webの文章テクニックはホームページ集客の基本です

webの文章テクニックはホームページ集客の基本です

ホームページで集客するためには、

  • コンテンツを作って提供する
  • PPC広告から集める
  • Facebook広告から集める

 

  • チラシにURLを書いておいて集める
  • QRコードを書いておいて集める
  • 名刺に検索ワードを入れておいて集める

 

さまざまな集め方がありますが、すべてに共通しているのは

 

『文字で伝えている』

 

ということです。

 

「でも、動画だったら文字じゃないし」

 

そう思われるかもしれませんね。

しかし、集客率を高めている動画は、

  • 前もって文章でシナリオを作っている
  • 文章を書くのが得意な人が話している

 

こういう裏事情があります。

 

どこかで「文章」を作り、その文章を読むか暗記するかしているというわけです。

ということで「文章で伝える」というテクニックは、ホームページ集客になくてはならないテクニックなんですね。

 

そこで今回は、webの文章テクニックの基本と、このテクニックを身につけることで、どういうことに役立てられるのかをお話します。

1: 集客にはデザインよりも文章が重要な理由

集客にはデザインよりも文章が重要な理由

ホームページは視覚的なインパクトが強いものです。

ですから、デザインで差をつけて見た人を引き込もうとします。

 

これはアルマーニなどのファッションブランドサイトに見られる傾向です。

ファッションブランドの場合、特に男性ファッションの場合は、画像や動画のイメージが購買へ結びつきます。

 

細かな素材やボタンの数、ジッパーの種類などは後回し。

見た目が「カッコイイか」「モテそうか」、これが決め手になっています。

 

しかし、僕たちの仕事では、このようにはいきませんよね?

画像や動画のイメージだけで購買へ結びつくという仕事は、どれくらいあるでしょうか。

 

もし、あなたの仕事がそうであるなら、デザイン重視のホームページでも間違いではないと思います。

 

でも、そうでないのなら、、、

 

ホームページへ訪問された人が知りたいのは

「自分の悩みや問題が解消できること」

この1点だけです。

 

そして、この1点を理解してもらうには、文章の力が必要になってきます。

 

「活字離れ」と言われますが、文庫本や新書や雑誌を読む人が減ったというだけで、文字を読まなくなったのではありません。

思い出してほしいのですが、あなたも移動の空き時間にスマホで何かのニュースやおもしろ情報を読んだことがあるでしょう。

 

このように、誰もが文字を読んでいます。

そして、文字を読むことは自然なことです。

 

だからホームページ集客には、デザインよりも文章が重要だと僕は考えています。

 

しかし、ただの文章では集客につながりません。

集客するための文章には、次のような特徴があります。

  • 読みすすめやすい
  • わかりやすい
  • 相手目線

 

では、次の章では、これらの特徴を満たす文章テクニックの基本をお話します。

 

2: web文章テクニックの基本

web文章テクニックの基本

文章は深く入り込むと、ワケがわからなくなるくらい深い世界です。

だからほとんどの人は、文章を書くことを嫌がります。

 

しかし、ここに大きな誤解があるんです。

それはどんな誤解かというと

「僕たちは、小説家ではない」

ということです。

 

上手な比喩。

しゃれた言い回し。

村上春樹のような文体。

 

こういうスキルは必要ありません。

あれば、あったで良いですけれど、こういうスキルがないから書けない。

 

ということはありません。

 

では、僕たちに必要な文章テクニックとはどんなものかというと

(1)読みすすめやすい

必要なのは難しい言い回しではありません。

専門的な言葉でもありません。

 

webの文章は「つぎつぎと」読みすすめてもらえるものが必要です。

せっかくホームページへ訪問してもらったのに、読みにくい文章では3秒で離脱(別のサイトへ移動)されてしまいます。

 

僕たちが心がける基本テクニックは

「つぎつぎと読みすすめてもらえる」

こんな文章を意識することです。

 

自分が書いた文章を、声を出して読んでみてください。

言葉がつまる、意味がボヤっとしている。

そんなところがわかります。

 

この部分を修正するだけでも、読みすすめやすい文章にアップします。

(2)わかりやすい

わかりやすさも必要です。

 

ということは、専門用語は必要ないということです。

 

一般的によく言われることですが

「小学5年生にもわかるように」

これが理想です。

 

噛み砕いて、スッと頭に入る。

漢字を少なくし、ひらがなやカタカナで書いてもOKです。

 

わかりやすさは、読みすすめやすさにもつながります。

 

この2つを実現するために、もっとも効果的な文章の書き方は

「話し言葉で書く」

これが正解です。

 

かしこまった論文のように書かないでくださいね。

あなたが友人や知人へ「話すように」、そのまま書いてください。

(3)相手目線

webの文章テクニック特有の考え方を覚えてください。

 

あなたが小学校や中学校で書いた作文は、自分の目線で書いていたと思います。

読書感想文もそうだったと思います。

 

しかし、webの文章テクニック、特にホームページでの集客を考えた場合には

「相手目線」

これが必要となります。


ここを絶対に覚えてください。

 

では、相手目線とはどういうものかというと

 

  • 相手が得することを伝える

これは相手にとって、あなたを選ぶ理由、価値になります。

あなたを選ぶ理由がないのなら、相手はあなたを選びません。

選ばれるためには「相手が得すること」を相手目線で知ってください。

 

  • 「あなた」に伝える

選挙運動で耳にする「みなさま」という言葉。

これを使ってはいけません。

僕たちに必要なのは「あなた」です。

たった1人に向かってメッセージを伝えてください。

 

  • 不安を無くす

あなたも同じだと思います。

僕も同じです。

 

初めて訪問したホームページに書いてあることを、すべて信じることはないと思います。

どこかで疑い「大丈夫かな?」と不安を持っているものです。

 

ここで相手目線が重要になります。

相手の不安がなくなるように伝えましょう。

 

価格が他よりも高いなら、なぜ高いのか理由を伝えましょう。

価格が他よりも安いなら、なぜ安いのか理由を伝えましょう。

 

  • あなたの当たり前は、相手の当たり前ではありません

よくあることです。

僕も良くあります。

 

自分にとって当たり前のことってありますよね?

この当たり前、相手にとっても当たり前だと思ってしまうんですね。

 

でも、残念なことに、ほとんどの場合

「相手にとっては、当たり前ではない」

これが答えです。

 

ですから、ホームページで集客を考えるなら、webの文章に忘れず「あなたの当たり前」を丁寧に書きましょう。

 

  • 商品やサービスを提供できるエリア
  • お問い合わせや見積もりは無料
  • キャンセル料はいただいておりません
  • 標準セットの内容
  • お問い合わせから提供までの流れ
  • 保証期間や保証の内容

 

他にもありますが、あなたや業界で当たり前となっていることを、きちんと伝えるようにしてください。

少しの違いが、集客率に影響します。

 

3: 文章を引き立てるのがデザイン

文章を引き立てるのがデザイン

文章が出来たら、次にホームページのデザインが決まります。

 

デザインは、文章をより魅力的に見せる役割です。

文章だけでは伝わりにくいところを、デザインで補強する。

 

そんなイメージをしてもらうのがいいですね。

ただ、

  • かっこいい
  • クール
  • かわいい
  • キレイ
  • セクシー

 

こういう部分を先に決めてホームページを作るのではありません。

ホームページ集客を本気で考えるなら、文章を引きたてるデザインを考えてください。

 

決して自分の好き嫌いでデザインを決めないでくださいね。

 

4: 外部に依頼するときの注意点

外部に依頼するときの注意点

ホームページで集客したい。

でも、自分たちでホームページを作るのはちょっと、、、

 

じゃあ、外部の制作会社へ依頼するか。

そんな流れになると思いますが、このときに注意してもらいたいことがあります。

 

それはどんなことかと言いますと、

ホームページ制作会社さんの多くは「文章作成」をやってくれません。

 

ホームページ制作を依頼すると、

「原稿が書けたらメールで送ってくださいね」

 

といわれます。

 

これは、どういうことかというと、

 

あなたが自分で

  • 誰に向かって
  • 何を
  • どのような順に

 

文章を書くのか決めて書かないといけない、ということです。

 

多くのホームページ制作会社さんは「枠に文章をはめ込むだけ」が仕事だと理解しておきましょう。

 

ですが、

中には文章作成を行っているところもあります。

また文章作成の方法をレクチャーしているところもあります。

 

もし、あなたがホームページから集客することの初心者なら、文章作成までカバーしてくれるホームページ制作会社を選びましょう。

ここが押さえられると、あなたのホームページ集客も成功に近づけます。

 

5: まとめ

ホームページで集客したいと思うとデザインに目がいきます。

 

大きな画像を貼って、色は黄色がベースで、とか。

○○のようなデザインがかっこいいので、あんな風にとか。

 

でも、本気で集客したいのなら、デザインは魅力的な文章があってこそ引き立つものなのです。

 

ホームページ集客は、webの文章テクニックの基本を押さえることが先決。

基本を押さえ、文章を作った後、はじめてデザインが登場します。

 

あなたもこれからホームページを使って集客することを考えておられるなら、

「集客にはwebの文章テクニックが必要なんだ。」

 

このことを覚えておいてほしいと思います。

 

ホームページ集客について、疑問や質問などがありましたら「お問い合わせ」からご連絡ください。

あなたのホームページから問い合わせが増えるための、お役に立てれば幸いです。

▼5年後あなたの仕事がなくならないために▼
↓↓↓
webの文章テクニックはホームページ集客の基本です

WEB制作会社が知らなかった、ホームページ集客の成功技術をプレゼント!!

約10年間ホームページ制作会社で働き、失敗と成功を経験し
3年以上のホームページでの集客をコンサルティングして結果を出してきた
5年後も安定した収入を作り出せる「ホームページ集客の仕組みづくり」

是非この機会にダウンロードして、あなたのホームページの集客に役立ててください。
もしあなたが

  • ●ホームページ集客を夢で終わらせない戦略
  • ●星の数ほどある中から選んでもらう方法
  • ●ホームページが集客効果を上げるコツ
  • ●ホームページ集客で失敗するポイント
  • ●ホームページ集客を成功へ導くポイント

など、77ページにわたって解説しています。
また内容はホームページ制作会社が知らなかったことや教えてくれないことでもあります。


売上UPの為のホームページに興味ある方、他にいませんか?

ホームページを作るということは、インターネット上にあなたの会社の営業マンを置くということです。もし、その目的でなければ、弊社は役不足かも知れません。

SONIDOはあなたの会社の優秀な営業マンを作ることで、あなた会社の売り上げ向上と集客安定化を使命としてやっています。
Googleの理念に基づき、競合他社と差別化するご提案をしております。

もしあなたが

  • ●ホームページから反応がないので、大変困っている
  • ●リニューアルしたいけど、今の制作会社に頼んでも良いのかどうか迷っている
  • ●ライバル店がホームページで売り上げがアップしたと聞いて内心焦っている
  • ●競合の会社よりも集客したいがどうすればいいのか分からない
  • ●ホームページを作りたいけれど、いくらかかるのか調べている
  • ●もっと安定した売り上げを出す仕組みがほしい

などでお悩みならSONIDOのサービスを一度見てみることをオススメします。

最初に結論をお話ししますと、これらの悩みを解決するのは、ご想像のとおり「集客」です。

SONIDOでは、あなたのホームページを制作し公開してから運用まで、バランス良く動かせていくノウハウを、出し惜しみすることなく提供していきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です