いい商品なのに売れない。

いいサービスなのに売れない。

 

最高の技術なのに売れない。

最高の品質なのに売れない。

 

でも、

 

そんなに良くない商品なのに売れている。

そんなに良くないサービスなのに売れている。

 

そんなに技術が高くないのに売れている。

そんなに品質が飛び抜けて良くないのに売れている。

 

納得できないことですが、現実にはこのようなことが起こっています。

 

そして、あなたも遭遇したり、巻き込まれたことがあるかもしれません。

 

では、どうしてこんなことが起こるのかというと、、、

 

その理由を今回は紹介したいと思います。

1: 必要なのはコレ

必要なのはコレ

「いいものが売れる」とは限らない。

 

残念ながら、これは真実です。

 

どうしてこんなことが起こるのかというと、こういうことです。

 

「市場に適した商品やサービスではない」

 

だからビジネス関係の本では「魚釣り」の例えが出てきます。

 

「魚がいる池で釣りをしよう」

そして

「魚が食べたいエサで釣りをしよう」

 

こういってしまうと「当たり前」のように聞こえます。

でも、これが守られていないことが多いです。

 

また、これから商品やサービスを提供しようとしているのなら、市場に適しているかどうか「わからない」ということもあります。

 

そこで必要になるのが「おいしそう」に見えて伝える仕組みを持つこと。つまり「マーケティング」の力を活用すること。

 

マーケティングには、この「おいしそう=よさそう」というアピールこそが大切です。

 

最も売れる商品やサービスは「よさそう」なんです。

「よさそう」に見せますし、「よさそう」に伝えます。

 

いかがでしょうか?あなたの商品やサービスは

 

「よさそう」

 

でしょうか?そのように話し、伝わっているでしょうか?

 

まず、必要なのは「マーケティング」という「よさそう」に見えて伝える仕組みを持つことです。

 

2: 商品の本質を知る

商品の本質を知る

マーケティングの仕組みを持つためには、商品の本質を知る必要があります。

 

このように説明すると、商品の特徴や長所を本質だと考えられる方がおられます。

でも、ちょっと待ってくださいね。

 

この場合の商品の本質とは「特徴」「長所」ではありません。

 

例えば、「香水」を考えてみましょう。

 

「香水」は「香り」が特徴であり長所です。

しかしファッション雑誌の広告を見ても「香り」はしません。

テレビやネットの広告を見ても「香り」はしません。

 

特徴も長所も広告では活かせていません。

でも、売れるのです。

 

それはどうしてでしょうか?

 

答えは、香水のブランドは「本質」を知っているからです。

 

この場合の本質とは、お客様が購入した先にある「希望」や「夢」です。

この希望や夢は、幸福感とも言えるでしょう。

 

「この香水を手に入れると、広告のようになれるかも」

 

これが希望と夢を売っているということです。

だから、広告から「香り」がしなくても売れるんです。

 

このように、商品の「本質」を知ることで、マーケティングが出来上がるのです。

 

3: 自分のポジションを確立する

自分のポジションを確立する

「よさそう」「希望」「夢」は必要です。

でも、これ以外にも大切なことがあります。

 

それは「信用」です。

 

「なぜあなたが言うのか」

「なぜあなたから買わないといけないのか」

 

ここをクリアする必要があります。

 

例えば、ピカソの絵があなたの目の前に1枚あったとしましょう。

 

あなたは今日初めて出会ったチャラい服装の男性から

『この絵、ピカソなんすよね~。格安だから買っときません?』

と言われたとすると、あなたはこの絵を「ピカソ」の絵だと信用するでしょうか?

 

また、もう一人、今日初めて出会った男性から、次のように言われたとします。

『私は国立○○美術館の者です。この絵はピカソのものでして、美術館も公式に認めています。今ならオークションに掛かる前ですので格安で購入できます』

 

どちらも同じ絵で本物だったとしても信用度が違いますよね?

 

これと同じように、あなたが商品の本質を知り伝えたとしても、その後ろにあなたの信用度が感じられないと「購買」という行動は生まれません。

 

そこで必要となるのが、自分のポジションの確立です。

「○○の専門家」というポジションですね。

 

そして、同時にあると信用度がアップするのは

  • 熱意
  • 権威

ですから、

  • 専門性
  • 熱意
  • 権威

 

この3つを明確にし持つことが、自分のポジションを確立することになります。

 

あなたはこの3つを意識していますか?

そして、3つを持っていますか?

 

もしこの3つを意識せず、持っていないのなら、今日から手に入れるようにしてください。

 

4: 発信しないと始まらない

発信しないと始まらない

さて、マーケティングの仕組みに必要なことがわかったところで、実際に仕組みを作った後、どうやって伝えるかという問題があります。

 

商品やサービスの本質。

自分のポジション。

 

これをどうやってお客様になりえる人へ伝えるのか。

 

方法はいろいろとあります。

限定的な地域ビジネスなら「折り込みチラシ」というのもありですね。

 

反対に広く知ってもらいたいなら「ホームページ」を活用しましょう。

 

どちらにしても「発信」することが肝心です。

知られていないことは、商品やサービスが存在しないのと同じです。

 

5: ワンランク上を目指すならコンテンツ重視に

ワンランク上を目指すならコンテンツ重視に

マーケティングにホームページを使う場合、ただホームページがあるだけでは、誰も興味を持ってくれません。

 

その理由は、ホームページが星の数ほどあるからです。

 

googleを使って検索してみるとわかりますが、検索結果には何十万件というホームページやブログが出てきます。

 

この沢山あるライバルの中で、あなたのホームページは「目を引く」ことが必要になります。

 

そこで目を引くために必要となるのが「コンテンツ」です。

コンテンツとは、ホームページやブログで紹介している「お客様に役立つ情報」のことですね。

 

従来のようにただホームページやブログを持つだけでは、今は他のところから一歩抜け出すことはできません。

反対にどんどんと埋もれていき、見つけてもらえなくなるだけです。

 

これではもったいないですから、発信するためにホームページやブログを選んだのなら、ステップアップし他のライバルから抜け出すため「コンテンツ」を重視した

 

「コンテンツマーケティング」

 

という仕組みに挑戦してください。

 

6: 勇気はいるがフリー戦略を導入しよう

勇気はいるがフリー戦略を導入しよう

感情では理解しにくいことですが、無料で役立つ情報を提供するという

 

「フリー戦略」

 

があります。

 

これは

  • 飲み放題
  • 食べ放題
  • デパ地下の試食

 

これらと同じだと考えると理解しやすいですね。

 

「フリー戦略」の場合、無料で多数の顧客を広く集め、その中の数%の顧客を有料のプレミアム商品やサービスへ移行してもらうという仕組みです。

 

「8:2の法則」というものがありますが、売上の多くを占める2割の顧客を獲得するための仕組みとも言えます。

 

コンテンツマーケティングに「FREE戦略」を付加して、より役立つ情報を無料で提供し、顧客をより多く獲得するような仕組みを作り、あなたのビジネスを成長させましょう。

 

7: まとめ

売るという事が「気合い」で解決できれば、それはそれでいいですね。

 

それも解決策としては「あり」だと思います。

でも、いつも「気合い」だけでは解決できないですし、安定した売上を見込むことは簡単ではありません。

 

だから今回の話で出てきた「仕組み」が大切なのです。

 

あなたは自分のビジネスを成長させる仕組みを作るために、商品やサービスの本質をもう一度深く理解するようにしてください。

 

そして、あなたは何の「専門家」なのか。

ご自身のポジションを確立してください。

 

その後、仕組みを構築し強化する方法として

  • ホームページを使った発信
  • コンテンツマーケティング
  • フリー戦略

などを活用することもできます。

 

もし、今回のような理由で悩んでおられるなら、この記事を参考にしてください。

そしてもう一度、あなたの商品やサービス、ポジションを見つめ直してください。

 

きっと解決のヒントが見つかることでしょう。

▼【毎月集客の不安があるあなたへ】▼
5年後あなたの仕事がなくならないために
↓↓↓
商品の売り方は気合いじゃない!必要なのはマーケティングです!

WEB制作会社が知らなかった、ホームページ集客の成功技術をプレゼント!!

約10年間ホームページ制作会社で働き、失敗と成功を経験し
3年以上のホームページでの集客をコンサルティングして結果を出してきた
5年後も安定した収入を作り出せる「ホームページ集客の仕組みづくり」

是非この機会にダウンロードして、あなたのホームページの集客に役立ててください。
もしあなたが

  • ●ホームページ集客を夢で終わらせない戦略
  • ●星の数ほどある中から選んでもらう方法
  • ●ホームページが集客効果を上げるコツ
  • ●ホームページ集客で失敗するポイント
  • ●ホームページ集客を成功へ導くポイント

など、77ページにわたって解説しています。
また内容はホームページ制作会社が知らなかったことや教えてくれないことでもあります。


売上UPの為のホームページに興味ある方、他にいませんか?

ホームページを作るということは、インターネット上にあなたの会社の営業マンを置くということです。もし、その目的でなければ、弊社は役不足かも知れません。

SONIDOはあなたの会社の優秀な営業マンを作ることで、あなた会社の売り上げ向上と集客安定化を使命としてやっています。
Googleの理念に基づき、競合他社と差別化するご提案をしております。

もしあなたが

  • ●ホームページから反応がないので、大変困っている
  • ●リニューアルしたいけど、今の制作会社に頼んでも良いのかどうか迷っている
  • ●ライバル店がホームページで売り上げがアップしたと聞いて内心焦っている
  • ●競合の会社よりも集客したいがどうすればいいのか分からない
  • ●ホームページを作りたいけれど、いくらかかるのか調べている
  • ●もっと安定した売り上げを出す仕組みがほしい

などでお悩みならSONIDOのサービスを一度見てみることをオススメします。

最初に結論をお話ししますと、これらの悩みを解決するのは、ご想像のとおり「集客」です。

SONIDOでは、あなたのホームページを制作し公開してから運用まで、バランス良く動かせていくノウハウを、出し惜しみすることなく提供していきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です