コンテンツ・マーケティングで有効なストーリーテリングと5つの特徴とは?

コンテンツ・マーケティングで悩む事は
何を書けばいいのか・・・とう事ではないでしょうか?

これからのホームページはいかに質の良いコンテンツ
公開していけるかが鍵になっていきます。

しかし、コンテンツマーケティングをいざやろうと思っても
コンテンツが・・・という問題に必ずぶつかると言ってもいいでしょう。

今回は、コンテンツマーケティングで有効なストーリーテリング
書き方について紹介します。

ストーリーテリングとは?

まずストーリーはなんだと聞かれれば
物語ですよね。
ストーリーが好まれる理由の一つとして、
幼少期に童話など物語を多く聞かされている事があげられます。

そして、ストーリーを読むのは、なんの抵抗を感じない人が多いのではないでしょうか?

ストーリーをコンテンツに入れるというのは、
見込み客との共感を得るためにはとても有効な事なのです。

これは、ホームページやセールスレターでも同じです。
ストーリーにはとても大きな力があるので
ぜひ覚えておいてください。

ストーリーテリングとは
まずはネットで検索!

「ストーリーテリング」とは、伝えたい思いやコンセプトを、それを想起させる印象的な体験談やエピソードなどの“物語”を引用することによって、聞き手に強く印象付ける手法のことです。抽象的な単語や情報を羅列するよりも、相手の記憶に残りやすく、得られる理解や共感が深いことから、企業のリーダーが理念の浸透を図ったり、組織改革の求心力を高めたりする目的で活用するケースが増えています。
引用元:ストーリーテリングとは – コトバンク

ストーリーテリングとはストーリーを使い聞き手に強く印象づける手法の事です。

あなたは、何者?でどのように役立っているのか?
誰の生活を豊かにするために何を提供し、見込み客の問題をどう解決し、
また彼ら、彼女らのニーズにどう応えているのか?など
ストーリーテリングはあなたのビジネスが
現実世界にどう存在しているかを表現するものになっていきます。

真実の話をいかにうまく伝えるか

ストーリーテリングは、見込み客と共感する事ができ
また、あなたの会社のありのままを見る機会を与えます。

要するにあなたの会社に共感する機会を与えてくれるのです。
そして、本物の価値を提供している会社、起業家だと伝える事ができるのです。

しかし、単に語るだけではうまく伝わらないのが現状かも知れません。
優れたコンテンツは、何を語るではなく、どう語るかによってきます。

説得力あるストーリを作るための5つの特徴

ストーリーテリングの効果はわかったけど
どのように作り上げればいいのでしょうか?
次の5つの特徴を参考に、説得力のあり魅力的なストーリーを作りましょう。

特徴1:真実である

ストーリーテリングはブランドストーリーと一緒です。
なので、作り話ではないのです。
あなたが語るストーリーはすべて真実でなくてはいけません。
実在の人々、現実の状況、本当の感情、そして事実で構成されます。
あなたの会社が見込み客の生活をどう改善できるのかを
顧客が理解できる言葉で
説明しましょう。

特徴2:人間味がある

あなたの会社の商品・サービスが企業むけであろうと
商品やサービスが人々の生活にどうかかわるのかを考えるようにしましょう。
人を中心に考える。これこそが人間味の心得です。

特徴3:オリジナリティがある

ストーリーを通して何らかの斬新な視点を提供してあげましょう。
あなたの会社はどこがおもしろいのか?
なぜそれが重要なのか?
他のコンテンツをみなくとも、あなたの会社と認識できるでしょうか?
独自のオリジナリティは、会社の売りになります。
ぜひこの機会に考えてみましょう。

特徴4:顧客の役に立つ

ストーリーの内容はあなたやあなたの会社ついてのものであっても、
顧客の生活と関連づけて語らなければなりません。
ブランドストーリーが企業中心の視点で書かれている一方的な
主張にはなっていないか確認してください。

その場合多くの顧客はつまらないと思っているかもしれません。
つまらなければ読まれません。

優れたコンテンツは顧客を参加させ、顧客をストーリーの主人公にしています。
たとえ、退屈な商品だとしても、
その商品やサービスがどのように人々の生活に関わるのか?
なぜ人々がそれを利用すべきなのか?
に集中する事が顧客をストーリーに引き込む要因になります。

特徴5:長期的なビジネス戦略と足並みそろえた大きなストーリーを語る

スカイプを例にとってみましょう。
スカイプはインターネット音声通話・テレビ電話のサービス企業です。

スカイプが制作した「Born Friends」の動画は、
片腕がない状態で生まれた二人の少女の物語を伝えています。
※英語なので、字幕を出してお楽しみを!

二人は遠く離れてくらしていたがスカイプ(Skype)を通してつながり、
やがて実際に対面する日が訪れます。
このストーリーは通話のクオリティーや世界市場への進出といった話ではありません。

データパケット通信のことを言っているわけでもなく
電話通信にかわる事を宣伝しているものでもありません。

その代わりに、こうしたテクノロジーが人間同士をつなぐために
どう役立っているのかを、さりげなく、そして強く伝えているのです。

あなたは世界をどう変えられうのでしょうか?
あなたが長期的に伝えていきたいことはなんだろうか?
足並みそろえたストーリを作り上げましょう!

最後に:ストーリーを考える9つの質問

ストーリーテリングについて、興味がわいたでしょうか?
もしそうであれば幸いです。
そして、実行するにあたって、下記の質問に答えて
実践してみてください。
簡単な実行ではありませんが、大切な事を思い出させてくれるかもしれません。

質問1:あなたの会社の特別なところはどこ?
質問2:会社設立の経緯で興味部会ところは何?
質問3:あなたの会社はどんな問題を解決しようとしているか?
質問4:何をビジネスの動機づけにしている?
質問5:これまで経験した、あっそうか!というひらめきの瞬間は?
質問6:あなたの会社はどのように進化してきた?
質問7:あなたは自分の会社、顧客、自分自身についてどう感じている?
質問8:最も重要なビジョンに関して、あなたの会社は世界をどう変えれるのか?

あなたやあなたの会社は世界を変えるためにあります。

 

WEB制作会社が知らなかった、ホームページ集客の成功技術をプレゼント!!

約10年間ホームページ制作会社で働き、失敗と成功を経験し 3年以上のホームページでの集客をコンサルティングして結果を出してきた 5年後も安定した収入を作り出せる「ホームページ集客の仕組みづくり」 是非この機会にダウンロードして、あなたのホームページの集客に役立ててください。 もしあなたが
  • ●ホームページ集客を夢で終わらせない戦略
  • ●星の数ほどある中から選んでもらう方法
  • ●ホームページが集客効果を上げるコツ
  • ●ホームページ集客で失敗するポイント
  • ●ホームページ集客を成功へ導くポイント
など、77ページにわたって解説しています。 また内容はホームページ制作会社が知らなかったことや教えてくれないことでもあります。

売上UPの為のホームページに興味ある方、他にいませんか?

ホームページを作るということは、インターネット上にあなたの会社の営業マンを置くということです。もし、その目的でなければ、弊社は役不足かも知れません。

SONIDOはあなたの会社の優秀な営業マンを作ることで、あなた会社の売り上げ向上と集客安定化を使命としてやっています。
Googleの理念に基づき、競合他社と差別化するご提案をしております。

もしあなたが

  • ●ホームページから反応がないので、大変困っている
  • ●リニューアルしたいけど、今の制作会社に頼んでも良いのかどうか迷っている
  • ●ライバル店がホームページで売り上げがアップしたと聞いて内心焦っている
  • ●競合の会社よりも集客したいがどうすればいいのか分からない
  • ●ホームページを作りたいけれど、いくらかかるのか調べている
  • ●もっと安定した売り上げを出す仕組みがほしい

などでお悩みならSONIDOのサービスを一度見てみることをオススメします。

最初に結論をお話ししますと、これらの悩みを解決するのは、ご想像のとおり「集客」です。

SONIDOでは、あなたのホームページを制作し公開してから運用まで、バランス良く動かせていくノウハウを、出し惜しみすることなく提供していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です