2017年9月3日、僕はぶどう狩りに行く。

あまりにも「弁慶果樹園」のぶどうがおいしかったので、藤沢でぶどう狩りができる「弁慶果樹園」を紹介するよ。

ちなみに、嫁は果物がとにかく好きだ。

(毎日何かしらの果物がでてくる我が家)

そして

嫁はゴリラに似ている(いつもネタにしてすまんが必要なんだ)

ぶどうが一番好き!

果物の中でも特に好きなのは、ぶどうらしい。

バナナではないのだ。

ゴリラがバナナより好きなぶどう。

特にピオーネにはまっているが、藤稔(ふじみのり)も美味しいという発言。

 

そのゴリラ・・・いや嫁が絶賛していたぐらいだから、本当に美味しいぶどうの品種であろう。

ぜひ食べてみてほしい。

 

 

 

じゃ~さっそく、藤沢にある「弁慶果樹園」を紹介するよ。

はじめてのぶどう狩りだから楽しみだ。

 

駐車場の場所が少し分かりにくいが、電話したら丁寧に説明してくれたよ。

おしゃれな看板があるから目印にしてね。

ホームページには「小型車 100台」と書いてあるよ。

普通車だと何台?とつっこみたくなるが、かなり広いよ。

 

「弁慶果樹園」の入り口にきたよ。

(子供がメインになってるな…)

消し消し・・・

 

じゃ~早速いくよ。

(雑だよ)

 

どこから、行っていいのかわからないから、ピンポンするね。

 

ピンポ~ン!

 

僕:『ぶどうハウスはどう行くんですか?』

多分スタッフさん:『ここの脇道を入って道なりにいってね』

別にピンポンする必要はないよ。

 

ぶどうハウスの行き方を書いたから、直接ぶどうハウスに行ってね。

いちいちピンポンされては困るだろう。

 

こんな感じでとるんかな?

ぶどうハウスが見えてきたよ。

 

ぶどう狩り 弁慶果樹園

ぶどうハウスの中だよ。

そんなに広いとは思っていなかったが、めちゃ広い。

おまけに木が高い。

バーベキューもやってるよ。

※バーベキューは冬でもやってるらしい

 

僕:『ぶどうの木ってあんなに高いの?』

嫁:『ねっ!しょうた(子供)はとれないね』

僕:『じゃ~しょうたは助手として手伝ってね。それともやってみる?』

 

子供:『・・・みとく(お前がやれ)』

 

受付で入園料を払ってね。

大人:300円、子供150円だよ。

でも1時間以内だと大人:200円、子供:100円だよ。

税抜き価格だよ。

赤いかごにぶどうあるの分かる?

これ試食できるよ。

 

僕:『うまいか?』

子供:『おいしい』

僕:『おとーさんも食べよ』

 

まいう~~!ほんとにまいう~~!

嫁:『何個食べんの。やめな』

受付のおばちゃん:『あはは。いいんですよ』

 

あまり食べすぎないようにね!

(お前が言うなってこと、わかってるからスルーして)

 

このはしごにのぼって、ぶどうをとるよ。

はしごは簡単に移動できるよ。

 

めちゃ簡単に移動できるでしょ!

ただ、どれが”おいしい”ぶどうなのか、初心者が見分けるのは難しい。

 

プロ(嫁)にお願いしよう。

嫁:『なるほど・・・』

(何がなるほどなんだ)

僕:『結局どれがいい?』

嫁:『あんたが言ってたのより、こっちの方がいいね』

 

OK!Gorira

基本プロを信じた方が正解だ。

 

信じよう。

きっとこれが一番おいしいんだ。

 

はじめてのぶどう狩り。

はしごにハサミがついてるから、それで根本を切ってね。

チョキンっ!

 

おおっ。

我が子が生まれたくらいかわいい。

(冗談だ)

 

僕:『お~~い!助手~~』

 

子供:『・・・(偉そうに呼ぶな)』

 

子供:『ちょうだいちょうだい。おおきい』

 

この大きいかごに1つかよ!

(そんなこと思ってないことを祈る)

 

記念撮影。

 

僕:『どことってんだよ!』

嫁:『痛そうだね。うける』

 

僕:『このぶどう、どうですか?』

(吹き出物が気になりだす)

 

受付のおばちゃん:『これすごく良いですよ!絶対においしいと思うわよ』

僕:『嫁がこれがいいって』

受付のおばちゃん:『見る目あるわね』

嫁:『(ウホウホ)』

 

藤稔(ふじみのり)は、1kgで1,600円だよ。

チョキンしたぶどうは900gで1,440円なり。

また試食してしましまった。

 

嫁:『いいかげんにしな。私ももう少しだけ・・・(ウホ)』

 

僕:『弁慶果樹園の方ですか?』

管理のおじさん:『そーだよ』

僕:『楽しかったです』

おじさん:『だろっ』

僕:『写真いっしょに撮らせてください』

おじさん:『ん?撮るんじゃなくて俺と撮るのか?・・・』

僕:『ブログで紹介させてください』

おじさん:『うん・・・』

(変な奴だと少し思われている)

 

『ぶどうの事少し聞いてもいいですか?』

『なんでも聞いてよ』

 

『なんで藤稔(ふじみのり)って名前なんですか?』

『藤沢の青木一直さんて方が「人々に喜ばれるぶどう」を目的とし、育てて藤沢で実ったってことから、名前がきてるらしい。

藤沢で稔る=藤稔だ。ワッハッハ。

当時の市長が本当はつけるはずだったらしいんだが・・・。

とにかく藤沢を代表するブドウで、すごくうまいぞ』

 

『へ~そうなんですね。試食したんですけど、おいしいですよね。

それより、このぶどうの木って高くないですか?』

『わざと高くしてんだよ。高くしたら、その下で色々遊べるだろ。

ここのオーナーの発想だよ。それで今はバーベキューやって楽しめてるだろ。』

 

『素晴らしいですね』

『オーナーは自分で色々やるのが好きでね。おもしろい人だよ』

 

『でもこんなに高い木だと、手入れが大変じゃないですか?』

『そうなんだよ。このハウス120mあるからね。大変も大変だ。

ここのオーナーは自分で手入れするのが好きでね。

はしごを使って、剪定とかするわけなんだけど・・・。

何年前だったかな~。剪定している時にはしごから落ちちゃったんだよ。

人は誰もいなく、携帯があったから自分で救急車を呼んでな。

骨折だよ。

それでな、これ買ったんだよ』

 

『携帯もってて良かったですね。これ何ですか?』

『高所作業車だよ。これすげーんだよ!

横に10m伸びんだよ!でな、360度回転できるから、5回ぐらい移動すれば、この巨大ハウスの手入れが出来るわけだ。

すげーだろ!

見てのとおり、大きいぶどうハウスだろ』

 

『でかいですよね!これは、優れものですね!』

『オーナーがすぐ買ったよ』

 

『他にぶどうの木の手入れってどんなことをするんですか?』

『ぶどうの木はな、ぶどう虫ってのがいてな、それをほっとくとぶどうはダメになってしまうんだ。

だから、年に3回ぐらい高圧洗浄機で駆除するんだ。』

『ぶどうの木に、ぶどう虫がいつかないようにしないとな』

 

『そーなんですね。ぶどう虫をやっつけるんですね。

ここのお仕事、大変ですか?』

『大変だよ~!お前さん。

ここで働きたいって来るだろ?一週間したらこなくなるよ。ワッハッハ』

 

『おじさんと他のスタッフさんはいるんですか?』

『いないよ。俺1人だ。あとはオーナーがいるけどな。ワッハッハ』

(陽気やな)

『受付のおばちゃんは?』

『近所の人だべ。ぶどう狩りの時だけ手伝ってもらってるよ』

 

『ぶどうの季節が終わったら何やってるんですか?』

『10月はさつま芋ほりが楽しめて、11月が柿とりが楽しめるぞ。

バーベキューは冬でも出来るから、またおいでよ。

10名から予約できるから、友達家族さそっておいで』

 

『ありがとうございます!ところでオーナーさんは今いないんですか?』

『オーナーは家でパソコンいじって2時ぐらいにはこっちにくるよ』

 

(・・・ピンポンで出てきた人がオーナーかよ)

俺がオーナーだよ!!(とは言っていない)

 

(かれこれ話すこと20分)

ここまで話すともう友達だ。

 

こんな仲の良い写真も撮れるよ。

『おじさんまた来るね』

『待ってるよ。馬とかいるから少し遊んでいきな』

 

ここでは乗馬も楽しめるんだよ。

のってないけど、触ってきたよ。

動画撮ったよ。

 

触ったけど、めちゃ気持ちよかったよ。

ぜひ馬とも絡んできてね。

 

僕:『よし帰ってぶどう食べるか・・・』

 

きた時に思ってたんだけど、これめちゃ気になるな・・・。

めちゃ深そうだな。

入ってみるよ。

わぁーーーーーーーーーーーーーーー

おとーさん・・・

安心してください。

浅いですよ・・・・

子供:『・・・・・深くないの知ってたじゃん』

 

僕:『コノヤロー。落としてやるよ!!』

子供:『やめてーー!』

嫁:『大人げない・・・・てかオーナーの家の前で遊ぶのやめなよ』

(全然深くないけど、缶とか捨てるのやめましょう)

 

 

帰ってきたよ。

めちゃ大きいでしょ!

 

ぷるんぷるんで、つやっつやでしょ!

食べるよ。

 

まいう~~~~~
幸せや!

いつも、食べた後のコメントが薄いって?

うるせー!

 

マジウマホホ!!

私もオススメする、藤稔(ふじみのり)!

9月中旬までが、一番食べごろだからね。

 

藤沢からは以上です。

京都へお返ししま~す!

 

弁慶果樹園

■所在地:〒252-0816 神奈川県藤沢市遠藤6190
■Tel:0466-48-6660
■フリーダイアル:0120-48-6669 (県内の固定の電話からのみです)
■携帯電話:080-6644-1000
■開園時間:AM10:00~PM5:00(11月~2月はPM4:00まで)
■休園日:不定休。電話にてご確認ください(通常平日は休園)
■駐車場(無料):大型バス1台(予約必要)小型車100台
■入園料:大人324円、子供162円(1時間以内は大人216円子供108円)
■その他料金:果物、BBQ、ドリンクなどは別料金となります

 

弁慶果樹園公式ホームページはこちら

▼【毎月集客の不安があるあなたへ】▼
5年後あなたの仕事がなくならないために
↓↓↓
藤沢でぶどう狩りを楽しむなら絶対オススメ「弁慶果樹園」。品種の藤稔(ふじみのり)がめちゃめちゃおいしかったよ!馬もいるよ。

WEB制作会社が知らなかった、ホームページ集客の成功技術をプレゼント!!

約10年間ホームページ制作会社で働き、失敗と成功を経験し
3年以上のホームページでの集客をコンサルティングして結果を出してきた
5年後も安定した収入を作り出せる「ホームページ集客の仕組みづくり」

是非この機会にダウンロードして、あなたのホームページの集客に役立ててください。
もしあなたが

  • ●ホームページ集客を夢で終わらせない戦略
  • ●星の数ほどある中から選んでもらう方法
  • ●ホームページが集客効果を上げるコツ
  • ●ホームページ集客で失敗するポイント
  • ●ホームページ集客を成功へ導くポイント

など、77ページにわたって解説しています。
また内容はホームページ制作会社が知らなかったことや教えてくれないことでもあります。


売上UPの為のホームページに興味ある方、他にいませんか?

ホームページを作るということは、インターネット上にあなたの会社の営業マンを置くということです。もし、その目的でなければ、弊社は役不足かも知れません。

SONIDOはあなたの会社の優秀な営業マンを作ることで、あなた会社の売り上げ向上と集客安定化を使命としてやっています。
Googleの理念に基づき、競合他社と差別化するご提案をしております。

もしあなたが

  • ●ホームページから反応がないので、大変困っている
  • ●リニューアルしたいけど、今の制作会社に頼んでも良いのかどうか迷っている
  • ●ライバル店がホームページで売り上げがアップしたと聞いて内心焦っている
  • ●競合の会社よりも集客したいがどうすればいいのか分からない
  • ●ホームページを作りたいけれど、いくらかかるのか調べている
  • ●もっと安定した売り上げを出す仕組みがほしい

などでお悩みならSONIDOのサービスを一度見てみることをオススメします。

最初に結論をお話ししますと、これらの悩みを解決するのは、ご想像のとおり「集客」です。

SONIDOでは、あなたのホームページを制作し公開してから運用まで、バランス良く動かせていくノウハウを、出し惜しみすることなく提供していきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です