡単です。

 

500円あるから、スタバに行こう。

110円しかないから、今日はマクドナルド。

 

ブランディングによりそれぞれのブランドが伝わっているから、メニューを眺めて悩む必要がなくなります。

 

(2)信頼

こちらにも信頼の役割があります。

 

白物家電と言えば「国産パナソニック」。

ブランド名だけで信頼感が増しています。

 

丈夫な車は「ボルボ」。

これもブランド名だけで事故に遭っても大丈夫な印象があります。

 

カタログで細かなスペックを見なくても、ブランドで信頼も計れます。

 

(3)優越感

バッグや時計、車、靴にスーツ。

ブランドが発信するイメージに自分を重ねることで、優越感をまとえます。

 

ヴィトンのバッグだから、セレブ。

コーチの財布だから、キレイ系なおしゃれ。

 

supremeだから、オイラもストリートで、ちょっとワル系。

 

こういう役割もあります。

 

3: ブランディングの必要性

ここまでお話したブランディングは、どこのビジネスでも必要なのでしょうか。

 

答えとしては、できるならブランディングは、やったほうがいい。

 

というのも、ブランディングを行うと「○○といえば■■」となりますので、市場での認知度がこれまでとは格段に変わります。

 

いちいち細かな説明も必要なくなりますし、市場が自分たちでこちらをイメージしてれますから、価格競争に参入させられる確率もグンと下がります。

 

その証拠に何度も登場しますが「スターバックス」は、他のお店よりも割高でありながらも、客足が減ることもありません。

 

反対に、行列を作っているくらいです。

 

こういった側面を見ると、ブランディングをしなくてもビジネスを続けることはできますが、ブランディングが出来た方がビジネスは格段に楽な方向へ進むということです。

 

また、ブランディングが出来るとスタバのように広告をする必要も減りますので、費用を考えても将来の投資になります。

 

 

ただし、忘れてはいけないことは、ブランディングするための活動時期には、相応の費用が必要となります。

そして同じ市場に、すでにブランディングした競合が存在する場合、競合からの攻撃を回避する方法も用意しておかなくてはいけません。

 

ブランディングとは、市場の大きさよりも、市場で1番になることが大切です。

 

4: ブランディングの価値

ブランディングにはお金に換えることができない価値があります。

 

それはブランド資産と呼ぶこともできると思いますが、一度ブランディングが出来上がると、将来に渡って消費者の意志決定に影響を与えることができるからなのです。

(1)連想してもらえる

「レクサス」と言えば高級車。

そして、お金を持っている人。

本当はそうでなくも、そんな雰囲気を連想します。

 

ということは、がっぽり稼いで成功したい人は「レクサス」を購入しようと考えてくれる確率が高くなります。

 

サッカーの中田が昔、空港ロビーでコロがしていたヴィトンのトランクなども同じような雰囲気を連想させますね。

 

これだけでも、広告を出していないのに購入を検討してくれるのですから、十分に価値があると言えるでしょう。

(2)忠誠心

NIKEファン。

Apple信者。

SONY信者。

 

ブランディングが成功すると、ファンや信者を囲い込むことができます。

これはビジネス上、大変有利な状態を意味しています。

 

ブランドへの忠誠心が高いと、まず価格は判断材料になりません。

 

「NIKEだから1足10万円でも買う。」

「Appleだから1台30万円でも買う。」

「SONYだから何でも買う。」

 

そして、この忠誠心は、企業側が余程の失態を繰り返さない限り、無くなることはありません。

 

 

どちらも価値のあることです。

購入にいたる意志決定をブランディングによってバイパスし、他を探すこと、他と迷うことを排除できるのですから、すごい価値があります。

 

5: ブランディングの方法

じゃあ、今からブランディングしようと、いきなり行動を起こす前に準備をしましょう。

(1)状況を分析する

ブランディングするためには、どの市場でブランディングするのかを決めないといけません。

 

そのためには、

 

  • 自社の強みと弱み
  • 競合のやっていること
  • 競合の市場状況
  • ターゲットとする要素

 

これらを洗い出し分析することが大切です。

 

ここで手を抜くと、競合がわんさか存在する市場へ、ブランディングのために費用と手間をつぎ込むことになります。

 

 

先ほども触れましたが、ブランディングは市場の大きさではありません。

市場で一番になれるところを探し、一歩ずつブランドを築くのが目標です。

(2)強みとイメージ

分析が終わると、自社のブランドが持っている強みを見つけましょう。

そして、その強みを持つブランドに、市場に存在する顧客から、どのようなイメージを持ってもらいたいのかを検討します。

 

  • レクサスのようなイメージ
  • スタバのようなイメージ
  • ベビースターラーメンのようなイメージ

 

ブランドとして提供すること、提供することによって顧客が得られる価値を整理しながら考えていきましょう。

(3)メディア

ブランディングは、自社内で「こんなブランドにしようと思います」と発表していても何も変わりません。

 

ブランディングは、市場へ向けて発信しないといけません。

そこで、どのような方法で市場へ向けて発信するのかを検討しましょう。

 

市場にいるターゲットへ届けることができるメディアを選ぶことが大切です。

 

  • インターネット
  • テレビ
  • ラジオ
  • 新聞

 

フィットネスクラブ「Bモンスター」のように、渋谷ジャックという方法もあります。

 

必要なのは、届くメディアを選ぶことです。

 

6: ブランディングを評価する

市場に対してどのくらいブランディング出来ているのか。

 

評価することが必要です。しかし、ブランディングの評価は簡単ではありません。

 

というのも、何をもって評価するのかが決まっていないからです。

 

  • 売り上げの増減で判断する
  • 知っている/知らないで判断する
  • ロゴやネーミングで連想してもらえるかどうか

 

他にも評価するポイントはありますが、あなたのビジネスでは何を評価基準にするのかを決めておきましょう。

 

そうしないと、「評価されている、評価されていない」が、人によって全く違ってきます。

 

自社の中でも話が食い違い、ブランディング施策が混乱しますので評価するときには注意しておきましょう。

 

7: まとめ

ブランディングについて紹介していきました。

 

ブランディングは出来ればやった方が良いです。

でも、やらなくてもビジネスは継続できます。

 

市場でのシェア拡大。

長期的な利益。

100年先まで続く会社。

 

こういったことに興味があるのなら、ブランディングをはじめてみてもらいたいです。

 

 

集客力が10倍アップするホームぺージ
「ホームぺージを作ったのに集客につながらない」
と嘆いているあなたへ

このレポートでは、ホームぺージから成果を出すための原動力となった「ホームページ集客成功の最大の秘訣」について公開しています。例えば、、、

●なぜ、62.1%のホームページは集客できないのか?(これを知ると、ホームページはもちろん、ビジネスモデルの根本的な部分から考え直したくなるでしょう)
●ストップ!これを知る前に業者にホームページの制作を依頼してはいけません(制作業者が集客できるホームページが作れない最大の理由)
●独立しても仕事がなかった私が人生のどん底で見つけた、インターネットを使って集客を成功させるための”最大の秘訣”(これを知っただけでも、あなたのホームページ対する考え方は180度変わってしまうでしょう)
●「買ってください」とお願いするのはもうたくさん?だったら、この方法を使ってください。売り手と買い手の立場を逆転させる”ちょっとずる賢い方法”
●売れるホームページとトップセールスマンの”意外な共通点”。プラス、あなたのホームページを嫌われるセールスマンから売れるセールスマンにするために必ず知っておくべきこと…

などなど、36ページにわたって解説しています。

今なら、このレポートを読んでくれた人限定で「シークレット・プレゼント」をご用意しています。プレゼントの内容は読んでからのお楽しみですが、商品の割引とかクーポンとか、そういったオファーではありません。完全無料のプレゼントです。

きっと喜んでいただけると思いますが、実はかなり労力がかかる代物なので(笑)、正直に言って、いつまで続けられるかわかりません、、、

この記事を書いている人 - WRITER -
SONIDO 須山
コンテンツマーケティング・集客ネタ・マーケティングネタなど不定期ですが更新しています! 楽しんで仕事ができる!全てはテストというマインド!をモットーに日々精進しております!!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「ホームページ集客成功の最大の秘訣」のレポートを
無料でプレゼント

集客力が10倍アップした!
ホームぺージ集客成功の7ステップ

あなたはホームページ集客でこんな間違いをしていませんか?
今すぐダウンロード
close-link

検索上位で集客力が
10倍UP!

ホームページ集客
「成功の7ステップ」を
プレゼント!

あなたはホームページ集客で
こんな間違いをしていませんか?
無料でダウンロード
Terms and Conditions apply
close-link
Click Me